トイレの水つまりで26万円!?

テレビ朝日の「モーニングショー」の内容です。

トイレが詰まって便器の中の水があふれそうになったのでネットで業者を探して基本料金が安かったので来てもらった。

すると26万円請求された、とのこと。

被害を語る女性は仕事があったのでフィアンセに託したのですが、フィアンセは不信感を持ちながらも26万円を支払った。

工事の前に大体いくら位なのか、聞いたのだが、「便器を外して中をみないと分からない」の一点張り。

どんどん工事を進めて行った為工事前には値段の告知はなかったようです。

実はこの支払いの後大喧嘩したそうで破断になりかけたと言うエピソードを語っていたようです。

しかし悪いのはこの業者の方です。

26万円と言う価格は最新の便器に交換し、しかもウォシュレットも割と良いものを装備でき、工事費も入れて、さらにクロスなどの内装も貼替える位の価格です。

業者は「便器を外してみないと分からない」と言ったこの言葉は私たちでも言うことです。

リフォームや修理は予想できないことがあり、簡単に価格を言うことはできないのです。

昨日のブログのように原因が壁内で目視できない事がある為「さっきは○○円って言ったでしょ?」と言われるのが嫌、と言うよりも『騙した』ととられるのが精神的にダメージが大きいのです。

モーニングショーではこの事件の他、69歳の男性が100万円を超える請求をされたと言う事例が報告されていました。

なお、トイレの水漏れの修復工事では内容にもよりますが、目安として3万円前後が一般的だと思います。

26万円と言うと9倍ですからねぇ。

一番注意しなければならないのは「焦り」です。

集合住宅にお住まいの方は周囲に水漏れを起こしてはいけない、迷惑をかけては申し訳ないと言う気持ちがあると高くても仕方がないと言う気持ちになる。

トイレが使えなくなると困る、と言う気持ちが働き早く工事を終わらせようとする為事前に金額を聞かないで工事を進めてしまうのです。

落ち着いて行動しましょう。

おかしいな?この金額って普通?と思うような事があったらご相談ください。

トイレを新しくする

トイレのリフォーム。

便器だけを新しくするケースと床の貼替や壁紙の貼替、トイレットペーパーホルダーやタオル掛け、照明の交換も併せて行うケースがあります。

便器を交換する場合、リフォーム用の便器で交換すると排水管はそのまま使えます。

排水管の位置を変えるとなると床を一部でも開口しなければならない。

つまり工事費が高くなります。

私達は出来る限りリフォーム用の便器で交換できるように考えています。

しかし、古い便器(30年以上前)だと排水管をそのまま利用できない事もあります。

排水位置がかなり奥の方にある場合だとリフォーム用の便器は使えません。

このように床を切って排水管を途中から曲げて手前に持って来るようにしなければ新しい便器が取り付けられません。

開口部をふさぎ直します。

床のビニールシート(クッションフロア)も新しくします。な

そのままだとつぎはぎになってしまいます。

床のシートを貼替え、新しい便器(リフォームようではありません)を取り付けました。

ウォシュレットも新しくなりました。

元々はウォシュレットから水漏れがあったのでウォシュレットだけ交換する案もありました。

30年以上経過した便器なので今後漏水が起きる可能性もあり、部品交換もしなければならないことを考慮して便器交換も行いました。

部品交換を頻繁にすると結局コストとして高くなります。

安心してお使い頂くためには思い切って交換した方が結果安上がりになります。

古い車程メンテナンス費用がかかるのと同じ理屈です。

思い切ってリフォームする事をお勧めしています

トイレの悩みはこちらまでご相談ください。

トイレの水漏れ

弊社のブログを見た方から電話を頂きました。

トイレの水漏れ、とのこと。

お近くなのと丁度時間が空いていたので調査に行きました。

トイレの水漏れと言いうと、

  • 給水管からの水漏れ
  • タンクと便器の間の水漏れ
  • タンクが割れて水漏れ
  • 便器と床の間からの水漏れ

などがあります。

今回は止水栓(給水管)から水漏れでした。

給水管の水漏れの箇所は継手のところからがほぼ99%です。

パッキンの劣化によるものです。

常に使っているとそれ程問題は無いのですが賃貸物件のように空き部屋になり半年使わない場合、ゴムが乾燥して劣化が進むことが多々あります。

