門柱灯

マンションの門柱灯を交換。

古くなった門柱灯。

元々門柱灯とは門の上や塀の上の照明です。

松明(たいまつ)などの「火」をイメージしていて、建物の目印として、またお客様を迎え入れる明かりとして配置します。

暗く最低限の明かりがあれば良いと言う建物はイメージとして寒く冷たい無機質な感じがありますが、

ウエルカムの明かりとしてデザインされていると帰宅時にもほっとする感覚があると思います。

ただ単に明るくすれば良いと言うことではなく飽くまでも迎え入れると言うイメージが建物のグレードをアップすることもあります。

さて、今回は8個あった門柱灯のご覧の丸いガラスのカバーにヒビが入りました。

1つカバーだけ交換すれば良いのですが20年経過しているので部品としての在庫はありません。

似た形の物で交換します。

新しい器具は小泉照明です(AU40277L)。

これが新しい器具ですが新しくしたかどうか、一発でわかる人はまずいないと思います。

ほぼ同じ形ですが一つだけ問題があるのが丸い球を受ける下の黒い円柱の直径が古いものより小さい為電線の方に水が入るようにはなってしまったので、耐熱耐紫外線のプラスティックを浸水を防ぐためのカバーを別に取り付けました。

さらに脇からの浸水。防ぐために変性シリコンでシールしました。

表面張力で水が厚く盛り上がっていますが、配線部分に浸入することはありません。

この雨仕舞を配慮して工事を行いました。

今はLEDのみになっているので数年(約40,000時間なので計算上は7年間)は切れることは無いと思います。

単なる電気業者の交換だと「雨仕舞」までは考えて工事は行いませんが、私たちは長くお付き合い出来るように信頼して頂けるような配慮をしています。

ポーチ灯

マンションのエントランスの照明器具が点いたり消えたりしていたようです。

数日間点灯していたのに今日は点かない、などを繰り返していた器具がありました。

やはり夜帰宅すると暗い為交換の依頼がありました。

種類はかなり多くあり、丸い形、四角い形、アームがあって吊り下げられた形など。

また明るさ(照度)も200lm以下から400lm以上まであるので、選択にも気を使います。

古い器具の跡が見えないようサイズも確認して大家さんと選びました。

今日は午後から風が強くなり夕方には北風が吹き荒んでかなり寒かったですね。(ちなみに画像は私です)

古い照明は電球型蛍光灯を使用しており、最近状態が点いたり消えたりだったので球を交換したらしいのですが症状は変わらず。

きちんと通電しているので器具の劣化です。

新しい器具はコイズミ照明のポーチ灯、四角い形で色は電球色(型番はAU45878L)。

照度は380lmで、LDE一体型の照明器具です(電球の交換はできません)

電球色は火をイメージさせます。

太古の昔から「火」は調理の為のものでもあり、明かりそのものでもあります。

白色の光は昼を赤い光は夜をイメージさせ、心理的には眠りに向かう為には電球色が良いとされています。

LED一体型なので電球を取り替える煩わしさはありません、が点灯しなくなくなったら器具ごと交換になります。

20年以上頑張ってきた器具ですが、交代の日が来ました。

これからは新しい照明が足元を照らしてくれます。

マンション共有部のライト(非常用照明)

マンション共有部、つまり外廊下の照明器具は一般的なシーリングライトと災害時電源が落ちた時に点灯する非常用照明があります。

地震、火災、台風などの災害が発生した時電力供給がストップしたら真っ暗になります。

そんな時、避難経路を照らさなければならない箇所に非常用照明を設置します。

これは電池内蔵なので、停電になると電池からの供給に切り替わって点灯します。

ところで非常用照明は2年前まではLEDはありませんでしたが最近になって発売されています。

2011年の東日本大震災を経験すると何の問題もなく享受している灯が本当に必要なのだと気がつきました。

街全体が停電になると電気の必要性を痛感したのではないでしょうか。

器具は劣化します。

いざと言う時に点灯しないと避難が困難になります。

また今はLEDですので、消費電力は小さくなります。

10年経過したら蓄電池の確認、20年以上経過したら交換をお勧めします。

※交換した器具 コイズミ照明 AR38877F

ペンダント型食卓用照明

食卓のテーブルの照明器具としてペンダント型ライトがあります。

シーリングライトは部屋全体を明るくするのですがペンダント型(食卓用)ライトはお料理や食卓での家族の笑顔に照準を合わせます。

部屋全体を明るくした場合は通常の生活感のままですが、一部を明るくすることによって食卓がクローズアップされます。

テレビを消して食卓を囲むシーンがイメージできます。

照明器具メーカーのコイズミ照明のショールームに行ってきました。

 

ライトがONにはなっていませんがこのように数本のペンダントが下がっていると雰囲気も出てきます。

少しショールームを歩いただけでもかなりの種類があります。

ご覧のように照明器具をぶら下げているレールがありますが、このレールがペンダントライトの位置を決めるポイントになります。

天井にある照明用のコンセントに直接接続するとその真下にテーブルを置かなくてはなりませんが、レールを使えばテーブルを移動できます。

また、さらに可変アームを取り付ければテーブルも直線移動ではなく左右にも移動出来ますので、是非照明器具用のアイテムにも注目して下さい。