寒さ対策には二重窓(木造戸建て住宅)

寒さ対策には二重サッシが有効

冬、暖房の熱が逃げる場所は窓。

その割合は58%にも及びます。

壁から熱が逃げるよりも窓を閉めていても熱が逃げてしまうんですね。

なので二重サッシが寒さ対策の一つです。

窓から熱が逃げる訳

窓はアルミサッシが大半を占めています。

アルミの熱伝導率は220W/(m・K)です。鉄が80ちょっとなのでアルミの方が圧倒的に熱を伝える効率は良いことになります。

ちなみにガラスは1、空気は0.025などです。(数字が小さいほど熱を伝えにくい)

缶ビールはアルミ缶ですが、夏ぬるい缶ビールを早く冷やしたい時は氷水に横に寝かせて缶を指で車輪のようにぐるぐる回すと早く冷えますので「冷やすのを忘れた!」時は試してみてください(余談でした)。

窓が原因の理由の一つにはアルミサッシが外の冷気を部屋内に伝え部屋の暖かさはアルミによって失う(熱量保存の法則)からです。

空気層が断熱層になる

先ほど空気は熱伝導率が低いと書きました。

それなら空気層を作れば寒さ対策になると思った方、あなたは素晴らしい感覚の持ち主です。

窓の内側に空気層を作れば熱の伝導が小さくなる。

つまり暖かさが逃げづらくなると言う訳です。

内窓と言う解決策

空気と言う断熱材を層にすれば防寒対策になります。

これが『内窓』とか『二重窓』と言う考え方です。

内側の窓はアルミではなく樹脂製ですので熱伝導率は低いので心配は不要です。

高額な費用がかかるのでは?

リフォーム会社や工務店で価格はバラバラなので一概に言えませんが、サッシのカバー工法よりもかなり安く出来るはずです。

加えて工事時間は窓1箇所30分から1時間程と短いです。

(※事前の採寸やメーカーで製作する時間や日数は入っていません)


LIXIL「インプラス」

YKKap「プラマード」

寒さ対策は窓リフォーム

寒さ対策には窓をリフォーム【サッシカバー工法】

木造戸建て住宅は寒い

マンションのような集合住宅とは違い木造一戸建て住宅は実際寒いです。

マンションは隣接している住戸が上下左右と斜めにあります。

熱伝導により暖かさが伝わってくる反面、熱が逃げる面は玄関側とベランダ側だけなのでマンションは暖かいです。

木造一戸建ての寒さ対策。何があるでしょうか。

戸建てが寒い原因

実はマンションに住んでいて家族が増えたから一戸建てに移り住んだ、と言う方からの声が多いです。

戸建て住宅は屋根、壁の向こう側は「外」です。

四方八方が外気にさらされていますので熱が奪われます。

では戸建ては我慢するしかないのでしょうか?

窓は閉めておけば風の侵入がないので寒くはないはず。

それは認識不足です。

壁と窓の面積での割合は窓が圧倒的に小さい面積です。

しかし熱が逃げるのは窓からが8割なのです。

その一番の要因は窓ガラス、アルミ。

特にアルミの熱伝導率は金属の中でも一番です。

冬2月夜は0℃近く。

外の冷気を室内に伝えるのがアルミサッシ。

そして単板の薄いガラスです。

断熱効果の小さい窓
洗面脱衣場の窓サッシ(ジャロジー)

断熱効果の小さい窓
お風呂の窓サッシ(ジャロジー)

真冬にガラスやアルミサッシを触ってみると分かると思いますがとてつもなく冷たいです。

戸建ての寒さ対策「窓、カバー工法編」

では窓をどのようにリニューアルすれば良いでしょうか

  • 薄いガラスをやめて複層ガラス(ペアガラス)にする
  • アルミサッシを熱の伝わりにくい樹脂製にする

これでかなり熱効率は高くなります。

複層ガラスは中に乾燥した空気が入っているので熱の伝わりはかなり小さいです(空気の熱伝導率0.025W/m・K)

アルミサッシは雨風や衝撃に強いのですが樹脂は熱を伝わりにくくします。

この良いとこ取りをしたのが複層ガラス入りのカバー工法サッシです。

1窓あたり2〜3時間ほどで終わります。

断熱効果の高い窓
洗面脱衣場の窓サッシ(押し開き・複層ガラス)

断熱効果の高い窓
お風呂の窓サッシ(押し開き・複層ガラス)

