日立化成のユニットバス

ユニットバスの中にある洗面ボウルの排水管から水漏れが発生。

洗面ボウルからでた排水は一度下がってそれから上がって浴槽の方に流れていきます。

排水が直線か、あるいはL型で排水すれば良いのにわざわざ曲がっているのはなぜなのか?

それは排水トラップと申しまして管の中に水を溜める事で臭いや虫が上がってこないようにする装置なのです。

それはともかく、水漏れの原因は配管をつなぐパッキンの劣化。

ではこのパッキンは簡単に手に入るか?

と言えば、答えはNO。

日立化成で作っているユニットバスなので、このメーカーの物でないと合いません。

では日立化成に連絡しようとしても既に日立化成は既になくなっています。

昭和電工の子会社となり昭和電工マテリアルズになっています。

しかし!

ここに連絡しても何も解決出来ません。

ユニットバスの修理などに関しては、ハウステックが引き継いでいます。

ややこしいですね。

今回はハウステックに修理まで依頼しました。

日立化成のユニットバスの修理に関してはこちらから連絡をしてみてください。

ちなみに水栓メーカーでMYMがありましたが、これはKVKに引き継がれています。

このように今はないメーカーの修理に関して調べるのは少々面倒くさいですが、引き継いでいる会社があればラッキーだと思いますので根気よく調べてみてください。

配管を新しくする2

在宅のまま配管を新しくする工事、日数が掛かります。

今日は洗面、トイレ、洗濯機水栓、キッチンに新しい管を接続しました。

そして水道メーターの大元の水道管に接続する工事まで終わらせました。

前回廊下に新しい管を配置しましたが接続まではしていませんでした。

古い管はそのまま埋め殺しにします。

空室で誰も住んでいない部屋だと床を全てはがして、水を止め、古い管を全て撤去して新しい管を配置。

これでまだ1日

上記と同じように、洗面、トイレ、洗濯機、キッチンに接続して床を復旧する。

ここまでで1日。

割とスンナリと工事が出来るのですが、在宅だとやはりトイレが必要なので丸一日我慢して下さい、とは言えないのである程度管を接続したらプラグ止めをして水が出るようにしなければなりません。

工事が終わった日も生活できるように戻さなければなりません。

空室の場合復旧が必要ないので2日で片付きますが、廊下解体と新管配置で1日、水回りの床剥がしと配管接続と床復旧で2日、と日数もかかりますので配管交換をするにはそれなりの覚悟が必要になります。

可能であればホテルに泊まる、家具は貸し倉庫で預かってもらうなどの措置が必要だと思います。

解体工事の時のホコリはかなり部屋中に舞い散るので家具や洋服は真っ白になってしまいます。

ユニットバスリフォームやキッチンリフォームなどでもホコリが出ますがまだ堪えられる位です。

しかし解体して再度配管をやり直す場合、ホコリは想像を遥かに超えますのでご了承下さい。

配管を新しくする

マンションの床下には配管があります。

この配管を新しくした後フローリングを張るのですが、張り替える前に解体が必要。

半分ほど解体。

解体をすると配管が露出します。

前日に既に新しい配管をしています。

空室のリフォームなら全てを解体した後、配管をするのですが、住みながらのリフォームは工事が終わったその日には生活できるレベルまで戻さなければならないので進捗が悪くなります。

今日は解体と下地の復旧までを行いました。

この上に合板を張りますが、一番最後にフローリングを張れば完了になります。

マンションの工事は5時までなので時間厳守で下地を作り終えました。

鉄管などの配管が気になる方はご相談下さい。メールはこちらからお願いします。

ユニットバス

マンションのリモデル用ユニットバスの組み立てが完了しました。

TOTOのリモデルシステムバスルームです。

正面にアクセントパネルがあり高級感があります。

最新のTOTOのユニットバスは浴槽に入った時の姿勢を考えて設計しています。

従来の浴槽にはない頭を気持ちよく置ける角度がついているのでリラックス出来ると思います。

床はほっカラリ床になっています。

以前のバスルームは足を踏み入れると冷たかった床が今度は保温効果もあるのでこの冬から安心して浴室に入れます。

また入る時、扉を開けて脚を一回上げて踏み入れなければならなかったのですが、新しいお風呂は脱衣場の床の高さのままなのでスムーズに入れます。

何が良いかと言うと高齢者の方などには楽チンで入れる事と、転倒する心配がかなり軽減されるはずです。

ランドリーパイプは雨の日には干す場所を確保できるので便利です。

浴槽には保温が施されていて「魔法瓶浴槽」になっています。

冬場、入る時間がバラバラでも保温効果が高いので4時間経過しても2.5度しか下がらないようになっています(ただし専用の風呂フタが必要)

長くご愛用頂けるユニットバスだと思います。

ユニットバスに関してのご質問はこちらまでお願いします。

シャッター取付

電動シャッター(文化シャッター製)を取り付けました。

先日から進めているサッシ交換が終わり、外壁の下地処理が終わったので、電動シャッターの取り付けをしました。

ご覧の通りサッシは新しくなり、外壁の下地も終わって防水シートも掛かっています。

あっという間に電動シャッターを設置されました。

非常にスムーズで静かに開閉が出来るのが印象的でした。

文化シャッターと不二サッシのコンビで色もキレイに仕上がりました。

後は板金工事が待っています。

出来るだけ既存の外壁材と同じ物で収めるように進めています。

窓サッシ、二重サッシ、シャッターに関するお問い合わせはこちらまでお願いします。

古い水道管をリフォーム

マンションの床の下には配管が埋まっていますが皆さん見たことありますか?

