TOTO一体型トイレのタンクに水がたまらない場合は全部交換

TOTOのトイレZS1のタンクに水がたまらない時は交換しかない

TOTOのタンク一体式便器

「GG」「ZS」などのシリーズでタンクの中の部品が故障(または劣化)したら、ZSシリーズは交換できませんので便器とタンクを交換するしかありません。

TOTO:便器ZS1(2005年に生産終了)
TOTO:ZS1(2005年に生産終了)

ZS1の部品供給は2015年で終了している

ウォシュレットとタンクが一体型なので、アッセンブリーで交換できると思っていました。

しかし製品は2005年に生産が終了し、部品供給用の生産も2015年で終了していました。

TOTOの便器「QR」に交換を提案

今回は設置から19年経過したトイレなので交換をご提案しました。

TOTOの便器「QR」手洗い付き。(※QRはかなり下の方にスクロールするとあります)

TOTOの言う「組み合わせトイレ」です。

TOTO:QR

 

ウォシュレットはSシリーズ

ウォシュレットは今まで「リモコン便器洗浄」ボタンで操作していた為、『S1A』にしました。

(※自動洗浄とリモコン洗浄は違います)

 

床材も貼替

解決工房では床材(クッションフロア)の張り替えも、便器交換と同時にするようにお勧めしています。

古い床材は古い便器の跡が残るから。

もう一つのポイントは便器と同じ年月使用しているので「汚れ」や「黄ばみ」などもあるからです。

 

TOTO組み合わせトイレ(QR)のメリット

ウォシュレットが壊れたら、ウォシュレットだけ交換できる(一体型便器だと全部交換が必要)。

フロートバルブなどは新しい形になっていましたがおそらく共通部品だと思います。

共通部品であれば製造も供給も長い年月してくれるのではないかと期待しています。

 

TOTOトイレは全てが節水トイレ

TOTOの便器は流す水の量が今は4.8リットルが標準になっています。

以前の便器に比べるとかなり少ない量です。

以前は8リットルはあったのですが節水思考が強い昨今では当たり前の量なのです。

今回はマンションの上層階なので、あまりに水の量が少ないと排水管の中で流れにくくなることも考えられます。

そこで容量を8リットルに設定し直しました。

結論:TOTOの一体型便器は15年経過して壊れたら全部取り替え

部品供給が終了していたら、便器もタンクも全て交換が必要になります。

TOTOのトイレのタンクに水がたまらない

TOTOのトイレのタンクに水がたまらない時の2つの対処方

タンクに水がたまらない原因を考えてみます

  • タンク内の弁が劣化した
  • タンク内の弁にゴミが挟まった
  • タンク内のサイフォンが劣化した
  • タンク内の給水バルブが壊れた

これ以外には考えにくいです。

1. トイレタンクの部品を交換する

タンク内のゴム弁を交換する

ゴム弁を交換すれば、劣化の場合も物がはさまっていたとしても改善します。

一部の機種を除いてタンク付きの便器+タンクであればプロでなくても交換出来ます。(ただし手が真っ黒になりますので注意)

TOTOの一体型便器
TOTO:ZS1(CS978BP)

 

タンク内のサイフォンを交換する

ゴム弁を替えても改善が見られない場合はゴム弁の受け側のサイフォンの交換が必要かもしれません。

この場合はプロに依頼しましょう。(費用がもったいないからと言って自分でやろうとすると思わぬ時に漏水事故を起こしてしまうこともあるので私はプロに任せた方が良いと思います)

 

タンク内の給水バルブを交換する

給水バルブ(ボールタップ)が機能を果たさなくなった場合は「ボールタップ」を交換します。

これもできればプロに依頼した方が良いと思います。

ボールタップを斜めに取り付けたりすると、今度は水が止まらなくなったりしてこれも漏水事故につながることもあり得るのでこちらも注意が必要です)

 

2. 便器とタンク全部を交換する

ウォシュレット一体型便器と言うのがあります。

TOTOだと今はネオレストとか一体型便器の「GG」と言うシリーズです。

昔はZS1とかZS2と言うシリーズです。

上記の部品は共通ではなくそれぞれ独自の部品があります。

一般的には手に入りにくいです。

特にZSシリーズは2005年に製造を中止していまして、その10年後、つまり2015年に部品の生産も終了しています。

 

