エアコンクリーニング、やってはいけないこと

エアコンクリーニング用スプレーでエアコンクリーニングをするのはやめた方が良いです。

プロのエアコンクリーニングは汚れを薬剤で浮かして取り除いた後、高圧で大量の水で薬剤が残らないように洗い流します。

ここがクリーニングの肝心なところです。

クリーニング用の薬剤が残ると化学反応を起こし余計に臭いがキツくなります。

これが結果として臭いの原因になるのです。

市販のエアコンクリーニング用のスプレーでは薬剤をきれいに洗い流せないのです。

プロのエアコンクリーニングは熱交換器のフィンの奥の方まで高圧で洗浄します。

風を送るファンやその周りにはカビが付着しますがこれも薬剤を使いブラシを使って除去し、高圧の水でキレイに洗い流します。

※ここ重要! カビは次亜塩素酸ナトリウムで除去出来ますがエアコンクリーニングでは決して使いません。使うと次亜塩素酸の臭いが部屋中に蔓延して体調不良を引き起こし、酷い場合は喘息のような症状になるからです。

その他やってはいけない事が記事になっていますので是非是非ご覧下さい。

エアコンクリーニングのやってはいけない事

エアコンからの臭いやカビの放出を無くそうと思ったら必ずプロに依頼しましょう。

夏はエアコンクリーニングは繁忙期です。

今依頼しても1ヶ月先になるのは当たり前の状況ですが、だからと言ってスプレーで済ますのはエアコンにとってもあなたの体にとっても悪影響を及ぼすので要注意です。

エアコンクリーニングの質問はこちらまでどうぞ

フローリングのシミと色あせ

フローリングの洗浄で下見に行った時にお客様に聞かれることがあります。

奥と手前の色の違い

右奥の方の黒ずみ

「クリーニングできれいになりますか?」

との質問がありますが、色の変色と黒ずみは落ちません。

とお答えしています。

何故かと言うと

色の違いは紫外線などによる退化

黒ずみは様々な条件で液体などが染み込んで変色したもの

汚れではないので落とすことは出来ません。

このフローリングを洗浄し、ワックスを掛けた後がこちらです。

一見きれいにはなっていますが左奥の黒ずみ(前出の画像の右奥の黒ずみ)

左側の濃い色と少し右側は色が薄くなっていることが分かります。

ピカピカになっているのはワックスの光沢です(目視するとここまでの光沢感はありません)。

色の退化(色あせ)やシミはクリーニングではきれいにならないことをお伝えしました。

クリーニングについての疑問はこちらまで。

エアコンの寿命とクリーニング

エアコンのクリーニングは夏の時期はかなり混み合います。

実は7月に入ってすぐ、お客様よりエアコンクリーニングのご依頼を頂きました。

既に予定が一杯でしたので今月末に予定をしておりました。

しかし、一昨日お客様よりお断りの電話を頂いたのです。

何故なのだろうか?

と思ってお聞きしたところこんなお答えが返ってきました。

「実は、昨日エアコンが壊れて動かなくなったのよ」

「折角予定してくれていたのにごめんなさい」と言う内容でした。

エアコンはそのお客様のお知り合いの方がいらっしゃるのでそちらでお願いすることになりました。

クリーニングをする前でよかったと思います。

クリーニング費用を払った後壊れたらその費用が無駄になってしまうからです。

最近エアコンの修理についての決まりができているようです。

修理のための部品の製造は製造10年間は続けるようですが、これ以降は部品供給の義務はないようです。

エアコンも25年壊れずに動き続ける物も確かにありますが、10年が一つの区切りで、それ以上稼働している場合はラッキーである事と考えた方が良いと思います。

最後に一つ付け加えておきますが、汚れたエアコンの内部清掃をすると、それまで付着していた汚れがなくなるのでエアコンの稼働率が上がります。

これがモーターに負担をかけて壊れると言うケースもあります。

クリーニングもできれば10年、長くて15年までと思って頂きたと思います。

室内のカビ

部屋の中にカビが出てくる。

例えば寝室の窓の木枠とか、リビングのサッシや窓の木枠が黒くなっていることがあります。

カビであることが多いです。

何故、お風呂場でもない所にカビが生えるのでしょうか?