多分殆どの方が見たことないと思います。

古いマンション(例えば築40年位とか)では水道管が鉄管の事が多いです。

鉄管ですからサビが出ます。

サビが進行すると管が腐食していき漏水の原因になるのですが、誰も気にしていません。

気にしているかも知れませんが見えないので気にしないようにしているのかも知れませんね。

問題なければ良いのですが、水漏れ事故を起こすと階下の人との関係が少し気まずくなります。

今はポリブデン管になっており、サビる事はありません。

今は最強の水道管です。

では床の下を見てみましょう。

床を切ったので木屑が散らかっていますが切った所は管が見えています。

一番左側はガス管ですが、一番右のLに曲がったのが給水管です。

割とカーブして2本1組になっているのは追い焚き専用の管です。我々はペアチューブと読んでいます。

緩やかなカーブのはずですが一部折れています。

古いペアチューブなので銅管です。

銅管は折れるともろくなるので、今回新しいポリ管にします。

今日は配管のみで古い管を使っていますが水道メーターから切り替えるので一気に切り替えます。

台所、お風呂、洗面、洗濯機、トイレなども新しい管に繋ぎ変えた後ポリ管に切り替えるのです。

古い管はそのままにします。

いわゆる埋め殺しです。

配管を新しくして漏水の不安をなくすと同時に資産価値も上がるはずです。

配管の工事に関するご質問はこちらまでお願いします。

秋の空

今年は夏から一気に冬になった感じがします。

でも「秋」があっので、切り取ってみました。

最近、空とか雲を見ることが多くなりました。

この写真は柿の木と夏の雲ではない、つまり秋っぽい雲だったので温度感を感じられると思いながらパチリ。

また良い空が撮れたらアップします。

窓サッシは単板ガラスから複層ガラスへ

ガラスは通常1枚の単板ですが、最近は複層ガラスにする新築戸建てはよく見かけます。

複層ガラスにすることによってのメリット防音効果、断熱効果があります。

もちろん全てを満足するわけではなく防音に特化した複層ガラス、断熱に特化したもの、さらには輻射熱を軽減するものなど各種取り揃えています。

用途や困っているポイントに合わせて選ぶ事が大切です。

対してデメリットもあります。

それはガラスが重いこと。

滑車に負担が掛かる事は言うまでもありません。

また割れた時に交換するまで時間が掛かる。

単板ガラスは現場でカット出来るものが多いですが複層ガラスは工場で作られるので日数が掛かります。

もう一点デメリットがあります。

それは直射日光の熱までもカットしてしまう(Low-E)ので真冬日光で温まるはずの部屋が暖房でしか暖まらないので自然な暖かさは得られなくなりますので、太陽光を取り入れなくても良い北側の部屋などに配置した方が良いでしょう。

防音や断熱に関するお問い合わせはこちらまでお願いします。

窓サッシはアルミから樹脂へ

昔、と言っても50年程前までは窓は木組みが主流でアルミはありませんでした。

その後団地がステイタスになった頃は窓は鉄枠でした。

つまり丈夫になった、と日本人は喜んでいたのです。

その後アルミサッシが主流になり現在までサッシと言えばアルミが殆どです。

密閉性はかなり高くなり外からの騒音防止や台風でも雨が浸入しない、衝撃にも強今割には軽く、鉄に比べて加工がしやすいなどメリットは多いです。

しかしデメリットもあります。

そのデメリットがあるのでヨーロッパ、特にドイツ、ではアルミサッシはないようです。

アルミは熱伝導率が高いので、冬場は外の気温をそのまま部屋うちに伝えてしまいます。

特に冬は部屋の中が暖かく湿度が高いとアルミサッシは簡単に結露します。

それを防ごうと不二サッシは内側が樹脂になっています。

分かり辛いかも知れませんが左側(部屋側)が色が違います。

この部分が樹脂になっています。

そのうちに窓は樹脂製が主流になるのではないでしょうか?

熱伝導率の低い樹脂なら結露も少なくなりカビの発生が抑えられるので健康にも優しいのです。

サッシに関するご質問はこちらまでお願いします。

窓サッシの交換(解体)

電動シャッターを取り付けたいご希望のお客様からの依頼。

当初LIXILでご提案しましたが、文化シャッター製に変更。

シャッターだけではなく、サッシ交換も依頼があったので少し大きな工事になります。

外壁材を取り払い、庇を取り除きます。

雨戸も取り去るとこのような状況になります。

サッシの取り外しは新しいサッシが来る時に入れ替えます。

何故かと言うと古いサッシを取り払うだけだと大きな開口が出来るだけ。

雨や泥棒が入って来る事を考えれば取り外したままと言うのはあり得ませんよね。

新築ならまだ誰も住んでいないし、物もないので盗まれる事もないし、多少雨が振り込んでも内装や設備が未着工なので問題ありません。

しかし私達はリフォーム専門の会社なので住んでいるお宅を工事しますので開けっぱなしにする事は出来ません。

ところで、こちらは築50年以上の家屋ですが殆ど傾きもなく長年の風雨にも耐えていてしっかりとしています。

昔の大工さんは良い仕事をしています(人にもよるでしょうが…)

この後、サッシを入れ替えますがそれは後日お知らせします。

それから今回新しく入れるサッシは不二サッシ。雨戸の代わりの電動シャッターは文化シャッターです。

サッシリフォームに関するご質問はこちらまでお願いします。