カビの落とし方【エアコン】

エアコンのカビの落とし方

初夏からフル稼働するエアコンのカビをどうやって落とすかについて説明します。

市販のエアコン用スプレーはダメ

エアコン用のスプレーは使わない方が良いです。

何故かと言うとカバーを外すとアルミのフィンが出てきますが、市販のスプレーはここに吹きかけるのです。

ある程度汚れを浮かせた後、冷房にするとフィンに結露が発生しスプレーした洗剤と共にドレンに流れていく仕組みです。

ただ、それくらいの水量だと洗剤分が残留してしまいます。

それが乾燥した時に固形になり、フィンに結露が発生した時に邪魔をしたり、結露が発生しづらくなります。

故障の原因に

スプレーの残留成分がエアコンの性能を下げてしまうので、下手をするとエアコンを交換しなければならなくなると私は理解しています。

エアコン洗浄を

プロのエアコン洗浄を頼んだ方が良いと思っています。

何故わざわざお金がかかる方法を教えるのか?

と言われそうですが、プロのエアコン洗浄は大量の水で洗い流しますから洗剤分が残りません。

カビと汚れをきれいに取り除く

エアコンに付着するカビは熱交換器だけではありません。

風が出てくるところをのぞいてみてください。

黒いカビが点々とありますか?

それともかなり広い範囲で黒カビがこびりついていますか?

エアコン洗浄はエアコン用の洗剤を使用します。

主にアルカリ性の洗剤です。

エアコンのカビ落としには塩素は使わない

普通はカビを落とすには塩素を使いますが、エアコンに塩素を使用してはいけません。

塩素がエアコン内に残留してしまうからです。

残留したままエアコンを使うと塩素の匂い(カビキラーやキッチンハイターの匂い)が部屋中に充満します。

吸い込むと肺にダメージを与えるくらい強いので決して塩素は使用してはいけません。

プロのエアコン洗浄を依頼してください

エアコンのカビを落とすのはプロに依頼しましょう。

できればエアコンの修理もできる業者がおすすめです。

生半可な知識ではなくエアコンの構造を理解しているからこそわかる洗浄のポイントを熟知していますから。

そこまでしなくてもハウスクリーニングのプロであればカビはほとんど残らないと思います。

なんだ、そんなことか

と思った方もいるかと思いますが、エアコンを長持ちさせるためには素人は手を出さない方が良いし、そこはプロに任せるべきです。

「まだ、水を吹きかけるの?」と思うくらい洗浄の最後に水で汚れと洗剤分を流し落とします。

ここをおろそかにすると汚れも洗剤も残っていることが多いです。

差し出がましいとは思いますが、節約と思ってスプレーで済まそうとすると後々高い出費になると思ってください。

 

カビの落とし方【お風呂】

お風呂のカビの落とし方

お風呂の中のカビを自分で落とす方法です。

クリーニング前(カビもありますが石鹸カスや体垢もこびりついています)

お風呂のカビを落とす時に用意するもの

  • 汚れても良い服
  • 長靴
  • ゴム手袋
  • 防毒マスク
  • ゴーグル(目を塩素から保護するため:必ず飛沫が飛んできます)
  • カビキラー(塩素系カビ用洗剤)
  • ブラシ
  • スポンジ

これらを用意して装着したら。。。

換気扇はONにして換気をよくしましょう。

カビ落としの作業手順

  1. お風呂場の前をビニールや新聞紙で養生をしておく(カビキラーが付着すると変色するため)
  2. さらにその上に雑巾などを数枚置いておく(濡れたらすぐに拭けるように)
  3. カビがあるところにカビキラーを吹き付ける
  4. 5分程度放置する(この間は防毒マスクやゴーグルは外していても良い)
  5. 壁面にカビが点在している場合はスポンジでぬり広げる
  6. 凹凸の凹に入り込んだカビはブラシで取り除くようにこする
  7. あとはシャワーの水で充分に洗い流す

注意点

  • 塩素系(次亜塩素酸ナトリウム)の洗剤なので酸性洗剤(サンポールなど)と絶対に混ぜないこと(混ぜると塩素ガスが発生し最悪死にます)
  • 水でしつこいくらいに洗い流すこと(塩素は水に溶けやすいのですが、5分〜10分は水洗いしましょう)