便器とタンクの間のつなぎ目から水漏れがあるのもタンクに水がなくなって半年間放置するとゴムが乾燥したり縮小したりして水漏れの原因になります。

1週間に1回程度は水を流すようにした方が良いです。

今回止水栓を交換するにあたり壁から出ている給水管がサビで割れる事もあるのでベテランの水道屋さんに依頼します。

新築当時の水道屋さんがどんな人なのかどのように収めたのかが分からないのでかなり怖いです。

と言うのも、給水管が壁の中で固定されていない事もあります。

止水栓を外したら壁の中で給水管が傾いたりする事もあるのです。

そうなると壁を壊して給水管を下の位置に戻さなければならなくなり工事が大きくなるのです。

ここは勘所がある専門家にやってもらうべきです。

そんなわけで見積書を提出しました。

水漏れについてのご質問はこちらへどうぞ。

便器から水漏れ?

トイレに入ると床が濡れている。

トイレ内の水漏れの主な原因

  • タンクにつながっている給水管から漏る
  • 便器とロータンクの継ぎ目から漏る
  • 便器と排水管の継ぎ目から漏る
  • タンクに亀裂が入っていて漏る
  • 洗浄便座の本体から漏る
  • 洗浄便座の給水管から漏る

などが考えられます。

今回は温水洗浄便座本体からの水漏れでした。

洗浄便座を交換すれば良いだけですがお客様のご要望で便器本体も交換します。

INAX社製の便器ですがINAXではなく、「INA」と記されているので、かなり古い便器です。

排水管の位置を考えるとリフォーム専用の便器(TOTOの場合はリモデル便器と言います)が使用できません。

どうするかと言うと。。。

床を開口し、排水管を切り回して位置をずらします。

したがって、床の面材(今回はクッションフロア)も貼り替えます。

戸建ての1階のトイレの水漏れでしたから、下の階はありませんので被害もなく無事でした。(階下への実際の水漏れ

水漏れの時は必ずし水栓で水を止めましょう

トイレのタンクの右か左に給水管があると思います。

そこに止水栓がありますので、トイレで水漏れが発生したら使用後に水を止めるようにして下さい。

水漏れの原因は前述した箇条書きのどれかだと思います。

原因がわかればその下に洗面器などをあてがって水で床を濡らさなようにしましょう。

トイレの床は板張りの場合が多いので床を腐らせないように注意して下さい。

原因が分かれば修理なりリフォームなりが進められます。

使用年数が30年以上の場合は、可能であれば便器も取り替えた方が心配が少なくなりますのでお勧めです。

もうそろそろ便器を新しくするべきか悩んでいる方、質問はこちらへどうぞ

トイレリフォームの注意点

トイレ(便器)を新しくリフォームする時便器には大まかに2つのタイプがあります。

一つはリフォームを前提としたリフォーム用便器。(TOTOはこちら、LIXILはこちら

もう一つは新築などのようにトイレの部屋を組んだ後に新しく便器を取り付けるタイプ。

便器は排水管の位置が実にバラバラでした。

何故そんなに違うのかは定かではありませんが、昔はリフォームを意識せず製造されていたので便器に合わせて排水管を水道業者が配管工事をしていたのです。

最近になって便器奥側の壁から200mmの位置に統一されてきています。

リフォーム用便器は様々な排水管の位置に合わせられるように設計されていますが!すべての便器に合うわけではありません。

排水管に合わなければ床を解体して排水管の位置を移動させなければならず工事が増えます。

下の画像のように配水管位置が一番奥側にある場合リフォーム用便器が使えないので配水管の移動(床の解体含む)工事を必要になってしまいます。

リフォーム便器は床の解体も排水管の移動も必要ないので、工事が少なくなる。

つまりリフォーム費用が安くなることと、工事の時間(日程)短縮にメリットがあるのです。

便器のリフォームの時は既設の便器排水管位置を確認することでリフォーム用便器が使えるか、使えない場合は排水管の移設が必要になるかを確認しなければ見積書は作成できないのです。

今の便器は節水型です。

以前の便器は1回あたり13リットル。(1975年以前の便器は20リットル)

今の節水型便器は4リットル前後になっています。

老朽化で水漏れを起こさないうちにリフォームをお考えになってはいかがでしょうか?

