お風呂あがりのカビ対策

お風呂から上がる時、カビを極力発生させない為にシャワーで洗い流すと良いと聞きます。

では厚いお湯で洗い流すのか、冷たい水で洗い流す方が良いのか、どちらでしょうか。

どうやら石鹸カスや皮脂などを洗い流す為には熱いお湯で洗い流すのが良いようです。

しかし、この熱いお湯の蒸気が湿気を生みカビが発生する環境を作り出すようでもあるのです。

カビが好む環境は

  • 湿気
  • 温度
  • 酸素

の3つです。

お風呂場はカビにとって最適な環境なのです。

できれば水分はない方が良いのでスクイジー(車のワイパーの手動型みたいなもの)で水を切っておく方が良いでしょう。

それも面倒だと言う人はお風呂から出たら、温度を高めに設定して洗い流す。

その後に水をかけて蒸気が出ないようにすることが一番簡単だと思います。

私はその後、換気扇を90分間稼働させています(スイッチのタイマー付きで)。

カビの発生は夏場が一番活発になります。

この酷暑の日々が続いている時は上記の方法だけではカビの発生は抑えられませんでした。

カビキラーでカビを除去しました(防毒マスクを着用しています)。

それでも極端なカビではないので15分も掃除すれば終わります。

お風呂あがりのちょっとしたシャワーでの洗い流しでカビがつきにくいので是非お勧めします。

ちなみに、私は熱めのお湯で洗い流して換気扇を90分回しているだけです。

これでカビ取りは1年に1回で済んでいます。

レンジフードのアミ

レンジフードにはグリスフィルターがあります。

アルミそのものと塗装しているものと2種類あります。

塗装している物はしばらくすると下の画像のように色がはげてしまいます。

少しみすぼらしくなりますが、上から塗装はをしてはダメです。

何故なら後から掛けた塗膜が熱で浮いてくるからです。

レンジフードはコンロの上なので浮いた塗膜は料理している鍋やフライパンに落ちてきます。

折角作った料理が食べられなくなってしまいます。

ではどうすれば良いか?

そのまま使うか、新しいフィルターを買い求めて下さい。

レンジフードに品番がありますのでそのメーカーへ問い合わせをして送ってもらいましょう。

代金は振り込みとかカード払いになると思います。

メーカーや品番がわからない時はサイズを測って検索をしてみましょう。

それでもわからない時はご連絡下さい。

ナショナル製ミニキッチン換気扇の交換2

ナショナルのミニキッチンの換気扇の交換をしました。

以前も同等の交換工事をしました。

換気扇の埋込寸法が295mm×265mmと言う長方形です。

この時代のダクト換気扇は一旦埋め込んだら外れないタイプで、鉄の筐体を一部切断して、曲げて外しました。

ダクトが外れないタイプ。

お風呂の点検口からダクトの方向を確認したところ収納の上を通っているのでこの天井を解体しそこから手を伸ばし換気扇のダクトを外します。

換気扇本体をねじって取り外します。

次は長方形の埋め込みを真四角の240ミリ角にする為下地を作ります。

キッチンの天井なので不燃材のキッチンパネルを表面に貼ることで安全性を確保。

後はこの作業を逆回しで再生するように取り付けていきます。

265ミリと295ミリの穴をキッチンパネルで小さくしたのでつぎはぎになりましたが、カバーである程度は隠れるので普通に使うには問題はないと思います。(この後隙間はコーキング処理をしました)