お風呂や洗面脱衣室、寝室にお勧めです。


キッチンの高い棚の中を10年以上触ったことがない…

「キッチンの高い棚(吊り戸棚)の中は10年以上そのままで使っていない」

寿司桶や土鍋や鍋、お皿など入れたままになっている。

それならまだしも「何が入っているか分からない」と言う声も聞くことがあります。

当然のことながら、常に使う鍋や食器はての届くところに置いている。

それは別の食器棚やシンクしたの収納に入れている。

吊り戸棚は必要ない

普段使わない物をお父さんが脚立に乗ってしまうことが多い。

普段使わないので親戚や来客が来る時にお父さんに脚立に乗って取ってもらう。

そんな訳で掃除もしたことがない。

身長が178cmある私も、考えてみると吊り戸棚の中の物は普段使わない物をしまっています。

吊り戸棚の代わりに

吊り戸棚は撤去して収納に優れた食器棚に交換して使い勝手を良くする

シンクしたの収納をもっと効率よく入れ効率よく取り出せるように引き出しタイプに替える

吊り戸棚で引き下ろすタイプの常に稼働するような吊り戸棚に替える

 

私は28年もリフォームの仕事をしていて見積もりをするためにいろいろなご家庭にお邪魔します。

半分のご家庭で吊り戸棚は「高い所にあるので10年以上そのまま」と言う意見をよく聞きます。

背の低い方は特にその傾向があるようです。

なのでリフトアップ機構があるキッチンをお勧めしています。

少し価格は高くなりますが、10年使わない吊り戸棚よりも使える吊り戸棚の方が価値が高いと思います。

 


吊り戸棚で引き下ろす機構があるのはクリナップのハンドムーブ、パナソニックの「ソフトダウン・ウォールユニット」があります

お風呂のリフォーム【TOTOとLIXIL比較】

お風呂のリフォーム。

2台メーカーがTOTOとLIXIL。(その他のメーカーは今回は一切取り上げていません)

TOTOとLIXILのそれぞれの「特徴」を5つに絞って見てみましょう。

  • 床の冷たさ
  • 湯舟の保温
  • 浴室内の暖かさ
  • お掃除のしやすさ
  • デザイン

床の保温とお手入れ

お風呂に入った時一番最初にお風呂に触れるのが「足」

TOTOは「ほっカラリ床」に対してLIXILは「キレイサーモフロア」

どちらも床下に断熱材層があるので冷たく感じるのは最小限。

湯舟(浴槽)の保温

家族で帰りがバラバラだと時間が経てば経つほど冷めてしまいます。

LIXILは「サーモバスS」TOTOは「魔法びん浴槽」とこれもどちらも保温性能が高く「魔法びん浴槽」は4時間経過後「-2.5℃」の低下に対し「サーモバスS」も4時間経過後「-2.5℃」の低下と全く同一の数字でした。(※いずれの場合も専用のふたをオプションで購入が必要)

浴室内の暖かさ(保温)

今はどのメーカーでも浴室暖房乾燥機がオプション設定できますが、TOTOとLIXILは浴室内を保温できます。

LIXILは「床・壁・天井丸ごと保温」と、TOTOは「断熱材パック」があり、どちらもオプションでつけられます。

お風呂のお掃除のしやすさ

LIXILの排水口にはその名も「くるりんポイ」と言う髪の毛を網でキャッチする仕掛けがあり、TOTOは「らくポイヘアキャッチャー」があります。

お風呂のデザイン性

LIXILはアライズTOTOはサザナで比較してみると、デザインに重きをおいているのはLIXILのようです。

ちなみにTOTOは機能面において一歩リードしているようです。

LIXILは浴槽のエプロンの色にまでこだわっていて雰囲気を作り出すのはLIXILが一歩リードでしょうか。

TOTOは床や浴槽の洗浄がLIXILにはないオプションで、LIXILのシャワーで残留塩素を除去し髪の毛に優しい機能を打ち出していてこれはTOTOにはない機能です。