結露が原因です。

冬場窓ガラスやアルミサッシに水滴が付着していることがあります。

部屋の暖かさと水分があることでカビが発生します。

カビがある場合はハウスクリーニングなどでキレイに取り除きましょう。

カビの量が多いと呼吸でかなりの量を吸い込むことになるので要注意です。

対策

一番簡単ですぐにできる対策は「換気」です。

窓を開けて室内の湿気を含んだ空気を外に排出し乾いた空気を中に取り入れることが一番良い方法です。部屋の空気を全て入れ替えることです。

冬、なかなかこういった換気は寒くてできません。

我慢することは避けて快適な状況で対策を打つなら換気扇で空気を逃す。

または暖房を石油ストーブ、ガスストーブではなくエアコンでする、などです。

これでも少し寒いかも知れませんが結露を抑えるにはある程度の我慢は仕方がないかも知れません。

その他、窓ガラスを複層ガラス(いわゆるペアガラス)にすることか、もしくは内側にもう1組窓を取り付ける「二重サッシ」にすると暖房効果も上がり、結露が少なくなります。

最近の建物は24時間換気が義務付けられていますので、結露はしにくい状況かも知れませんが、それでも料理や加湿器の使用、お風呂からの湿気などで部屋の湿度が高くなると冬は結露します。

木造や鉄筋コンクリートの場合や日光の当たり具合、生活スタイルで結露の場所や頻度がかなり違います。

ご自分の生活スタイルや建築方式、どこが結露しやすいか、などご質問をお寄せください。

エアコンクリーニング

今日は、ここ川崎市はかなり暑く感じました。

エアコンを入れないと熱中症になる可能性もありました。

そうなると、エアコンから冷風が出てくると感じるのがカビ臭さ。

今は新型コロナの事もあって冷房入れていても部屋の換気が必要だとテレビでも伝えている。

CMでもエアコンクリーニングが多くなっていますが、今は繁忙期の為なかなか来てくれない。

既に6月いっぱいは予約で埋まっていると言う会社も多いと思います。

臭いが出る、掃除屋さんはすぐに来てくれない、と言う事でスプレー型のエアコンクリーニング洗浄剤があります。

しかし、私たちとしては決してお勧めできません。

カバーを開けて熱交換器(いわゆるフィン)にスプレーをして後は待つだけ、のような物は使用しない方が良いです。

テレビのCMでも清掃後の水は真っ黒ですよね。

この汚れの中には固形物質もあります。

固形だとエアコンの室外機の方に流れていっても詰まる可能性があります。

プロの洗浄はこれらは高圧洗浄で(と言っても高圧洗浄機ではありません)ビニールの中に吹き飛ばします。

スプレー缶洗浄だと汚れを通常のフィンに結論する水で流すだけなので正直なところ汚れは流れて行きません。

もう一つ、スプレー洗浄剤がフィンにこびりついたり、ドレンパン(フィンの下で結露を受けるケース)にこびりついたりします。

風を送るファンの部分にカビが多く付着しますが、これはスプレーでは落ちません。

「でもやらないよりやった方がマシ」と思い方も少なくないでしょうが、私個人的には『やらない方が良い』と考えます。

詰まらせるくらいならプロの洗浄を待つべきです。

今予約するとおそらく7月ですが、「なんだ、そんなに先かぁ、それなら良いや」と諦めると8月や9月猛暑になってしまいます。

エアコンクリーニングをする時は電源をOFFにして行いますから職人的にはかなり暑いです。がお客様もかなり暑いのではないでしょうか?

