窓の黒い汚れはカビだった

窓(サッシ)のコーキングにはカビが付きやすいです。

特にお風呂は湿気が多いのでカビが多く発生しますが、サッシのゴムにはカビが入り込んでしまいます。

ユニットバスを交換するとユニットバスは新品になりますが、マンションの場合サッシはそのままになります。

サッシに付着しているカビはそのままです。

新しくなったユニットバスにはカビはすごく見苦しいのでコーキングを打ちなおしました。

上の画像は窓枠は新しくなっており、窓枠とサッシのコーキングがユニットバス組み立て業者がコーキングをしています。

サッシのコーキング(しかもカビが染み込んだ)が目立つ結果になったので、サッシのコーキングを打ちなおしました。

以前コーキング用のカビ取り剤(ジェル状)を販売していたのですが、東日本大震災の時に依頼していた所が被害に遭いその後生産ができなくなりました。

また同時期に少し柔らかすぎるジェル状のカビキラーが登場しましたので、価格の差もあり断念しました。

生産していた物はジェルが蒸発せず、且つ垂れないことで狙ったポイントのカビを落としていたのですが本当にもったいないです。

今はコーキングを新しくすることで対応しています。

壁に浮き出たカビ

マンションでたまに見受けられますが、壁にカビが浮いてくることがあります。

部分的に丸く黒くなるのです。

まどの右下に黒いシミがありますが、見えるでしょうか?

これは室内と室外の寒暖差が激しい冬に生じることが多いです。

室内の温度と湿度が高く外の気温が低い時、結露が発生します。

コンクリートの壁(構造体)が外気で冷やされます。

室内側は石膏ボードが貼られています。

石膏ボードとコンクリートの間は空洞です。

ただ、石膏ボードを固定するためにGLボンドと言う接着剤を使用します。

この接着剤がコンクリートの壁と石膏ボードを繋いでいる唯一の材です。

この接着剤を伝わって冷気が室内に入り込みます。

この時(冬の場合)室内は暖かく且つ湿気もある。

これが夏のビールジョッキの外側のように結露して丁度良い気温と湿気がカビの発生を促進します。

しかも、悪いことに石膏ボードとコンクリートの間で発生すると、壁の中からカビが浮き出るようになるのです。

このような場合、ボードを張り替えないとカビはそこに住み続けますので要注意です。

寒くても室内で結露が起きる場合はこまめに換気をするようしましょう。