■ ZSシリーズが壊れたら全部交換が必須

今日TOTOに問い合わせて確認をしました。

ZS1とZS2のシリーズは既に部品供給はできません、と回答がありました。

また代替品はないか(タンク+ウォシュレット一体)と聞いたところ、後継機種もない、との回答でした。

TOTOメンテナンスでも対応はしてくれないので問い合わせをするだけ時間の無駄になります。

※今日もTOTOメンテナンスに問い合わせをしたのですが、電話がなかなかつながらず、10分以上待たされました。

「代替のタンク+ウォシュレットはありませんか?」

と尋ねたら

「後ほど別の者から詳しい情報を連絡します」と言って19:00まで電話は掛かってきませんでした。

タンクとウォシュレットの一体型便器をおすすめしない理由

  • 共通の部品が少ない
  • ウォシュレットかタンクに故障があった時、現行品の場合アッセンブリーで交換しなければならないのでかなり高価
  • 修理費用が高い

私個人的にはタンクと便器とウォシュレットはそれぞれ別体をおすすめしています。

何故なら、故障した時や壊れた時に単体で修理や部品交換ができるからです。

 

一体型便器が壊れた時の結論

TOTOのQR(組合せ便器)に交換をご提案。


 タンクに水がたまらなくなった時の応急措置

バケツに水をくんで、バケツの水を便器に流せば良いです。(ちょっと面倒くさいですが、何にも問題ありません)

 

※タンクに水が供給されない場合の対象⦅TOTOの説明⦆

トイレに水が溜まっているのはなぜ?

便器に水が溜まっているのはなぜか、考えたことありますか?

便器の水溜りがあると代弁をした時水が跳ね返ってくる時があり気持ち悪い。

水溜りはない方が良いと子供の頃は思っていました。

しかしこの水溜りには深い訳があるのです。

それは2つ。

1つは封水と言う機能です。

水が溜まることで排水の嫌な臭いがせき止められます。

臭いもそうですが虫が上がってくるのも防ぎます。

実はこの水溜りキッチンにも洗面にも洗濯機防水パンにもあるのです。

水溜りの方式は違うもののいずれも臭いや虫をせき止める為に設けられる水溜り(封水)です。

ただ、この水溜りに大きな硬い物が入ると詰まってしまいます。

なぜ詰まりが起きるかと言うとS字にカーブしているからある程度の長さの物は流れて行かないのです。

と、こんな説明をするよりも一目瞭然の動画がありましたので是非ご覧ください。

なお、ウンチの絵もあるので抵抗がある方はご遠慮ください。

静止画で説明した書物を読むよりも良く分かります。

如何でしたか?

便器の水の流れが分かったと思います。

ついでにもう一つ言っておきたいことがあります。

最近の便器は水を流す量が6リットル程度になっています。

変な言い方ですが大きなウンチや大量のウンチをした時は2回流す方が私は良いと思います。

便器の排水はこの画像は床の方に流れて行きますが、縦管に接続して横に流れて行く種類の便器もありますが、これについては動画には説明がありません。

今日は便器の水溜りがなぜあるかについての説明でした。

タンクの下から水漏れがあることがありますが、タンクのひび割れが原因かタンクから便器に流れる接続部からの水漏れが原因の場合があります。

そんなことが起きている場合は是非ご相談下さい。

便器の位置を後ろにずらしたい

トイレの位置を少しでも奥にして欲しいとのご要望がありました。

なぜかと言うと便器に腰かけると頭が前の壁についてしまうからです。

毎日何回も入るトイレ、ストレスも掛かるので何としてでも改善して欲しいと。

調べてみると既存の便器はネオレストのリモデルタイプ。

つまりそれ以前にあった便器の排水管をそのまま使えると言うのがリモデルなのです。

ただし可動域は制限があります。

必ずしも奥の壁いっぱいまで下げる事が出来ないので壁と便器の間に隙間がありました。

あと5センチでも良いので後ろに下げたい。

となると排水管自体を工事しなければなりません。

便器を外します。

現在の排水管がほぼ真ん中にあります。

この排水管の位置を左の壁に移動する為床を開口します。

床に立ち上げる位置に合わせて配管し直します。

30度や45度の角度のついた継ぎ手を繋ぎ合わせて両サイドの壁の中心、且つ奥の壁から200ミリの位置に配管を立ち上げます。

障害物があったり、角度が出なかったり、試行錯誤をしながら最終的に狙った所から5ミリほどズレましたが収めました。

この後、専門的な話になりますが、リモデル便器用ではないアダプターをリモデル便器に適用して取り付けました。(もちろん図面を取り寄せ確認の上です)

普通の職人だとリモデル便器なので「動かしようがない」と諦めてしまうところを何とかする職人は尊敬出来ると思います。

お客さんも以前よりスペースが出来たと喜んで頂き、職人もまんざらでもない顔をしていました。

お客さんのご要望に出来る限り答える事が、意外と難しいこともあるのです。

全てを解決する事は出来ませんが、何とか出来る方法を考え提案して、妥協点を探すのも解決工房のモットーです。

トイレに関するご相談はこちらまでお願いします。

トイレのタンク横にあるこれは何?