猛暑だとエアコンもフル稼働したいでしょうから、今のような我慢できる気温の時に早めに予約をしましょう。

質問コーナーで質問してみましょう

漂白剤の恐ろしさ

カビの除去には次亜塩素酸ナトリウム

個人的な経験ですが25年程前、ハウスクリーニングをした時にのこと。

天井、壁、床全て黒いカビが生えていたお風呂のクリーニングをしました。

防毒マスクとゴーグルは必ず装着

よりによってそんな時防毒マスクを忘れます。

しかし、約束の時間に到着したので、防毒マスクをせずにカビキラー原液をスプレーで噴霧します(噴霧と言っても泡がでるスプレーボトルです)。

防毒マスクの代わりにタオルを口と鼻に押し当てお風呂全体に噴射しました。

その後、カビを落とす作業をしなければならなかったので次亜塩素酸ナトリウムの箱の中に最低30分位いたのです。

ちなみに「カビキラー」を使用しましたが、プロ用は市販のものより強力です。

2週間も喘息のように

垂れてきた漂白剤は服に付くとそこだけ模様が消え、白くなる程強いです。

無事仕事は終わりましたが、それから1週間、喘息のような症状になり、咳が止まりません。

特に寝ている時に咳で目が覚めると言う状態は、2週間に及びました。

肺の中に次亜塩素酸ナトリウムが入り込んだと言うことだと思います。

肺炎なのか喘息なのかとにかく苦しい日々でした。

このような経験から肺に入れない、目にもいれないと言うのは体で覚えました。

カビキラーで掃除する時、体を守る為の注意

  • 原液を素手で触らない(ゴム手袋をはめる)
  • 防毒マスクをする
  • ゴーグルをする
  • 捨てても良い服で掃除する
  • できれば頭もカバーする

死なない為の注意点

酸性の洗剤と混ぜないこと。塩素ガスで死亡します。

質問あればお気軽にどうぞ

入居2ヶ月でも汚れます

賃貸マンションで入居後2ヶ月で退去した物件があります。

この2ヶ月と言う短い時間でも、生活をしていると汚れは付着すると言う事がよく分かります。

これはレンジフードのグリスフィルターですが茶色に浮き出ているのは油です。

お料理をすれば油は使いますし、肉や魚も調理すれば油は出てきます。

レンジフードはそんな油や煙を吸い込見ますが通過する時にフィルターが油をキャッチしています。

2ヶ月でもこの汚れですからこれを見ると年末の大掃除は欠かせないですね。

この他水廻りはカビや石鹸カスなどで徐々に汚れていきます。

このお部屋、2ヶ月しか住んでいないので見た目はすごくキレイでした。

でも、汚れは確実に付くのでハウスクリーニングは欠かせません。

家の中を歩くとベトベトする

自宅の中を歩くとベタベタしている所とそれ程でもない所がある。

特にキッチンとリビングがベタベタする事が多いかと思います。

キッチンで炒め物や揚げ物をした時の油が微粒子になって壁や床に付着します。

お料理をダイニングに運ぶ時に油をダイニングまでスリッパの裏にくっつけて運んでいます。

毎日の事ですが、微量なのであまり気が付かず、ましてやお掃除をしているので一旦は綺麗になります。

しかし綺麗にしているもののさらに微量な油はそのまま残ります。

これが繰り返されて油があちこちに付着してしまい、結果ベタベタしてしまいます。

一般的なハウスクリーニングの洗浄液であればある程度綺麗になりますが、10年位経つのであれば剥離をした方が良いと思います。

上の画像では古いワックスが浮いている所は白くなっています。

キッチンで飛び跳ねた油が長年積み重なっている所は普通の中性洗剤では落としきれません。

これと同じように足の裏の汗や皮脂、台所から持ち出す足の裏の油汚れがあちこちに付着するので汚れが広がります。

ハウスクリーニングの職人はポリッシャーと言う機械で洗浄します。

人間の手で擦るより何倍、何十倍の効果がありますし、時間も短縮することにより、フローリングに染み込まないよう考慮して作業します。

普通はアルカリ性の洗剤を使いますが、ワックスを除去(剥離)する時は専用の剥離剤を使います。

ワックス内に染み込んだ汚れもワックスの上に乗っている油汚れなどもスッキリと除去してしまいます。

それを水を吸引出来る掃除機で素早く吸い込みますので、フローリングに与えるダメージ(※)を最小限にします。

綺麗になったらワックスを掛けてフローリングに直接汚れがつかないようにします。

汚れが落ちると嘘のようにツルツルになり油で引っかかっていた足の裏の感触は全くなくなります。

是非ハウスクリーニングで実感してみてください。

気持ち良いですよ。

※フローリングは木製品なので表面は加工していても水は染み込みます。しかしこの染み込む量を最低限に抑えますのでほぼダメージはありませんのでご安心を。

家で咳が出る…エアコンのせい?