防毒マスクがない場合は出来れば中止して欲しいと思います。

喘息のようになった過去の失敗

何故かと言うとこんなことがあったからです。

25年くらい前に、仕事上どうしてもカビを落とさなければならないことがありましたが、防毒マスクを忘れたので仕方なくそのまま作業をしました。

5分〜10分くらいは浴室の中でカビキラーを噴霧していました。

その後ブラシやスポンジでこすりました。

その間プラス10分〜20分くらいでしょうか。

作業は無事終わったのですが、無事でなかったのが私の体でした。

その後1週間は毎晩喘息のような咳で目が覚めましたし、さらにその後の1週間くらいは昼間も咳き込んでしばらく止まらなくなったりしましたから。

それほど塩素系洗剤を吸い込むと危険な状態になります。

防毒マスクがない場合

防毒マスクはホームセンターで3、4千円くらいだと思います。

少し高い買い物ですが、何回も作業するなら持っていて損はないと思います。

健康はお金では買えませんので。

防毒マスクがない場合は、普通のマスクの中にタオルなどを入れて厚めにしておくことをおすすめします。

壁の1面ずつなど、細かく分けて作業します。

なるべく塩素を吸う量を減らします。

カビキラーを噴射したらすぐにお風呂から出ます。

数分待って水をかけてきれいに洗い流します。

カビキラーを噴射したらカビが一旦浮き上がっていると思いますので、水で洗い流した後ブラシでこするようにしてください。

結果

クリーニング代を節約できた上にかなりきれいになっていると思います。

ただ、その代償として鼻や髪の毛に塩素臭さが残ります。

防毒マスクをしていても吸い込む塩素の気体の量はゼロではありません。

十分に換気をしてなるべく吸い込む量を少なくして作業をしてください。

危険を冒したくない方はプロのハウスクリーニング業者に依頼しましょう。

彼らはプロですから手順を熟知しています。

来る日も来る日もクリーニングをしていますし体が動きを覚えていますので無駄な動きがありません。

防毒マスクもありますし、吸い込む空気の量もかなり少ないはずです。

素人ではできない時間で仕上げます。

それでもご自分でやりたい方は防毒マスクは必須とお伝えしておきます。

クリーニング後(カビと汚れも落ちました)

お風呂上がりのカビ対策はこちら

エアコンクリーニングおすすめの時期は?

エアコンクリーニングおすすめの時期

  • エアコンクリーニングのおすすめ時期は2月と11月
  • エアコンの為のクリーニングは春先〜初夏

上記はズバリ!

  • 比較的安くなる時期
  • エアコンの稼働ロスを抑えるために行う時期

どう言うことかと言うと・・・

おすすめの時期①

比較的安価にできるのは2月と11月まさに今!

エアコンクリーニングの依頼が殺到するのはどうしても「夏」

夏は連絡して実際に来てくれるまでに1ヶ月掛かることも珍しくありません。

やはり冬よりも夏を想定してエアコンを使う人が多いのでこのような状態になります。

冬はエアコン以外にもストーブや床暖房、ファンヒーターやエロンギなどがあるのでエアコンを使う頻度が下がります。

するとエアコンクリーニング業者は依頼数が少なくなるので仕事を取ろうとして少し安くなるのです。

もう一つのメリットは比較的すぐに来てくれること(理由は同じ)

