お風呂あがりのカビ対策

お風呂から上がる時、カビを極力発生させない為にシャワーで洗い流すと良いと聞きます。

では厚いお湯で洗い流すのか、冷たい水で洗い流す方が良いのか、どちらでしょうか。

どうやら石鹸カスや皮脂などを洗い流す為には熱いお湯で洗い流すのが良いようです。

しかし、この熱いお湯の蒸気が湿気を生みカビが発生する環境を作り出すようでもあるのです。

カビが好む環境は

  • 湿気
  • 温度
  • 酸素

の3つです。

お風呂場はカビにとって最適な環境なのです。

できれば水分はない方が良いのでスクイジー(車のワイパーの手動型みたいなもの)で水を切っておく方が良いでしょう。

それも面倒だと言う人はお風呂から出たら、温度を高めに設定して洗い流す。

その後に水をかけて蒸気が出ないようにすることが一番簡単だと思います。

私はその後、換気扇を90分間稼働させています(スイッチのタイマー付きで)。

カビの発生は夏場が一番活発になります。

この酷暑の日々が続いている時は上記の方法だけではカビの発生は抑えられませんでした。

カビキラーでカビを除去しました(防毒マスクを着用しています)。

それでも極端なカビではないので15分も掃除すれば終わります。

お風呂あがりのちょっとしたシャワーでの洗い流しでカビがつきにくいので是非お勧めします。

ちなみに、私は熱めのお湯で洗い流して換気扇を90分回しているだけです。

これでカビ取りは1年に1回で済んでいます。

デザインと湿気のコントロールを両立する素材

古来、日本の家屋は日本の風土に適合したものでした。

例えば、畳や襖や障子、土壁や漆喰、言い方が悪いですが隙間がある構造。

最近は40度を超える気温も驚かない世の中になっていますが、昭和の少なくとも50年代までは気温が30度を超えるとかなり暑かったと思います。

エアコンがそれほど普及していなかったからなのでしょうか?

話を戻しますが梅雨から夏にかけては湿度の高い日本ですので、土壁や漆喰はその湿度を吸収したり吐いたりして室内を快適に保ってくれました。

また「隙間風」も室内温度の調整をしてくれ、換気を知らず知らずの間にやってくれたので汚れた空気を吸う事もなかったのかも知れません。

しかし、今はマンションは密閉性が非常に高く、台所で換気扇が作動していると室内が負圧になり玄関扉が開かない、と言うくらい隙間がないのです。

木造住宅でもこの傾向が強く、隙間風での自然換気は殆ど無くなりました。

そのせいで湿度も逃げ道がなくカビが生えることも多くなりました。

漆喰や土壁などの吸湿素材を今に蘇らせたのがLIXILの「エコカラット」です。

壁に貼る吸湿吐湿をするタイルです。

デザインと機能の両立が出来る建材です。

ありふれた玄関にある下駄箱です。

その周りは壁紙です。

この下駄箱の上をデザインと機能を両立させたエコカラットで貼り替えたのが下の画像です。

下駄箱のカウンターも貼り替えて扉枠は塗装をして、エコカラットと同色系にし統一感を出しました。

冬場、部屋に湿気が充満し、玄関扉の内側に結露していましたが、軽減されました。

夏は湿気を吸収してくれるので過ごしやすくなります。

リビングの1面をエコカラットで仕上げると簡素なインテリアが1ランクグレードアップします。

インテリア素材としてエコカラットを選択肢に入れてみては如何でしょうか。

エコカラット、床のタイルなどに関するお問い合わせはこちらへお願いします。

室内のカビ

部屋の中にカビが出てくる。

例えば寝室の窓の木枠とか、リビングのサッシや窓の木枠が黒くなっていることがあります。

カビであることが多いです。

何故、お風呂場でもない所にカビが生えるのでしょうか?

