家の中を歩くとベトベトする

自宅の中を歩くとベタベタしている所とそれ程でもない所がある。

特にキッチンとリビングがベタベタする事が多いかと思います。

キッチンで炒め物や揚げ物をした時の油が微粒子になって壁や床に付着します。

お料理をダイニングに運ぶ時に油をダイニングまでスリッパの裏にくっつけて運んでいます。

毎日の事ですが、微量なのであまり気が付かず、ましてやお掃除をしているので一旦は綺麗になります。

しかし綺麗にしているもののさらに微量な油はそのまま残ります。

これが繰り返されて油があちこちに付着してしまい、結果ベタベタしてしまいます。

一般的なハウスクリーニングの洗浄液であればある程度綺麗になりますが、10年位経つのであれば剥離をした方が良いと思います。

上の画像では古いワックスが浮いている所は白くなっています。

キッチンで飛び跳ねた油が長年積み重なっている所は普通の中性洗剤では落としきれません。

これと同じように足の裏の汗や皮脂、台所から持ち出す足の裏の油汚れがあちこちに付着するので汚れが広がります。

ハウスクリーニングの職人はポリッシャーと言う機械で洗浄します。

人間の手で擦るより何倍、何十倍の効果がありますし、時間も短縮することにより、フローリングに染み込まないよう考慮して作業します。

普通はアルカリ性の洗剤を使いますが、ワックスを除去(剥離)する時は専用の剥離剤を使います。

ワックス内に染み込んだ汚れもワックスの上に乗っている油汚れなどもスッキリと除去してしまいます。

それを水を吸引出来る掃除機で素早く吸い込みますので、フローリングに与えるダメージ(※)を最小限にします。

綺麗になったらワックスを掛けてフローリングに直接汚れがつかないようにします。

汚れが落ちると嘘のようにツルツルになり油で引っかかっていた足の裏の感触は全くなくなります。

是非ハウスクリーニングで実感してみてください。

気持ち良いですよ。

※フローリングは木製品なので表面は加工していても水は染み込みます。しかしこの染み込む量を最低限に抑えますのでほぼダメージはありませんのでご安心を。

家で咳が出る…エアコンのせい?

仕事場や外では咳が出ないのに、家に帰ると咳が出る。

その原因はエアコンにあるかも…

エアコンをONにするとカビ臭い臭いがする。

良くあることです。

カビは人間が住み良いと思う環境を好みますから当然と言えば当然のことです。

エアコンは室内の空気を吸い込み、結露させて水分を外に排出しますのでエアコンの中は結露した水があります。

ここにカビが好む環境があるのです。

エアコンクリーニングをした方が良いですね。

もしも、家の中にいると咳が出るけど外出すると咳が出ない、などの症状があればエアコンのカビを疑った方が良いかもしれません。

体質的に問題ない、と言う人でもたまにはなさった方が良いと思います。

特に自宅に帰ると咳が出始める場合は市販のエアコンスプレーでは余計にカビが繁殖する場合があります。

綺麗になったようでも、ドレンパンの中に汚れが留まったままになっているため熱交換器のヒダは綺麗になってもカビは流れていっていないことが多いからです。

余談ですが、室内で窓や窓枠、壁などにカビが生えている場合はハウスクリーニングをした上でエアコンクリーニングをしないとエアコンだけ綺麗にしても室内のカビをエアコンが吸い込むのであまり効果はありません。

帰宅すると咳が出ると言う場合、エアコンの他にもカビが繁殖している可能性が多いので、全体をハウスクリーニングする必要があるかもしれません。

その前にまずは出来るところからお掃除をしてみて、時間をかけて全体をお掃除してみて下さい。

咳が止まれば原因は室内のカビだったのかもしれません。

ちなみにお掃除の方法は

(1)お風呂でカビで黒くなっているところをカビキラーなどでスプレーします。10分位放置してシャワーで洗い流してください(こと時は水で大丈夫です)。

(2)洗面や洗濯機の付近もカビがある所。今度はカビキラーではなくアルカリ洗剤(マジックリンなど)で綺麗にします。

(3)窓の周りの枠や窓本体、そしてガラスに黒いものが付着していたらそれはカビですので、(2)と同じようにきれいします。

(4)ついでに床もマジックリンなら少し希釈した溶液を使って雑巾で拭きあげます。

これでしばらく咳が出ないか様子をみます。

まだ咳がでるようでしたら

(5)エアコンの内部洗浄をプロに依頼しましょう。市販品のエアコンスプレーを吹き掛けただけではカビは除去できませんので、必ずプロに依頼しましょう。

それでもダメな時は医者で診てもらうようにしましょう。

カビはあなたの体に知らず知らずのうちにダメージを与えます。

フローリングの積年の汚れ

毎日微量ながら積もっていく汚れ。

当たり前の事ですが、数年経つとかなり汚れが目立つようになってきます。

人間の目はスローな変化は見えない、と言いますか、脳が変化と捉えないようです。

以前、脳科学の権威と言われた茂木健一郎が、30秒で一部が変化する静止画を見せても解答者がいない、そんな番組がありましたが、まさに汚れの変化も脳が認識しない程度で変化していくのです。

