壁に浮き出たカビ

マンションでたまに見受けられますが、壁にカビが浮いてくることがあります。

部分的に丸く黒くなるのです。

まどの右下に黒いシミがありますが、見えるでしょうか?

これは室内と室外の寒暖差が激しい冬に生じることが多いです。

室内の温度と湿度が高く外の気温が低い時、結露が発生します。

コンクリートの壁(構造体)が外気で冷やされます。

室内側は石膏ボードが貼られています。

石膏ボードとコンクリートの間は空洞です。

ただ、石膏ボードを固定するためにGLボンドと言う接着剤を使用します。

この接着剤がコンクリートの壁と石膏ボードを繋いでいる唯一の材です。

この接着剤を伝わって冷気が室内に入り込みます。

この時(冬の場合)室内は暖かく且つ湿気もある。

これが夏のビールジョッキの外側のように結露して丁度良い気温と湿気がカビの発生を促進します。

しかも、悪いことに石膏ボードとコンクリートの間で発生すると、壁の中からカビが浮き出るようになるのです。

このような場合、ボードを張り替えないとカビはそこに住み続けますので要注意です。

寒くても室内で結露が起きる場合はこまめに換気をするようしましょう。