TOTOとLIXILでのメリット・デメリット

10年以上前だと私はTOTOの製品をお客様に勧めていました。

なぜかと言うと一部ではあるのですがINAX製のユニットバスの浴槽からのお湯の排出がものすごく時間が掛かっていました。

それは何が原因かと言うと二重トラップに近い排水構造になっていたからです。

トラップとは下水から臭いや虫を上げないための水で蓋をすると言う考え方ですがこれが二重と言うことは2箇所にあったと言うことです。

この為賃貸物件にこれを入れたマンションでは入居者が新しくなる度に私が行って説明をしたことがあるからです。

リフォームの仕事を始めて28年経過しますが、今現在の製品ではどちらのメーカーでも差異はあまり感じられなくなりました。

正直言うと私個人としては今までの経験から若干TOTOよりです。。。

TOTOの戸建て用ユニットバスLIXILの戸建て用ユニットバスのサイトを確認してみてください。

今回は戸建て用のユニットバスについてTOTOのサザナとLIXILのアライズを比較しました。

この上の上位グレードがTOTOは「シンラ」LIXILは「スパージュ」があります。

もっと洗練されたもっと機能が充実したグレードをお考えの方はそれぞれのウェブサイトをご確認下さい。

換気扇から音がしない⁉︎

トイレの臭いがなかなか消えない。

他のブログでは、換気扇から異音がしたら交換が必要だとブログに書きました。

ところが異音もせずに静かに壊れてしまう事もありました。

 

少なくとも10年以上経過している換気扇はたまに動いているかどうかを確認してください。

動画のようにファンが回っていないので、目で見ることが必要です。

定期的にとは言いませんが、お掃除をするついでにファンが稼働するかを見た方が良いでしょう。

それでも気が付かないこともあります。

トイレで臭いがなかなか抜けない時は臭いが排出されていないと考えて換気扇が壊れているかもしれません。

10年に一度交換すれば良いのですが、なかなかそうも行きませんからね。

 

 

照明器具を家電量販店、ホームセンターで買って自分で取り付けたい

かなり古くなった蛍光灯の照明器具をLEDに替えたい。

家電量販店、ホームセンター、インターネットの通販サイトで買った照明器具を自分で取り付けたいけど電線が直付けになっている。

天井から出ている電線は器具に直接刺さっている。

これだと自分で買ってきた照明が付けられない。

「引掛シーリング」とか「ローゼット」と呼ばれる天井にある照明器具専用のコンセントみたいなものであれば、椅子や脚立があれば簡単に取り付け、取り外しができます。

そこでちょっとした工事をします。

これで通販で買ってもホームセンターで買っても取り付けできます。

30年以上前は画像のようなシーリングライトは直付けの器具はかなり多かったのですが、今は少なくなっています。

利便性を考えれば当然のことだと思います。

引掛シーリングになっていれば誰でも交換できるのですから。

昔はリフォームなんて言う言葉すら知らない人がいたくらいなので交換を前提に建築がされていなかったと思います。

昭和の40年代はまだまだスイッチが少なく、ヒモを引っ張ってON、OFFをするのが主流でしたし、蛍光灯もかなり時代の最先端だったのです。

過電流になっても、ブレーカーはまだ一般的ではなくヒューズが主流でした。(「ヒューズが飛んだ!」と言っていました)

その後蛍光灯もパルックなど明るい物が登場しましたが値段が高かったので普通の蛍光灯が多かったです。

昭和50年代に入るとスイッチも一般的になってきました。

これで、誰でも交換できるようになりました。

LEDのシーリングライトは数千円で購入出来る時代です。

一つアドバイスをさせて頂くと…

6帖の部屋だとすると、出来れば8帖用の明るさをコントロール出来る器具がおすすめです。

人によってだとは思いますが、少し暗く感じる場合があるので。

明るすぎる場合は調光で少しだけ暗くすれば落ち着いた雰囲気になるし、本を読むとき暗いのは目にも負担が掛かります。

「安い」だけで判断すると後悔するかもしれません…

最後に、このような工事だけでも行いますが、できればリフォームの時にこういう交換もしておくと結果的には安上がりになります。

この引掛シーリングにするだけの工事では人件費の方が高くつくからです。

キッチンの壁タイルが焦げてしまった

料理をしていたらいつの間にかキッチンの壁タイルが焦げてしまった。

ビルトインコンロ(キッチン本体に組み込まれているコンロ)ではあまり見受けられません。

コンロの炎で焦げたタイル
キッチン壁のタイルが焦げた

ホームセンターなどで買ってきて置くタイプのコンロでこのような焦げが生じるようです。

壁に近いバーナーを使う時大きめの鍋やフライパンを使うと炎が鍋からはみ出ることがあります。

そのはみ出た炎が原因です。

ビルトインコンロでは現在の消防法に基づいているので壁(画像で言うと左の壁)バーナーまで15cm離れています。

壁を焦がさないようにするには

次を確認してください。

  1. 強火のバーナーが壁側になっていないか
  2. コンロとp壁までの距離が10cm以下

このような場合はそれぞれ以下の対策をしてください。

  1. 強火のバーナーが壁側の場合はガステーブルを新しい物に交換(壁と反対側に強火バーナーがある物)
  2. 大きな鍋を使うときは壁から離れた側のバーナーを使用すること