トイレのタンクの横にあるこれは何でしょう?

これは止水栓と言ってトイレのタンクに水を送る給水管の途中にある水を出したり止めたりするいわゆる蛇口です。

マイナスドライバーがコインで開け閉めします。

ここから水漏れする場合があります。

パッキンの劣化などが主な原因です。

そう思いパッキンの交換をしても水漏れが止まらない事もあります。

止水栓本体の劣化なので交換が必要です。

今回はその止水栓の交換をしました。

水漏れもいろいろな箇所から起きるので床に滴があったら水漏れを疑って下さい。

水漏れかな?と思ったらお問い合わせ下さい。

トイレの水つまりで26万円!?

テレビ朝日の「モーニングショー」の内容です。

トイレが詰まって便器の中の水があふれそうになったのでネットで業者を探して基本料金が安かったので来てもらった。

すると26万円請求された、とのこと。

被害を語る女性は仕事があったのでフィアンセに託したのですが、フィアンセは不信感を持ちながらも26万円を支払った。

工事の前に大体いくら位なのか、聞いたのだが、「便器を外して中をみないと分からない」の一点張り。

どんどん工事を進めて行った為工事前には値段の告知はなかったようです。

実はこの支払いの後大喧嘩したそうで破断になりかけたと言うエピソードを語っていたようです。

しかし悪いのはこの業者の方です。

26万円と言う価格は最新の便器に交換し、しかもウォシュレットも割と良いものを装備でき、工事費も入れて、さらにクロスなどの内装も貼替える位の価格です。

業者は「便器を外してみないと分からない」と言ったこの言葉は私たちでも言うことです。

リフォームや修理は予想できないことがあり、簡単に価格を言うことはできないのです。

昨日のブログのように原因が壁内で目視できない事がある為「さっきは○○円って言ったでしょ?」と言われるのが嫌、と言うよりも『騙した』ととられるのが精神的にダメージが大きいのです。