おすすめの時期②

価格は安くなることはありませんが、春先〜初夏はまだまだエアコンを使うと言う気持ちになる人が少なく繁忙期の一歩手前です。

エアコンが汚れているとそれだけ消費電力も多くなるし、能力が下がってしまう

そして一番問題なのがカビ菌がエアコンの風に乗って部屋中にばらまかれること、ではないでしょうか

6月から繁忙期に入りますのでなんとか予定を組み込んでくれると思います

何よりまだあまり使わない時期だからこそ予定を2週間先とか3週間先でも余裕が持てるのです。

これが真夏の死ぬような暑さの時は明日、いや今日、いや今すぐにきれいにして欲しいと願っても無駄なのです。

先ほども言いましたが1ヶ月先になるのは当たり前なのです。

エアコンクリーニングの相場

一般的なエアコンのクリーニングだと1万円〜1万8千円くらい

お掃除機能のついたハイグレードエアコンだと1万8千円から2万5千円くらい

エアコンの修理や取り付けの出来る人は正直高いです。

何故ならそれなりの経験と知識があるのでその辺のお掃除だけの人とは一線を画しているのです。

エアコンクリーニングを自分で

そんなにするなら自分でやった方が安上がり

と思う人もいると思いますが、絶対にやらない方が良いことを1つだけお教えします。

ホームセンターなどで売っているエアコンクリーニング用スプレーはやめましょう

熱交換器(フィン)にスプレーしてその薬剤がきれいに流れ去ってくれれば問題なし。

ですが、まず残留します。

しかし残留するとそれがいつの間にか固形化して冷えが悪くなりますので私はおすすめしません

なぜエアコンクリーニング用スプレーがダメなの?

私は28年リフォームの仕事をしていますが、20代の頃ハウスクリーニングの仕事をしていた経験があります。

エアコンクリーニングで上司に一番注意するように言われたのが「薬剤を洗い流す時間を長くしろ」と。

つまり薬剤が少しでも残っていると機器にダメージを与えてしまうからなのです。(動画で確認すると分かります)

エアコンクリーニング業者

できればあまり安い業者さんはおすすめしません。

何故なら仕事があまり来ない、つまり経験が少ないから、安くても引き受けるのです。

常に仕事をしている業者さんは、はっきり言って、安くしなくても仕事が来るからです。

エアコンの汚れはクリーニングで初めてわかる

これだけ強い圧力の水を掛け続けて汚れや薬剤を取り除いていますので、スプレーの薬剤をフィンの結露だけで洗い流そうとするのはなかなか難しいことがお分かりいただけると思います。

動画の最後に汚水の状況が確認できます。

エアコンクリーニングの注意点

取り付けて10年から15年までにした方が良いでしょう。

それ以上古いエアコンだと洗浄で稼働率が上がりかえってダメージを与えることもありますので注意が必要です。

エアコンクリーニングをしたことで動かなくなった、なども実際にあります。

 


エアコンの寿命は何年?

エアコンの寿命を判断し、酷暑にエアコンが壊れる非常事態を避けましょう。

ビルのガラスクリーニング

ビルの外壁のクリーニングはどうやってするのでしょうか。

答えはロープでぶら下がって行います。

もちろん誰でも出来るものではありません。

この職人は30年以上の大ベテラン。

毎日この仕事をしていて30年以上無事故です。

しかも仕事が丁寧なので引っ張りだこです。

今日は朝パラっと雨が降りましたが、作業を始める頃にはほぼ上がりました。

はめ殺しのガラスは外に出て拭く事が出来ませんので、高所作業の職人さんに頼らざるを得ないです。

土埃、車の排煙などが付着するので、年末にクリーニングを受注しています。

高所作業はガラスクリーニングの他、外壁の洗浄も行っています。

また足場を組まなくては作業出来ない工事も、補修工事であればお受けできます。

例えばシーリング(コーキング)が一部割れたところを打ち直すとか、雨漏りの調査など、大規模でない場合、お役に立ちます。

エアコンクリーニング、やってはいけないこと

エアコンクリーニング用スプレーでエアコンクリーニングをするのはやめた方が良いです。

プロのエアコンクリーニングは汚れを薬剤で浮かして取り除いた後、高圧で大量の水で薬剤が残らないように洗い流します。

ここがクリーニングの肝心なところです。

クリーニング用の薬剤が残ると化学反応を起こし余計に臭いがキツくなります。

これが結果として臭いの原因になるのです。

市販のエアコンクリーニング用のスプレーでは薬剤をきれいに洗い流せないのです。

プロのエアコンクリーニングは熱交換器のフィンの奥の方まで高圧で洗浄します。

風を送るファンやその周りにはカビが付着しますがこれも薬剤を使いブラシを使って除去し、高圧の水でキレイに洗い流します。

※ここ重要! カビは次亜塩素酸ナトリウムで除去出来ますがエアコンクリーニングでは決して使いません。使うと次亜塩素酸の臭いが部屋中に蔓延して体調不良を引き起こし、酷い場合は喘息のような症状になるからです。