便器やリフォームに関するご質問はこちら

INAXトイレの修理

トイレのタンクの水が止まらない時はボールタップの交換とゴムフロートの交換が必要です。

築年数約40年のマンションのトイレです。

INAXの3点式ユニットバス(お風呂の中に洗面とトイレがあるタイプ)のタンクの修理です。

ボールタップはタンクの中に水が注がれ水位が基準の位置まで高くなると水を止める装置です。

劣化して水が止まらない現象です。

既存のボールタップも同じINAXのボールタップでした。

ボールタップとゴムフロートも交換しました。

流れっぱなしになる事はないと思います。

40年近く経過しているのでユニットバスも交換の時期に来ています。

因みに事務所でご使用のお部屋なので、なかなか工事に踏み切れないご様子です。

事務所で使用する場合はトイレは分離し、浴槽などは必要ないのでそのスペースを洗面スペースにリフォームするのが良いかと思います。

トイレの水が止まらない

普通は何もないのであまり気がつかないと思いますが、稀に便器に水が流れっぱなしになる事があります。

微量の水が流れる時は正直気がつかないかも知れません。

しかし「あれ?水が止まらない?」と思う位トイレから水の音が聞こえ続けるとわかりますよね。

水が流れ続けるのは2種類あります。

レバーを回すとタンクの底にあるゴム弁が開きます。

一つはこのゴム弁が劣化している為、微量に流れる事があります。

もう一つはポールタップと言って水がある程度の水位になると水をストップさせる水栓が内蔵されています。

これが劣化して止水出来なくなりオーバーフロー管から便器に流れ続けるパターン。

ちなみにトイレから水の音が止まらない、場合はフロートべんが塞がっていない事があります。たまになるのか、常時起きるのかによって違いますが、できるだけ早く修理すべきです。

どちらのケースも劣化によって水が止まらないと言う事象ですが、これを放っておくと水道代で跳ね返ってきます。

知らない間に水を無駄に使っていることになるからです。

ゴム弁(フロートバルブ)、ポールタップ、どちらの場合で水の流れっぱなしが起きても両方交換することをお勧めします。

片方のみを交換して一時的な費用を抑えても既に劣化が進んでいるので、そのうち流れっぱなしが起きると思います。

今日はタンクの中の劣化した部品を交換しました。

これで流れっぱなしは無くなり、水道代も気にしなくて良い状態になります。

水道代が高くなった、とかトイレの水が止まらない時は早めに交換をしましょう。、

これ何の為にあるの?1

これ何の為にあるの?

矢印で示した所なのですが、毎日使うトイレですが、一度も使ったことがないと言う人がかなりの人数いらっしゃるのではないでしょうか。

コレ「止水栓」と言います。

例えばタンクから便器に水が流れっぱなしになることがあります。

そんな時はここで水を止めてあげればタンクに溜まらないので流れっぱなしはなくなりますよね。

その他、タンクの上から水が出て手を洗いますが、その時水の量が多過ぎて周りに飛び散る、と言う時はこの止水栓で絞れば水の勢いを調節できます。

マイナスドライバーとかコインで回します。

ただし、何年もこの止水栓を使わないでいると固着してかなり硬い状態になります。

マイナスドライバーで右左に何度も回してみると動く事がありますが、10年以上そのままの場合で硬くて回らない場合は諦めた方が良いです。

無理に回すとその止水栓から水漏れが発生しますので…

出来れば水道関係の職人さんについでの時に見てもらうか、新しいものに替えるようにして下さい。

内開きのトイレ扉は危険です

トイレの扉の開き方は最近のマンションは必ずと言って良いほど外開きです。

戸建てもおそらく外開きが多いと思います。

私は親の介護をしていたので良く分かりますが、被介護者に限らず病で倒れることも考えておかなければなりません。

トイレの中で倒れた場合、扉が内開きだと倒れた人が邪魔をして扉が開かない。

一刻も早く中の人を助けなければならないのに、扉が開かないので助けられない、と言う状況に陥るのです。

これは命にかかわることです。

洗面脱衣室も同じです。

倒れた場合に扉が開けられない場合は絶対と言って良いほど外開きにすべきです。

外開きがダメなら引き戸(スライドドア)にした方が良いと言えます。

ただし、ここから先は建築士など設計をする人に相談することが一番です。

単に引き戸にすると言っても引き戸を引き込むスペースがないと絵に描いた餅と言うことになります。

この2部屋は家族全員が必ず使う場所ですので家族会議をしてでも人の命がかかっていると考えてもらった方が良いと思います。

最近では開き扉でも折れ戸のような機構を取り入れた扉もありますので、諦めないでください。