エアコンクリーニングおすすめの時期は?

エアコンクリーニングおすすめの時期

  • エアコンクリーニングのおすすめ時期は2月と11月
  • エアコンの為のクリーニングは春先〜初夏

上記はズバリ!

  • 比較的安くなる時期
  • エアコンの稼働ロスを抑えるために行う時期

どう言うことかと言うと・・・

おすすめの時期①

比較的安価にできるのは2月と11月まさに今!

エアコンクリーニングの依頼が殺到するのはどうしても「夏」

夏は連絡して実際に来てくれるまでに1ヶ月掛かることも珍しくありません。

やはり冬よりも夏を想定してエアコンを使う人が多いのでこのような状態になります。

冬はエアコン以外にもストーブや床暖房、ファンヒーターやエロンギなどがあるのでエアコンを使う頻度が下がります。

するとエアコンクリーニング業者は依頼数が少なくなるので仕事を取ろうとして少し安くなるのです。

もう一つのメリットは比較的すぐに来てくれること(理由は同じ)

おすすめの時期②

価格は安くなることはありませんが、春先〜初夏はまだまだエアコンを使うと言う気持ちになる人が少なく繁忙期の一歩手前です。

エアコンが汚れているとそれだけ消費電力も多くなるし、能力が下がってしまう

そして一番問題なのがカビ菌がエアコンの風に乗って部屋中にばらまかれること、ではないでしょうか

6月から繁忙期に入りますのでなんとか予定を組み込んでくれると思います

何よりまだあまり使わない時期だからこそ予定を2週間先とか3週間先でも余裕が持てるのです。

これが真夏の死ぬような暑さの時は明日、いや今日、いや今すぐにきれいにして欲しいと願っても無駄なのです。

先ほども言いましたが1ヶ月先になるのは当たり前なのです。

エアコンクリーニングの相場

一般的なエアコンのクリーニングだと1万円〜1万8千円くらい

お掃除機能のついたハイグレードエアコンだと1万8千円から2万5千円くらい

エアコンの修理や取り付けの出来る人は正直高いです。

何故ならそれなりの経験と知識があるのでその辺のお掃除だけの人とは一線を画しているのです。

エアコンクリーニングを自分で

そんなにするなら自分でやった方が安上がり

と思う人もいると思いますが、絶対にやらない方が良いことを1つだけお教えします。

ホームセンターなどで売っているエアコンクリーニング用スプレーはやめましょう

熱交換器(フィン)にスプレーしてその薬剤がきれいに流れ去ってくれれば問題なし。

ですが、まず残留します。

しかし残留するとそれがいつの間にか固形化して冷えが悪くなりますので私はおすすめしません

なぜエアコンクリーニング用スプレーがダメなの?

私は28年リフォームの仕事をしていますが、20代の頃ハウスクリーニングの仕事をしていた経験があります。

エアコンクリーニングで上司に一番注意するように言われたのが「薬剤を洗い流す時間を長くしろ」と。

つまり薬剤が少しでも残っていると機器にダメージを与えてしまうからなのです。(動画で確認すると分かります)

エアコンクリーニング業者

できればあまり安い業者さんはおすすめしません。

何故なら仕事があまり来ない、つまり経験が少ないから、安くても引き受けるのです。

常に仕事をしている業者さんは、はっきり言って、安くしなくても仕事が来るからです。

エアコンの汚れはクリーニングで初めてわかる

これだけ強い圧力の水を掛け続けて汚れや薬剤を取り除いていますので、スプレーの薬剤をフィンの結露だけで洗い流そうとするのはなかなか難しいことがお分かりいただけると思います。

動画の最後に汚水の状況が確認できます。

エアコンクリーニングの注意点

取り付けて10年から15年までにした方が良いでしょう。

それ以上古いエアコンだと洗浄で稼働率が上がりかえってダメージを与えることもありますので注意が必要です。

エアコンクリーニングをしたことで動かなくなった、なども実際にあります。

 


エアコンの寿命は何年?

エアコンの寿命を判断し、酷暑にエアコンが壊れる非常事態を避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です