モニターホンの位置

モニターホンは門の所にあれば良いのに、門扉を開けて敷地内に侵入して玄関にモニターホンがある。

これだとモニターホンの意味がイマイチのような気がしませんか?

敷地内に入る前に誰なのかを確認したいはず。

それなのに…

門の所にはモニターホンはありません。

玄関の所にあります。

これを門の所に移動させるには、2通りあります。

1つはワイヤレスのモニターホンにする。

もう一つは有線(ワイヤード)にする。

ワイヤレスの場合は電源は電池なので、定期的に交換しなければならない、と言うことと、電波の距離やコンディションによっては通じない可能性があり得るのです。

今度は有線の場合。

電源は常に供給されているし、電波が途切れることはなくなる。

ただし、配線するのに工事が必要になります。

今回は有線にしました。

裏側はこんな感じです。

通信線は約10メートル延長しました。(既存のインターホンからの交換の場合、配線は既存の線を使用します

今回取り付けたモニターホンは

PanasonicのVL-SWD501KLです。

室内のモニターは5インチで見やすく、且つワイヤレスのモニター付きの子機がセットのものです。

オープン価格です。

弊社では59,800円(税別)で販売していました。(2019年3月時点でメーカー在庫限りの商品です)

配管をする工事の一番面倒だったのはコンクリートの切断です。

ダイヤモンドカッターで配管の道筋を切断している所です。

無事工事は終わりました。

明日引き渡しなので養生はまだ剥がしていません。

末永く使って頂きたいとおもいます。

インターホンからモニターホンへ

物騒な世の中と言われますが、身の回りにはそうそう物騒な事には遭遇しません。

しかし、お家で安らいでいる時にチャイムが鳴ると玄関を開けなければ誰が来たか分かりません。

インターホンだと通話すれば誰が来たか分かります。

ところがモニターホンだと画面を見れば誰が来たか分かります。

もちろん知り合いとかご近所さんとか友達、と、それ以外の見知らぬ人は画面で判断できます。

営業とか宗教の勧誘、新聞の営業、郵便や宅配便かは画面で判断できるのです。

通話のみのインターホンの外側。

インターホンの室内側。

これが顔を映し出す外側は

カメラが見えますね。

これだけでも抑止効果があると思います。

これで見れば誰が来たか分かりますよね。

居留守はお勧めは決してしませんが、会いたくない人とは話さなくて良いですよね。

防犯上有利なモニターホンが私は良いと思います。

チャイムからモニターホンに

最近は物騒な世の中と言われています。

ただ、それほど極端に悪い世ではないと思っていますが、そうは言ってもニュースなどでストーカーなどはやはり怖いものです。

チャイムだけだと、セールスの場合もわかりませんし、宗教の勧誘などもわかりません。

画像は玄関にあるチャイムのボタンです。

室内は高い位置にあるチャイムです。電池式なので、電源は不要ですが、モニターホンにする場合電源が必要なのです。

モニターホンに交換します。

モニターホンを設置する場所に電源を隠蔽で配線しました。

分電盤から配線します。

古いチャイムの玄関側のボタンの位置にカメラを設置しますが、古いカバーの跡が出ないように注意しながら設置します。

室内側はモニターホンだけの電源供給だともったいないので、モニターホンの下に延長して新たにコンセントを設置しました。

画像はPanasonicのモニターホンです。

録画機能も付いているので留守中に誰が来たか確認できます。

最近では賃貸物件の必須条件の1つにもなっています。

また、価格もかなりこなれてきていますので、お勧めの商品です。

チャイムをモニターホンにする為の電気工事

電池式のチャイムをモニター付のインターホン(ドアホン)にしたいとのご要望があり、電源を新たに配線しました。

通常はコンセントから露出配線でモニターホン用の電源を確保するのですが、今回は内装工事も行うので出来れば壁内に配線して欲しいと言う内容。

壁内に配線するとなると、分電盤から新たに電源を引くので、ボードを剥がし、下地に穴を開けて配線しなけらばなりません。

ただ、今回の物件は壁内にかなりの隙間があり、工事はしやすかったです。

扉の上から扉の右側に配線しました。

配線が飛び出ているのが分かると思います。

分電盤から比較的近い位置にあったので工事をお請けしましたが、電源を必要とする位置がこの分電盤から遠くなれば遠くなるほど壁や天井に穴を開けなければならなくなり、かなり大工さんの仕事が増えますので、費用も高くなります。

通信線はチャイムの線を利用しますので新設はしません。

今までチャイムだったので来客者の顔が分かるのです防犯上かなり役立ちます。

簡単に設置する場合はチャイムの所からモールで通信線を露出配線して、電源は延長コードなどを利用して設置出来ますので、お手軽に交換する場合はコード付のモニターホンにした方が良いと思います。

単独で配線したので、モニターホンだけではもったいないので、その下まで分岐配線してコンセントを増設しました。

インターホンからモニターホンへ

音声だけのインターホンからモニターホンに交換です。

留守でも誰か来た時には録画しているので安心ですね。

工事は30分から1時間ほどて終わります。

女性の場合、特に誰が来たかが分かるのでインターホンは音声だけですが、モニターホンは画像で来客者が誰だか分かるので安心感は抜群です。

また不必要なセールスなど知らない人の場合は居留守も使えます。

賃貸物件でも最近は必需品と言えるでしょう。

本体価格は2万円前後位から。