ちなみに対策1.は違法ではありませんが、かなり危険です。

何が危険かと言うと。鍋が壁に熱を伝えてしまい、壁内部で下地である木材が発火することがあります。

無音声ですが、神戸消防局の実験映像で注意喚起をしている動画です。

伝導過熱火災

財産や命を守る為にも是非対策をしてください。

蛇口のパッキンの交換をやってみる【DIY】

蛇口から水漏れが起きたらパッキンの交換をしましょう

お湯と水の2つのハンドルがある蛇口(画像)でのパッキン交換です。

用意するもの

  • コマパッキン
  • 三角パッキン
  • パイプ用パッキン

用意する道具

  • プラスドライバー
  • モンキー
  • プライヤー
  • ピンセットかラジオペンチ

パッキンの交換手順

  1. 元栓を閉める
  2. ハンドルのふた(青と赤のキャップ)を取り外す
  3. 利き手でプラスドライバーを持ち反対の手でハンドルを固く握りネジを取り外しハンドルも外します
  4. スピンドルを固定しているキャップナットをプライヤーで外します(六角ナットになっている場合はモンキーで外します)
  5. キャップナットを外す時スピンドルも緩めておきます
  6. キャップナットが外れたらスピンドルも外します
  7. スピンドルの上に丸いドーナツ状の金属(座金)も外します
  8. コマパッキンをピンセットかラジオペンチで取り除きます(スピンドルに固着している場合はコマパッキンを外しますが、スピンドルと一体になっている物がありますがこれはコマパッキンは交換できません
  9. コマパッキンは新しい物を本体に差し込みます
  10. キャップナットの裏側にもパッキン(これが三角パッキン)があるので外します(簡単に撮れない場合はラジオペンチかマイナスドライバーで)(力を入れすぎて反対側に突き刺すようになるので怪我に注意!)
  11. 三角パッキンを新しくします。
  12. コマパッキンにうまく刺さるように真上からスピンドルをねじりながら差し込みます(お湯も水も)
  13. 7.で外した座金(できれば新しいもの)をスピンドルの上から差し込みます
  14. 三角パッキンを入れ替えたキャップナットを取り付けます
  15. キャップナットは手で締められるところまで硬めに手で締め付けます
  16. プライヤーで軽めに締め込みます(だいたい90度から180度以内)締め込み過ぎるとハンドルの開け閉めがすごく固くなりますし損傷するので、ちょっと締め込む程度と考えてください
  17. ハンドルを取り付けネジを締め込みます3.の逆です(こちらは固く締めてください)
  18. ハンドルのふたを取り付けます
  19. ハンドルで軽く水が出ない程度に閉めます
  20. パイプの付け根の六角ナットをモンキーで緩めて外します
  21. パイプを外します
  22. パイプが付いていた受け側(本体)にO形のパッキンが残ったままになっていると思いますので取り外します(パッキンに溝が付いている方がパイプとは逆の方になっていることを確認しておいてください)
  23. 新しいO形のパッキンを溝をパイプと逆方向に向けて差し込みます
  24. 新しいパイプを取り付け六角ナットを固く締めます
  25. 元栓を開け、水、お湯を出したり閉めたりして確認し漏水がないかも確認して終わりです。