モーニングショーではこの事件の他、69歳の男性が100万円を超える請求をされたと言う事例が報告されていました。

なお、トイレの水漏れの修復工事では内容にもよりますが、目安として3万円前後が一般的だと思います。

26万円と言うと9倍ですからねぇ。

一番注意しなければならないのは「焦り」です。

集合住宅にお住まいの方は周囲に水漏れを起こしてはいけない、迷惑をかけては申し訳ないと言う気持ちがあると高くても仕方がないと言う気持ちになる。

トイレが使えなくなると困る、と言う気持ちが働き早く工事を終わらせようとする為事前に金額を聞かないで工事を進めてしまうのです。

落ち着いて行動しましょう。

おかしいな?この金額って普通?と思うような事があったらご相談ください。

トイレを新しくする

トイレのリフォーム。

便器だけを新しくするケースと床の貼替や壁紙の貼替、トイレットペーパーホルダーやタオル掛け、照明の交換も併せて行うケースがあります。

便器を交換する場合、リフォーム用の便器で交換すると排水管はそのまま使えます。

排水管の位置を変えるとなると床を一部でも開口しなければならない。

つまり工事費が高くなります。

私達は出来る限りリフォーム用の便器で交換できるように考えています。

しかし、古い便器(30年以上前)だと排水管をそのまま利用できない事もあります。

排水位置がかなり奥の方にある場合だとリフォーム用の便器は使えません。

このように床を切って排水管を途中から曲げて手前に持って来るようにしなければ新しい便器が取り付けられません。

開口部をふさぎ直します。

床のビニールシート(クッションフロア)も新しくします。な

そのままだとつぎはぎになってしまいます。

床のシートを貼替え、新しい便器(リフォームようではありません)を取り付けました。

ウォシュレットも新しくなりました。

元々はウォシュレットから水漏れがあったのでウォシュレットだけ交換する案もありました。

30年以上経過した便器なので今後漏水が起きる可能性もあり、部品交換もしなければならないことを考慮して便器交換も行いました。

部品交換を頻繁にすると結局コストとして高くなります。

安心してお使い頂くためには思い切って交換した方が結果安上がりになります。

古い車程メンテナンス費用がかかるのと同じ理屈です。

思い切ってリフォームする事をお勧めしています

トイレの悩みはこちらまでご相談ください。

トイレの水漏れ

弊社のブログを見た方から電話を頂きました。

トイレの水漏れ、とのこと。

お近くなのと丁度時間が空いていたので調査に行きました。

トイレの水漏れと言いうと、

  • 給水管からの水漏れ
  • タンクと便器の間の水漏れ
  • タンクが割れて水漏れ
  • 便器と床の間からの水漏れ

などがあります。

今回は止水栓(給水管)から水漏れでした。

給水管の水漏れの箇所は継手のところからがほぼ99%です。

パッキンの劣化によるものです。

常に使っているとそれ程問題は無いのですが賃貸物件のように空き部屋になり半年使わない場合、ゴムが乾燥して劣化が進むことが多々あります。

便器とタンクの間のつなぎ目から水漏れがあるのもタンクに水がなくなって半年間放置するとゴムが乾燥したり縮小したりして水漏れの原因になります。

1週間に1回程度は水を流すようにした方が良いです。

今回止水栓を交換するにあたり壁から出ている給水管がサビで割れる事もあるのでベテランの水道屋さんに依頼します。

新築当時の水道屋さんがどんな人なのかどのように収めたのかが分からないのでかなり怖いです。

と言うのも、給水管が壁の中で固定されていない事もあります。

止水栓を外したら壁の中で給水管が傾いたりする事もあるのです。

そうなると壁を壊して給水管を下の位置に戻さなければならなくなり工事が大きくなるのです。

ここは勘所がある専門家にやってもらうべきです。

そんなわけで見積書を提出しました。

水漏れについてのご質問はこちらへどうぞ。

便器から水漏れ?

トイレに入ると床が濡れている。

トイレ内の水漏れの主な原因

  • タンクにつながっている給水管から漏る
  • 便器とロータンクの継ぎ目から漏る
  • 便器と排水管の継ぎ目から漏る
  • タンクに亀裂が入っていて漏る
  • 洗浄便座の本体から漏る
  • 洗浄便座の給水管から漏る

などが考えられます。

今回は温水洗浄便座本体からの水漏れでした。

洗浄便座を交換すれば良いだけですがお客様のご要望で便器本体も交換します。

INAX社製の便器ですがINAXではなく、「INA」と記されているので、かなり古い便器です。

排水管の位置を考えるとリフォーム専用の便器(TOTOの場合はリモデル便器と言います)が使用できません。

どうするかと言うと。。。

床を開口し、排水管を切り回して位置をずらします。

したがって、床の面材(今回はクッションフロア)も貼り替えます。

戸建ての1階のトイレの水漏れでしたから、下の階はありませんので被害もなく無事でした。(階下への実際の水漏れ

水漏れの時は必ずし水栓で水を止めましょう

トイレのタンクの右か左に給水管があると思います。

そこに止水栓がありますので、トイレで水漏れが発生したら使用後に水を止めるようにして下さい。

水漏れの原因は前述した箇条書きのどれかだと思います。

原因がわかればその下に洗面器などをあてがって水で床を濡らさなようにしましょう。

トイレの床は板張りの場合が多いので床を腐らせないように注意して下さい。

原因が分かれば修理なりリフォームなりが進められます。

使用年数が30年以上の場合は、可能であれば便器も取り替えた方が心配が少なくなりますのでお勧めです。

もうそろそろ便器を新しくするべきか悩んでいる方、質問はこちらへどうぞ

トイレリフォームの注意点

トイレ(便器)を新しくリフォームする時便器には大まかに2つのタイプがあります。

一つはリフォームを前提としたリフォーム用便器。(TOTOはこちら、LIXILはこちら

もう一つは新築などのようにトイレの部屋を組んだ後に新しく便器を取り付けるタイプ。

便器は排水管の位置が実にバラバラでした。

何故そんなに違うのかは定かではありませんが、昔はリフォームを意識せず製造されていたので便器に合わせて排水管を水道業者が配管工事をしていたのです。

最近になって便器奥側の壁から200mmの位置に統一されてきています。

リフォーム用便器は様々な排水管の位置に合わせられるように設計されていますが!すべての便器に合うわけではありません。

排水管に合わなければ床を解体して排水管の位置を移動させなければならず工事が増えます。

下の画像のように配水管位置が一番奥側にある場合リフォーム用便器が使えないので配水管の移動(床の解体含む)工事を必要になってしまいます。

リフォーム便器は床の解体も排水管の移動も必要ないので、工事が少なくなる。

つまりリフォーム費用が安くなることと、工事の時間(日程)短縮にメリットがあるのです。

便器のリフォームの時は既設の便器排水管位置を確認することでリフォーム用便器が使えるか、使えない場合は排水管の移設が必要になるかを確認しなければ見積書は作成できないのです。

今の便器は節水型です。

以前の便器は1回あたり13リットル。(1975年以前の便器は20リットル)

今の節水型便器は4リットル前後になっています。

老朽化で水漏れを起こさないうちにリフォームをお考えになってはいかがでしょうか?

便器やリフォームに関するご質問はこちら