結露が原因です。

冬場窓ガラスやアルミサッシに水滴が付着していることがあります。

部屋の暖かさと水分があることでカビが発生します。

カビがある場合はハウスクリーニングなどでキレイに取り除きましょう。

カビの量が多いと呼吸でかなりの量を吸い込むことになるので要注意です。

対策

一番簡単ですぐにできる対策は「換気」です。

窓を開けて室内の湿気を含んだ空気を外に排出し乾いた空気を中に取り入れることが一番良い方法です。部屋の空気を全て入れ替えることです。

冬、なかなかこういった換気は寒くてできません。

我慢することは避けて快適な状況で対策を打つなら換気扇で空気を逃す。

または暖房を石油ストーブ、ガスストーブではなくエアコンでする、などです。

これでも少し寒いかも知れませんが結露を抑えるにはある程度の我慢は仕方がないかも知れません。

その他、窓ガラスを複層ガラス(いわゆるペアガラス)にすることか、もしくは内側にもう1組窓を取り付ける「二重サッシ」にすると暖房効果も上がり、結露が少なくなります。

最近の建物は24時間換気が義務付けられていますので、結露はしにくい状況かも知れませんが、それでも料理や加湿器の使用、お風呂からの湿気などで部屋の湿度が高くなると冬は結露します。

木造や鉄筋コンクリートの場合や日光の当たり具合、生活スタイルで結露の場所や頻度がかなり違います。

ご自分の生活スタイルや建築方式、どこが結露しやすいか、などご質問をお寄せください。

部屋の中のカビ

コロナ禍の中、ウイルスや雑菌などに神経質になった方も多いと思います。

こんな問い合わせがありました。

お部屋の中の窓の木枠が黒くなっているのですが、その上からペンキを塗っても大丈夫ですか?

伺って確認してみるとカビでした。

これはペンキを塗ってもまたペンキの塗膜の下から浮き出ますし、カビは死滅しません。

ではどうすれば?

カビを除去した後、乾かしてから塗ればキレイになりますし、カビが浮き出る事はないとおもいます。

ちなみにカビを落とすとこのようになります。

恐らく結露を放置してしまいカビが繁殖したのだと考えられます。

カビを除去するにはどうすれば良いかと言いますと、次亜塩素酸ナトリウム、つまりカビキラーが一番効果的です。

しかし、ちょっと待って下さい。

次亜塩素酸ナトリウムはかなり強い薬剤です。

お風呂やキッチンのシンクや調理台、それから洗面化粧台のボウル付近は次亜塩素酸ナトリウムを水で十分に洗い流せます。

洗い流せない所で使うと次亜塩素酸ナトリウムがとどまります。

臭いも残りますし成分も残るのでうっかり皮膚に付くと炎症の可能性が大きいです。

ではどうすれば良いでしょうか?

アルカリ洗剤で落とします。

その後は水で洗剤分をキレイに拭き取るようにしましょう。

アルカリ性洗剤なら多少残留しても次亜塩素酸ナトリウムのように炎症を起こす可能性は低いです。

次亜塩素酸ナトリウムはまた吸い込むと肺に影響を与える事もありますので洗い流せない所には使用しないでください。(寝室などは厳禁です)

カビは繁殖しますのでこれを吸い込む事は体に悪影響を及ぼします。

ハウスクリーニングなどでキレイに除去してもらうのが一番良いと思います。

除菌に次亜塩素酸水

アルコールの代わりに除菌

アルコールが手に入りにくいご時世です。

次亜塩素酸ナトリウムを希釈すれば除菌できます

しかし市販品で「次亜塩素酸水」があります。

「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」は主成分は同じですが、「次亜塩素酸水」は塩化物イオンを電気分解して有効塩素を作る装置から得られた水を称して「次亜塩素酸水」と呼びます。

次亜塩素酸水

「次亜塩素酸水」として販売されているものの中には中性~弱酸性のphのものがあるようです(全てではありませんのでご注意下さい)。

対して「次亜塩素酸ナトリウム」は強アルカリ性です。

タンパク質を解かすとも言われているくらい強力です。

漂白剤を希釈して作る方が安上がりですが、安全性は次亜塩素酸水の方が高い。

一長一短あります。

アルコールが早く市場に出回ることを期待します。

分かりにくければ質問をお願いします

※6月10日のテレビ朝日「モーニングショー」で次亜塩素酸水のコロナウィルスの消毒効果は現時点では有効と判断できず(経産省)。

※次亜塩素酸水の効果はインフルエンザウィルス、ノロウィルスに対する消毒効果はある(厚労省)。

※この中で京都女子大学名誉教授の小波秀雄氏はコロナウィルスに対しても「科学者として考えるならばおそらく効果はある筈だと言うことになる。ただし、人体にとって安全だと言う話とは全く別物だと言うこと」と述べています。