その他やってはいけない事が記事になっていますので是非是非ご覧下さい。

エアコンクリーニングのやってはいけない事

エアコンからの臭いやカビの放出を無くそうと思ったら必ずプロに依頼しましょう。

夏はエアコンクリーニングは繁忙期です。

今依頼しても1ヶ月先になるのは当たり前の状況ですが、だからと言ってスプレーで済ますのはエアコンにとってもあなたの体にとっても悪影響を及ぼすので要注意です。

エアコンクリーニングの質問はこちらまでどうぞ

フローリングのシミと色あせ

フローリングの洗浄で下見に行った時にお客様に聞かれることがあります。

奥と手前の色の違い

右奥の方の黒ずみ

「クリーニングできれいになりますか?」

との質問がありますが、色の変色と黒ずみは落ちません。

とお答えしています。

何故かと言うと

色の違いは紫外線などによる退化

黒ずみは様々な条件で液体などが染み込んで変色したもの

汚れではないので落とすことは出来ません。

このフローリングを洗浄し、ワックスを掛けた後がこちらです。

一見きれいにはなっていますが左奥の黒ずみ(前出の画像の右奥の黒ずみ)

左側の濃い色と少し右側は色が薄くなっていることが分かります。

ピカピカになっているのはワックスの光沢です(目視するとここまでの光沢感はありません)。

色の退化(色あせ)やシミはクリーニングではきれいにならないことをお伝えしました。

クリーニングについての疑問はこちらまで。

エアコンの寿命とクリーニング

エアコンのクリーニングは夏の時期はかなり混み合います。

実は7月に入ってすぐ、お客様よりエアコンクリーニングのご依頼を頂きました。

既に予定が一杯でしたので今月末に予定をしておりました。

しかし、一昨日お客様よりお断りの電話を頂いたのです。

何故なのだろうか?

と思ってお聞きしたところこんなお答えが返ってきました。

「実は、昨日エアコンが壊れて動かなくなったのよ」

「折角予定してくれていたのにごめんなさい」と言う内容でした。

エアコンはそのお客様のお知り合いの方がいらっしゃるのでそちらでお願いすることになりました。

クリーニングをする前でよかったと思います。

クリーニング費用を払った後壊れたらその費用が無駄になってしまうからです。

最近エアコンの修理についての決まりができているようです。

修理のための部品の製造は製造10年間は続けるようですが、これ以降は部品供給の義務はないようです。

エアコンも25年壊れずに動き続ける物も確かにありますが、10年が一つの区切りで、それ以上稼働している場合はラッキーである事と考えた方が良いと思います。

最後に一つ付け加えておきますが、汚れたエアコンの内部清掃をすると、それまで付着していた汚れがなくなるのでエアコンの稼働率が上がります。

これがモーターに負担をかけて壊れると言うケースもあります。

クリーニングもできれば10年、長くて15年までと思って頂きたと思います。

室内のカビ

部屋の中にカビが出てくる。

例えば寝室の窓の木枠とか、リビングのサッシや窓の木枠が黒くなっていることがあります。

カビであることが多いです。

何故、お風呂場でもない所にカビが生えるのでしょうか?

結露が原因です。

冬場窓ガラスやアルミサッシに水滴が付着していることがあります。

部屋の暖かさと水分があることでカビが発生します。

カビがある場合はハウスクリーニングなどでキレイに取り除きましょう。

カビの量が多いと呼吸でかなりの量を吸い込むことになるので要注意です。

対策

一番簡単ですぐにできる対策は「換気」です。

窓を開けて室内の湿気を含んだ空気を外に排出し乾いた空気を中に取り入れることが一番良い方法です。部屋の空気を全て入れ替えることです。

冬、なかなかこういった換気は寒くてできません。

我慢することは避けて快適な状況で対策を打つなら換気扇で空気を逃す。

または暖房を石油ストーブ、ガスストーブではなくエアコンでする、などです。

これでも少し寒いかも知れませんが結露を抑えるにはある程度の我慢は仕方がないかも知れません。

その他、窓ガラスを複層ガラス(いわゆるペアガラス)にすることか、もしくは内側にもう1組窓を取り付ける「二重サッシ」にすると暖房効果も上がり、結露が少なくなります。

最近の建物は24時間換気が義務付けられていますので、結露はしにくい状況かも知れませんが、それでも料理や加湿器の使用、お風呂からの湿気などで部屋の湿度が高くなると冬は結露します。