※上記の名称と部品や位置がわからない時はこちら(TOTOの解説)をご覧ください

簡単なので自分でやってみましょう。

ただし自信のない方は無理せず水道業者に依頼しましょう。

最初の元栓を閉め忘れて分解を始めると、あたり一面水浸しになり、マンションでは階下に水漏れ事故を起こしてしまい、多大な被害を及ぼすこともあり得ます。

ちょっとの費用を惜しんだ為に高額な弁償をすることにならないように十分考えて自己責任でDIYをしてください。

お風呂に追い焚きが欲しい

冬、お風呂に入るのは本当に心も体も温まり、ほっとする時間です。

出来る事なら追い焚きがあると、湯舟のお湯が冷めても好みの温度に温め直しが出来ます。

冬場、時間差で入る時、遅くなって帰宅したお父さんは結構ぬるいお風呂にはいることになります。

追い焚きがないと新たに足し湯(たしゆ)をしないと温度が上がらない。

蛇口からお湯を足す時、どれ位熱いお湯を何分入れればちょうど良いかは手でかき回しながら調整するしかありません。

追い焚きがあれば一発でちょうど良い温度になります。

さらに保温出来る浴槽だと追い焚きの時間が短くなります。

プロパンガス・都市ガスでの熱量の違い、料金の違いもあるのですが、短い時間で温まるのは「エコ」です。

いまのお風呂を追い焚きにできるか?

私の経験から申し上げますと、追い焚きのみを追加するのはやめた方が良いと思います。

新たに浴槽(湯船)に穴をあけてそこに循環金具を設置するのですが、劣化した浴槽に穴を開けるのはヒビが入ったり最悪、割れたり欠けたりするので漏水のリスクがかなり高くなるからです。

仮に湯船の下が防水パンであれば、循環金具付近から漏水したとしても洗い場と同じ床(防水パン)なので階下への被害はありませんから上記の工事は可能です。

しかし防水パンのないタイプはやめた方が良いでしょう。

説明するまでもなく、階下への漏水被害が起き得るからです。

ユニットバスを交換する(リフォーム)

ユニットバスをリフォームすれば、新規のユニットバスを追い焚きのオプションを組み込めばメーカーで加工した追い焚き用の穴があり、循環金具やホースも純正です。

追い焚きように設計加工されたものですから漏水の心配はありません。

この時同時に給湯器も追い焚き用に交換しなければ追い焚きにはなりません。

さらに給湯器から浴室まで循環ホースを新設する必要があります。

循環ホースを新設するには床の下を通さなくてならないので、床(フローリングなど)を開口して循環ホースを配管します。

追い焚きにする為の必要な工事

  • ユニットバスの交換(追い焚きオプションで追加)
  • 追い焚き用循環ホースの敷設
  • 給湯器を追い焚き用に交換
  • 給湯器設置箇所の壁に循環ホースを通す穴を開ける
  • 床の開口と復旧工事

上記のような工事が必要になるのです。

思った以上に工事が必要だと言うことがお分かりでしょうか?

追い焚きにするには

これだけの工事が必要なので費用もかかります。

簡単に追い焚きにはできないのがお分かり頂けたでしょうか?

逆に、戸建てやマンションを買い替えでリフォームする時が追い焚きにするチャンスなのです。

追い焚きをする為の工事と考えると高額に思えます。

浴室や給湯器のリフォームをする時であれば2つの追加工事分が数万円が加算されるだけなのです。

追い焚きをお考えなら浴室リフォームの時が絶対的にお得です。

 

キッチンの蛇口の水漏れ【動画付き】

蛇口からの水漏れ、と口頭で説明してもあまり想像がつかない人もいるかと思いましたので動画をあげておきました。

これが蛇口の水漏れの典型的な状態です。

ご覧のようにお湯の栓も水の栓からもそしてパイプの付け根からも漏れています。

止水するためのコマパッキンが劣化していて、三角パッキンも劣化している。

さらには本体のスピンドルや六角ナットなども摩耗しています。

パイプを固定している付け根のところのオーリングも劣化しているし、パイプの付け根も摩耗していたり劣化により欠損していたりしますので水が漏れるのです。

そしてさらにコックを閉める。。。今度は水が止まらない。。。

コックを閉めたのに水が止まらないのはパイプの中の残り水が排出されただけのこと。

ただし、新品の時はこういうことは起こりません。

何故かというとパイプの付け根のパッキンも新品、パイプの本体も新品ですので、水漏れどころか空気の入る隙間もないのです。

ところが経年劣化でパイプの付け根のパッキンも本体も摩耗して隙間ができると、本来表面張力で止まっているパイプの中の水が空気とともに押し出されるのです。

毎回止めた後、このように残り水がなくなるまでジョロジョロ出るのです。

私の約30年の経験で言うと、パッキンを替えたとしても一時凌ぎで、数ヶ月もするとまた同じような症状が起きます。

 

蛇口の水漏れ以外にも換気扇やコンロなどキッチンの他の箇所の修理についての解説もしていますので興味のある方は見て行ってください。