勿論、コーヒーをひっくり返したら誰でも分かります。

キッチンの床に積もる油汚れ。

これでもなかなか分かりにくい。

毎日料理をしていれば数ヶ月経過すると何だか足の裏がベタベタするという感覚になります。

勿論人間の足の裏の代謝で逆にフローリングに人間の脂が付く。

毎日同じ所を歩くので汚れも歩いた跡が黒ずんでしまいます。

フローリングには保護剤としてワックスが掛かっています。

このワックスはフローリングを保護するのですが、ワックス自体が劣化します。

汚れも積もって、ワックスも劣化した場合ワックスを薬品で溶かして取り除きます。

この溶かして取り除く作業を剥離(はくり)と言います。

剥離は5年とか10年に一度はやった方が良いと思いますが、家具や敷物などの状況で出来ないケースもあります。

上の画像はワックスが掛かっているので光沢はありますが、黒ずみがマダラになっています。

これを剥離するとワックスと汚れを分解してくれます。

汚水を回収した後は…

光沢はなくなりますが、フローリング本来の色に戻ります。

画像はキッチンなので、油汚れが多く付着していました。

内装工事が終わった後剥離をするとせっかくキレイになった壁紙に汚水が飛び跳ねるので内装工事の前に行いました。

ただしフローリングの剥離は頻繁にはやらない方が良いでしょう。

と言うのも木製品なので水分を嫌います。

出来るだけ濡らしている時間を少なく工事するのがベストです。

トイレの輪ジミ

原状回復工事やトイレの交換した後から約2ヶ月経過すると使用していないトイレでも汚れが発生します。

溜まっている水や便器に汚れが出てくるだけならまだ良い方ですね。

温度が高い夏、特に8月から9月にかけてだと溜まっている水が蒸発していきます。

そのままにしておくと水が干上がってしまい排水から臭いや虫が上がってきます。

そうなると、内覧で入居希望の人に非常に悪い印象を与えてしまい、最悪別の物件で決まると言うことも考えられます。

これを避けるためには、1か月に1回は水を流した方が良いでしょう。

さらに前述の通り、水の輪のところにカビや藻のような有機的な汚れが発生してきます。

クリーニングをしても新しく便器を交換してもこの汚れは発生してしまうので、新たに入居する前には清掃するのが良いと思います。

また逆に、入居する立場だと「汚れている」と思っても長期間経過すると汚れが付着するのは自然の摂理です。

寛容な心で受け入れて頂ければと思います。

ちなみに今回まだ入居前、別件でこのお部屋に入りました。

確認したところ汚れがあったのでキレイにしておきました。

これで新しく入る入居の方も問題なく生活が始められると思います。

床に敷物をテープで貼っちゃった…

賃貸物件の床のフローリングに傷を付けないようにしたのだと思いますが、敷物を敷いた。

ここまでは良いのですが、動かないように両面テープで貼り付けてしまったようです。

床用の粘着力の小さいテープというのがありますが、それではなくかなり粘着力の強いテープで止めたようです。

歩くと足の裏がベタベタして、その粘着をとり去ろうとしても全く汚れが落ちません。

薄いところに少しだけ濃いXの跡が見えるでしょうか?

他にも壁際に沿ってテープが貼られています。

塗料用シンナーではなかなか落ちません。

そこで剥離剤を使ってワックスと共に剥がします。

しかし、これでも完全には落ちず、少しだけですがベタベタします。

そこで最後はラッカーシンナーで地道に除去をしました。

ラッカーシンナーでもなかなか落ちませんでしたがフラフラになりながら除去しました。

最後は十分に換気をしてシンナーを飛ばした後、ワックスを塗布しました。

テープを剥がす時フローリングの表面が欠けなかった事は何よりでした。

このフローリングは起き床工法ですので、もし表面バリバリにが剥がれてしまったら張替工事で数十万円かかるところでした。

このような場合、弱い粘着力の床用テープを使うことをお勧めします。