INAXトイレの修理

トイレのタンクの水が止まらない時はボールタップの交換とゴムフロートの交換が必要です。

築年数約40年のマンションのトイレです。

INAXの3点式ユニットバス(お風呂の中に洗面とトイレがあるタイプ)のタンクの修理です。

ボールタップはタンクの中に水が注がれ水位が基準の位置まで高くなると水を止める装置です。

劣化して水が止まらない現象です。

既存のボールタップも同じINAXのボールタップでした。

ボールタップとゴムフロートも交換しました。

流れっぱなしになる事はないと思います。

40年近く経過しているのでユニットバスも交換の時期に来ています。

因みに事務所でご使用のお部屋なので、なかなか工事に踏み切れないご様子です。

事務所で使用する場合はトイレは分離し、浴槽などは必要ないのでそのスペースを洗面スペースにリフォームするのが良いかと思います。

トイレの水が止まらない

普通は何もないのであまり気がつかないと思いますが、稀に便器に水が流れっぱなしになる事があります。

微量の水が流れる時は正直気がつかないかも知れません。

しかし「あれ?水が止まらない?」と思う位トイレから水の音が聞こえ続けるとわかりますよね。

水が流れ続けるのは2種類あります。

レバーを回すとタンクの底にあるゴム弁が開きます。

一つはこのゴム弁が劣化している為、微量に流れる事があります。

もう一つはポールタップと言って水がある程度の水位になると水をストップさせる水栓が内蔵されています。

これが劣化して止水出来なくなりオーバーフロー管から便器に流れ続けるパターン。

ちなみにトイレから水の音が止まらない、場合はフロートべんが塞がっていない事があります。たまになるのか、常時起きるのかによって違いますが、できるだけ早く修理すべきです。

どちらのケースも劣化によって水が止まらないと言う事象ですが、これを放っておくと水道代で跳ね返ってきます。

知らない間に水を無駄に使っていることになるからです。

ゴム弁(フロートバルブ)、ポールタップ、どちらの場合で水の流れっぱなしが起きても両方交換することをお勧めします。

片方のみを交換して一時的な費用を抑えても既に劣化が進んでいるので、そのうち流れっぱなしが起きると思います。

今日はタンクの中の劣化した部品を交換しました。

これで流れっぱなしは無くなり、水道代も気にしなくて良い状態になります。

水道代が高くなった、とかトイレの水が止まらない時は早めに交換をしましょう。、

これ何の為にあるの?1

これ何の為にあるの?

矢印で示した所なのですが、毎日使うトイレですが、一度も使ったことがないと言う人がかなりの人数いらっしゃるのではないでしょうか。

コレ「止水栓」と言います。

例えばタンクから便器に水が流れっぱなしになることがあります。

そんな時はここで水を止めてあげればタンクに溜まらないので流れっぱなしはなくなりますよね。

その他、タンクの上から水が出て手を洗いますが、その時水の量が多過ぎて周りに飛び散る、と言う時はこの止水栓で絞れば水の勢いを調節できます。

マイナスドライバーとかコインで回します。

ただし、何年もこの止水栓を使わないでいると固着してかなり硬い状態になります。

マイナスドライバーで右左に何度も回してみると動く事がありますが、10年以上そのままの場合で硬くて回らない場合は諦めた方が良いです。

無理に回すとその止水栓から水漏れが発生しますので…

出来れば水道関係の職人さんについでの時に見てもらうか、新しいものに替えるようにして下さい。

内開きのトイレ扉は危険です

トイレの扉の開き方は最近のマンションは必ずと言って良いほど外開きです。

戸建てもおそらく外開きが多いと思います。

私は親の介護をしていたので良く分かりますが、被介護者に限らず病で倒れることも考えておかなければなりません。

トイレの中で倒れた場合、扉が内開きだと倒れた人が邪魔をして扉が開かない。

一刻も早く中の人を助けなければならないのに、扉が開かないので助けられない、と言う状況に陥るのです。

これは命にかかわることです。

洗面脱衣室も同じです。

倒れた場合に扉が開けられない場合は絶対と言って良いほど外開きにすべきです。

外開きがダメなら引き戸(スライドドア)にした方が良いと言えます。

ただし、ここから先は建築士など設計をする人に相談することが一番です。

単に引き戸にすると言っても引き戸を引き込むスペースがないと絵に描いた餅と言うことになります。

この2部屋は家族全員が必ず使う場所ですので家族会議をしてでも人の命がかかっていると考えてもらった方が良いと思います。

最近では開き扉でも折れ戸のような機構を取り入れた扉もありますので、諦めないでください。