一体型便器とウォシュレット

ウォシュレットのみの換ができない便器があります。

ウォシュレット一体型便器です。

画像の通り便器とウォシュレットが一体型になっているので、これはメーカーでしか修理対応できません。

便器やタンクとは別体のウォシュレットであれば、交換は全く問題なく、町の水道屋さんや弊社のようなリフォーム会社でもできます。

おしゃれなフォルムで20年位前に流行った便器です。

価格もかなり高かったと思います。

しかし、おしゃれな反面、ウォシュレットのみの交換ができないのが難点。

タンクとウォシュレットが一体式なのでタンクとウォシュレットを交換しなければならないので、交換するにしても費用がかかります。

さらにこのタイプ、発火する可能性があるようで、メーカーのサイトでも注意喚起をしています

型番で該当する場合はウォシュレット点検センターに問い合わせてください。

電話番号は上記リンクを読んで型番を確認した後で

ウォシュレット点検センター

0120-10-7296

にお問い合わせください。

 

ウォシュレットのプレミストとは

TOTOのウォシュレットのプレミストとはなんぞや?

これがあると大便が便器に付着しにくいのです。

プレミスト。いわゆる水養生と言いまして、便器に細かい霧状の水滴をまいて水の膜を張り、便器を濡らすのです。

便器が乾いた時に大便をすると便器に付着することがあります。

尾籠な話で恐縮ですが、力を入れてしまい大便が飛び散ることもあります。

こんな時、便器の乾いた所についてしまう。(素直に便器の水溜りに落ちてくれれば問題はないのに…)こういう事が私はたまにあります。

しかし、一度レバーで水を流してから大便をするとそれほどこびりつくことはありません。

そうなると大便をする前に1回、終わってから1回、計2回水を流すとかなりの水の消費になりますよね。

特に家族が4人もいると、古い便器だと1回に流す量がが18リットルなので2回で36リットル。

大便の場合、家族4人だと1回あたり144リットル。月に換算するとこれだけでゆうに1立方メートルを超えます。

水道代は良いから、と言う方もいらっしゃるとは思いますが、今は節水型便器の時代です。

現行のウォシュレットは全てこのプレミストが装備されています。(TOTOのサイトはスクロールするとプレミストの説明が出来てきます)

プレミストは微量の水で便器を濡らしてくれるので便のの付着。防いでくれると同時に節水効果もあるのです。

また、アプリコットは着座した時にプレミストが作動しますので、ボタン操作は不要です。

私は無精者なので、お掃除の回数を出来るだけ減らしたいと思っています。

そんな面倒くさがり屋さんには良い機能だと思うのです。

さらに昨日のブログに記載しました除菌水の噴霧は菌を付けにくくするミストですのでよりお掃除の手間が省けるのではないか、と思います。

以上、プレミストの効果についてお話ししましたが如何でしょうか。

あるとないとでは掃除の回数に影響してきますのでかなり有用だと思いますよ。

便器をキレイに保ってくれるウォシュレット

ウォシュレットは洗浄便座の代名詞ともなりましたが、もちろんTOTOが先駆者であることは間違いがありません。

INAX(LIXIL)はシャワートイレ、Panasonicがビューティトワレ、東芝がクリーンウォッシュ、アサヒ衛陶がサンウォッシュなど、各メーカーネーミングで苦労したように思えますよね。

ウォシュレットは登録商標なので、他社はウォシュレットとは言えないのです。

温水洗浄便座が一般的な名前になるのでしょうが、やはりTOTOのウォシュレットが一歩リードしているようです。

TOTOのアプリコットと言うグレードでは除菌水が標準機能です。

除菌水とは何ぞや、と思いますが、便器の中を除菌してくれるのです。

では除菌剤を補充しなければならないかと言うとそうではありません。

水を電気分解し、次亜塩素酸などに分解して便器に噴霧するのです。

電気分解なので、使用するのは水のみ。

電気分解され次亜塩素酸などになった後でもその後水に戻ります。

TOTOのホームページをご覧ください。

洗浄便座ノズルから水が出ない

INAX社製のシャワートイレ(便器一体型)のノズルから水が出ないと連絡があったので確認に行きました。

本来ならノズルの先端から局部に水流が噴出する筈なのだが出ない。

ノズルの先端ではなく奥の方で水が出るので洗浄の機能は果たしていないのです。

こんな感じです。

この修理に関しては、我々や街の水道工事の職人では出来ません。

まず、原因が分からない。よって部品を調達することが出来ないのです。

メーカーでの修理部門、今回はINAXメンテナンスに修理依頼をしました。

症状は伝えましたが、交換すべき部品はメンテナンス会社が実際の物や症状を確認した上で必要な部品を交換するものと思います。

ノズルだけなのか、ノズルなどのアッセンブリー交換なのかはわかりません。

建築的な水漏れ(配管から水が漏れたとか、雨が建物内に浸水したなど)は修理が出来ますが、機械部品や最近ではマイコンなどが内蔵されている物に関してはメーカーでの修理になってしまいます。

INAX(LIXIL)の修理依頼は

0120-1794-11

ちなみにその他のメーカーは

TOTOの修理依頼は

0120-1010-05

東芝製の温水洗浄便座の故障は

0120-1048-76(フリーダイヤル)

0570-0570-33(有料)

Panasonic製でもそれぞれのメーカーに依頼をしてください。

0120-878-554