仕事場や外では咳が出ないのに、家に帰ると咳が出る。

その原因はエアコンにあるかも…

エアコンをONにするとカビ臭い臭いがする。

良くあることです。

カビは人間が住み良いと思う環境を好みますから当然と言えば当然のことです。

エアコンは室内の空気を吸い込み、結露させて水分を外に排出しますのでエアコンの中は結露した水があります。

ここにカビが好む環境があるのです。

エアコンクリーニングをした方が良いですね。

もしも、家の中にいると咳が出るけど外出すると咳が出ない、などの症状があればエアコンのカビを疑った方が良いかもしれません。

体質的に問題ない、と言う人でもたまにはなさった方が良いと思います。

特に自宅に帰ると咳が出始める場合は市販のエアコンスプレーでは余計にカビが繁殖する場合があります。

綺麗になったようでも、ドレンパンの中に汚れが留まったままになっているため熱交換器のヒダは綺麗になってもカビは流れていっていないことが多いからです。

余談ですが、室内で窓や窓枠、壁などにカビが生えている場合はハウスクリーニングをした上でエアコンクリーニングをしないとエアコンだけ綺麗にしても室内のカビをエアコンが吸い込むのであまり効果はありません。

帰宅すると咳が出ると言う場合、エアコンの他にもカビが繁殖している可能性が多いので、全体をハウスクリーニングする必要があるかもしれません。

その前にまずは出来るところからお掃除をしてみて、時間をかけて全体をお掃除してみて下さい。

咳が止まれば原因は室内のカビだったのかもしれません。

ちなみにお掃除の方法は

(1)お風呂でカビで黒くなっているところをカビキラーなどでスプレーします。10分位放置してシャワーで洗い流してください(こと時は水で大丈夫です)。

(2)洗面や洗濯機の付近もカビがある所。今度はカビキラーではなくアルカリ洗剤(マジックリンなど)で綺麗にします。

(3)窓の周りの枠や窓本体、そしてガラスに黒いものが付着していたらそれはカビですので、(2)と同じようにきれいします。

(4)ついでに床もマジックリンなら少し希釈した溶液を使って雑巾で拭きあげます。

これでしばらく咳が出ないか様子をみます。

まだ咳がでるようでしたら

(5)エアコンの内部洗浄をプロに依頼しましょう。市販品のエアコンスプレーを吹き掛けただけではカビは除去できませんので、必ずプロに依頼しましょう。

それでもダメな時は医者で診てもらうようにしましょう。

カビはあなたの体に知らず知らずのうちにダメージを与えます。

フローリングの積年の汚れ

毎日微量ながら積もっていく汚れ。

当たり前の事ですが、数年経つとかなり汚れが目立つようになってきます。

人間の目はスローな変化は見えない、と言いますか、脳が変化と捉えないようです。

以前、脳科学の権威と言われた茂木健一郎が、30秒で一部が変化する静止画を見せても解答者がいない、そんな番組がありましたが、まさに汚れの変化も脳が認識しない程度で変化していくのです。

勿論、コーヒーをひっくり返したら誰でも分かります。

キッチンの床に積もる油汚れ。

これでもなかなか分かりにくい。

毎日料理をしていれば数ヶ月経過すると何だか足の裏がベタベタするという感覚になります。

勿論人間の足の裏の代謝で逆にフローリングに人間の脂が付く。

毎日同じ所を歩くので汚れも歩いた跡が黒ずんでしまいます。

フローリングには保護剤としてワックスが掛かっています。

このワックスはフローリングを保護するのですが、ワックス自体が劣化します。

汚れも積もって、ワックスも劣化した場合ワックスを薬品で溶かして取り除きます。

この溶かして取り除く作業を剥離(はくり)と言います。

剥離は5年とか10年に一度はやった方が良いと思いますが、家具や敷物などの状況で出来ないケースもあります。

上の画像はワックスが掛かっているので光沢はありますが、黒ずみがマダラになっています。

これを剥離するとワックスと汚れを分解してくれます。

汚水を回収した後は…

光沢はなくなりますが、フローリング本来の色に戻ります。

画像はキッチンなので、油汚れが多く付着していました。

内装工事が終わった後剥離をするとせっかくキレイになった壁紙に汚水が飛び跳ねるので内装工事の前に行いました。

ただしフローリングの剥離は頻繁にはやらない方が良いでしょう。

と言うのも木製品なので水分を嫌います。

出来るだけ濡らしている時間を少なく工事するのがベストです。