木造や鉄筋コンクリートの場合や日光の当たり具合、生活スタイルで結露の場所や頻度がかなり違います。

ご自分の生活スタイルや建築方式、どこが結露しやすいか、などご質問をお寄せください。

エアコンクリーニング

今日は、ここ川崎市はかなり暑く感じました。

エアコンを入れないと熱中症になる可能性もありました。

そうなると、エアコンから冷風が出てくると感じるのがカビ臭さ。

今は新型コロナの事もあって冷房入れていても部屋の換気が必要だとテレビでも伝えている。

CMでもエアコンクリーニングが多くなっていますが、今は繁忙期の為なかなか来てくれない。

既に6月いっぱいは予約で埋まっていると言う会社も多いと思います。

臭いが出る、掃除屋さんはすぐに来てくれない、と言う事でスプレー型のエアコンクリーニング洗浄剤があります。

しかし、私たちとしては決してお勧めできません。

カバーを開けて熱交換器(いわゆるフィン)にスプレーをして後は待つだけ、のような物は使用しない方が良いです。

テレビのCMでも清掃後の水は真っ黒ですよね。

この汚れの中には固形物質もあります。

固形だとエアコンの室外機の方に流れていっても詰まる可能性があります。

プロの洗浄はこれらは高圧洗浄で(と言っても高圧洗浄機ではありません)ビニールの中に吹き飛ばします。

スプレー缶洗浄だと汚れを通常のフィンに結論する水で流すだけなので正直なところ汚れは流れて行きません。

もう一つ、スプレー洗浄剤がフィンにこびりついたり、ドレンパン(フィンの下で結露を受けるケース)にこびりついたりします。

風を送るファンの部分にカビが多く付着しますが、これはスプレーでは落ちません。

「でもやらないよりやった方がマシ」と思い方も少なくないでしょうが、私個人的には『やらない方が良い』と考えます。

詰まらせるくらいならプロの洗浄を待つべきです。

今予約するとおそらく7月ですが、「なんだ、そんなに先かぁ、それなら良いや」と諦めると8月や9月猛暑になってしまいます。

エアコンクリーニングをする時は電源をOFFにして行いますから職人的にはかなり暑いです。がお客様もかなり暑いのではないでしょうか?

猛暑だとエアコンもフル稼働したいでしょうから、今のような我慢できる気温の時に早めに予約をしましょう。

質問コーナーで質問してみましょう

漂白剤の恐ろしさ

カビの除去には次亜塩素酸ナトリウム

個人的な経験ですが25年程前、ハウスクリーニングをした時にのこと。

天井、壁、床全て黒いカビが生えていたお風呂のクリーニングをしました。

防毒マスクとゴーグルは必ず装着

よりによってそんな時防毒マスクを忘れます。

しかし、約束の時間に到着したので、防毒マスクをせずにカビキラー原液をスプレーで噴霧します(噴霧と言っても泡がでるスプレーボトルです)。

防毒マスクの代わりにタオルを口と鼻に押し当てお風呂全体に噴射しました。

その後、カビを落とす作業をしなければならなかったので次亜塩素酸ナトリウムの箱の中に最低30分位いたのです。

ちなみに「カビキラー」を使用しましたが、プロ用は市販のものより強力です。

2週間も喘息のように

垂れてきた漂白剤は服に付くとそこだけ模様が消え、白くなる程強いです。

無事仕事は終わりましたが、それから1週間、喘息のような症状になり、咳が止まりません。

特に寝ている時に咳で目が覚めると言う状態は、2週間に及びました。

肺の中に次亜塩素酸ナトリウムが入り込んだと言うことだと思います。

肺炎なのか喘息なのかとにかく苦しい日々でした。

このような経験から肺に入れない、目にもいれないと言うのは体で覚えました。

カビキラーで掃除する時、体を守る為の注意

  • 原液を素手で触らない(ゴム手袋をはめる)
  • 防毒マスクをする
  • ゴーグルをする
  • 捨てても良い服で掃除する
  • できれば頭もカバーする

死なない為の注意点

酸性の洗剤と混ぜないこと。塩素ガスで死亡します。

質問あればお気軽にどうぞ