漂白剤の恐ろしさ

カビの除去には次亜塩素酸ナトリウム

個人的な経験ですが25年程前、ハウスクリーニングをした時にのこと。

天井、壁、床全て黒いカビが生えていたお風呂のクリーニングをしました。

防毒マスクとゴーグルは必ず装着

よりによってそんな時防毒マスクを忘れます。

しかし、約束の時間に到着したので、防毒マスクをせずにカビキラー原液をスプレーで噴霧します(噴霧と言っても泡がでるスプレーボトルです)。

防毒マスクの代わりにタオルを口と鼻に押し当てお風呂全体に噴射しました。

その後、カビを落とす作業をしなければならなかったので次亜塩素酸ナトリウムの箱の中に最低30分位いたのです。

ちなみに「カビキラー」を使用しましたが、プロ用は市販のものより強力です。

2週間も喘息のように

垂れてきた漂白剤は服に付くとそこだけ模様が消え、白くなる程強いです。

無事仕事は終わりましたが、それから1週間、喘息のような症状になり、咳が止まりません。

特に寝ている時に咳で目が覚めると言う状態は、2週間に及びました。

肺の中に次亜塩素酸ナトリウムが入り込んだと言うことだと思います。

肺炎なのか喘息なのかとにかく苦しい日々でした。

このような経験から肺に入れない、目にもいれないと言うのは体で覚えました。

カビキラーで掃除する時、体を守る為の注意

  • 原液を素手で触らない(ゴム手袋をはめる)
  • 防毒マスクをする
  • ゴーグルをする
  • 捨てても良い服で掃除する
  • できれば頭もカバーする

死なない為の注意点

酸性の洗剤と混ぜないこと。塩素ガスで死亡します。

質問あればお気軽にどうぞ

窓の黒い汚れはカビだった

窓(サッシ)のコーキングにはカビが付きやすいです。

特にお風呂は湿気が多いのでカビが多く発生しますが、サッシのゴムにはカビが入り込んでしまいます。

ユニットバスを交換するとユニットバスは新品になりますが、マンションの場合サッシはそのままになります。

サッシに付着しているカビはそのままです。

新しくなったユニットバスにはカビはすごく見苦しいのでコーキングを打ちなおしました。

上の画像は窓枠は新しくなっており、窓枠とサッシのコーキングがユニットバス組み立て業者がコーキングをしています。

サッシのコーキング(しかもカビが染み込んだ)が目立つ結果になったので、サッシのコーキングを打ちなおしました。

以前コーキング用のカビ取り剤(ジェル状)を販売していたのですが、東日本大震災の時に依頼していた所が被害に遭いその後生産ができなくなりました。

また同時期に少し柔らかすぎるジェル状のカビキラーが登場しましたので、価格の差もあり断念しました。

生産していた物はジェルが蒸発せず、且つ垂れないことで狙ったポイントのカビを落としていたのですが本当にもったいないです。

今はコーキングを新しくすることで対応しています。

壁に浮き出たカビ

結露

マンションでたまに見受けられますが、壁にカビが浮いてくることがあります。

黒く丸いシミが見えるでしょうか?

これは室内と室外の温度差が激しい冬に生じることが多いです。

コンクリートの壁(構造体)が外気で冷やされます。

室内の石膏ボードとコンクリートの間で結露が発生します。

図で解説

夏のビールジョッキの外側のように結露してカビの発生を促進します。

しかも、悪いことに石膏ボードとコンクリートの間で発生すると、壁の中からカビが浮き出るようになるのです。

このような場合、ボードを張り替えないとカビはそこに住み続けますので要注意です。

未然に防ごう

寒くても室内で結露が起きる場合はこまめに換気をするようしましょう。

カビが浮き出たら

石膏ボードを張り替える工事が必要です。

「?」と思うことがあれば質問してください。