ミニキッチンを交換する費用から比べるとかなりリーズナブルに再使用できる状況になりました。

工事時間は2時間半。

キッチン交換であれば換気扇の交換だけでこんなに時間がかかることはありません。

キッチン交換する時は天井や壁の一部を解体し、ボードを貼り直す工事やクロスの貼替も必要になります。

今回は費用を抑えるリフォームでした。

ミニキッチンの換気扇

以前工事を行った時のブログを見て連絡を頂きました。

ナショナル製のミニキッチンの換気扇です。

ダクト換気扇です。

しかし現行品のように真四角ではなく、長方形のダクト換気扇です。

会社に戻りPanasonicに問い合わせをしました。

ミニキッチンの型番から現行機種が分かると思ったのですが、甘かった…

当時のミニキッチンは換気扇はオプション設定なのでどの換気扇かは不明。

さらに困ったのは、ダクトの直径もΦ100なのかΦ150なのか不明とのこと。

以前ミニキッチンの換気扇を交換した時は割とすんなりと機種が判明したので今回もすぐ分かるだろうと思っていましたが意外なところに落とし穴がありました。

今回は見積書の中に調査費を入れさせていただきました。

天井裏のダクトの太さを確認する為です。

ダクトのある所の天井を開口しなければダクトの太さはわかりません。

ダクトの直径がわかった後換気扇の発注をしなければならないのです。

まだまだ未知の事が出てくるのだ、と思った次第です。

見積が通れば早めに解体する様にしたいと思っています。

エアコンは換気はできません

コロナ禍で「換気」の重要性が世間に浸透したと思いますが、

エアコンを可動していれば換気が出来ていると思っている方。

エアコンで換気は出来ません。

換気は換気扇を使いましょう。

1. キッチンの換気扇

キッチンの換気扇で中の空気を外に排出します。ただし、その分外から新しい空気を取り入れなければなりません。

  • 換気口のふたを開ける
  • 窓を開ける

のどちらかで空気の取入れをしましょう。

2. お風呂の換気扇

マンションでは24時間換気を建築基準法で義務付けています。

24時間お風呂場の換気扇が稼働しているのはそのためです。

平成15年7月に施行された建築基準法では「シックハウス症候群」対策の為、例えばホルムアルデヒドなどの対策として換気が義務付けられました。

3. 窓を開ける

夏は暑いし、冬は寒いのですが、換気で一番良いのは窓を開けることです。

私もそう言いながら辛いので、なかなか開けませんが、これからは開けるようにします。すると思います。。。

念の為に言っておきますが、ダイキン工業は吸気ができる「うるさらX」はあります。

その他のエアコンは涼しい風が来てもそれは室内の空気を循環させているだけなので決して新鮮な空気ではありません。

換気は大事です。

換気に関するご質問はこちらまで

室内のカビ

部屋の中にカビが出てくる。

例えば寝室の窓の木枠とか、リビングのサッシや窓の木枠が黒くなっていることがあります。

カビであることが多いです。

何故、お風呂場でもない所にカビが生えるのでしょうか?

結露が原因です。

冬場窓ガラスやアルミサッシに水滴が付着していることがあります。

部屋の暖かさと水分があることでカビが発生します。

カビがある場合はハウスクリーニングなどでキレイに取り除きましょう。

カビの量が多いと呼吸でかなりの量を吸い込むことになるので要注意です。

対策

一番簡単ですぐにできる対策は「換気」です。

窓を開けて室内の湿気を含んだ空気を外に排出し乾いた空気を中に取り入れることが一番良い方法です。部屋の空気を全て入れ替えることです。

冬、なかなかこういった換気は寒くてできません。

我慢することは避けて快適な状況で対策を打つなら換気扇で空気を逃す。

または暖房を石油ストーブ、ガスストーブではなくエアコンでする、などです。

これでも少し寒いかも知れませんが結露を抑えるにはある程度の我慢は仕方がないかも知れません。

その他、窓ガラスを複層ガラス(いわゆるペアガラス)にすることか、もしくは内側にもう1組窓を取り付ける「二重サッシ」にすると暖房効果も上がり、結露が少なくなります。

最近の建物は24時間換気が義務付けられていますので、結露はしにくい状況かも知れませんが、それでも料理や加湿器の使用、お風呂からの湿気などで部屋の湿度が高くなると冬は結露します。

木造や鉄筋コンクリートの場合や日光の当たり具合、生活スタイルで結露の場所や頻度がかなり違います。

ご自分の生活スタイルや建築方式、どこが結露しやすいか、などご質問をお寄せください。

空気清浄機はコロナウィルスの検証なし

結論

どのメーカーもコロナウィルスの検証はしていないようです。

空気清浄機もコロナ予防対策になるのではないか?

なるほど、調べてみるとウィルスを不活性化する空気清浄機があります。

パナソニックの「ジアイーノ」、シャープは「プラズマクラスター」など。

ちなみにヨドバシドットコムではほぼ売り切れ。

これらの空気清浄機はコロナウィルスに効果はあるのでしょうか?

薬機法があり表示できないようで、2014年に旧薬事法から改定されてかなり厳しくなっている為と思われます。

10年以上前までは「癌に効く」とか平気で謳っていたテレビショッピングなどもありましたからねぇ。

空気清浄機はそれなりの働きがありますから、コロナ対策にならなくても一日中部屋の中にいることも増えたので、空気を清浄してくれるのはありがたいことです。

ちなみに私は楽器の練習で貸しスタジオを使いますが、前の人の使い方と呼吸などが気になりますが、今や必ず空気清浄機がありますので、少し安心しています。

前の人が呼吸した部屋をそのまま使うのはやはりコロナウィルス以外の菌でも嫌ですからね。

今は必ず使用後換気をしてくれますので、空気の入れ替え+空気清浄機+除菌清掃があるので安心して使っています。

ご質問はこちらまで

コロナ予防対策に換気は必要?

5月25日、緊急事態宣言が全国的に解除になりました。

経済にとっては良いことだと思いますが、ウィルス感染に関しては要注意です。

今はコンビニもスーパーもレジの所にはビニールが掛かっていて飛沫感染予防対策をしています。

当初「飛沫感染」と「接触感染」だけで「空気感染」はしないのでしょうか?

どうやら「空気感染」もゼロではないようです。

密室で作業をしなければならないお仕事もあるでしょう。

もちろん、ビニールやアクリル板で仕切って飛沫感染を防ぐことは必要ですが、室内の空気も時間と共に汚れていきます。

換気も重要性を増しています。このような記事もあります。

さらに飛沫がどのように飛び散るかをシミュレーとした映像がこちらです。

これを観るとやはり換気は必要と考えられます。

窓を開けて、扉も開けっぱなしで空気を入れ替えるのが良い方法だと思います。

しかし、窓が開けられないビルもあるでしょう。

そんな時は換気扇を設置しましょう。

もちろん既にあると思いますが、これからの季節エアコンで冷えた部屋に外の30度を超える熱風は入れたくないですよね。

三菱電機の「ロスナイ」(登録商標)は排出される冷えた空気の温度を吸入する暖かい空気に置き換えて換気をするので、冷房効率(暖房効率)が非常に良い換気扇です。

特に事業者には「高機能換気扇の導入支援」なるものが環境省から発表されているので参考にして下さい。

弊社では過去に自然通気口にロスナイを設置しました。

空気は24時間常時入れ替えるので室内の臭いや空中の雑菌なども外に放出されます。

デメリットとしては換気するファンの音が気になる人もいると思います。

寝室は寝るのに気になる人もいるでしょう。

どこに取り付けるかは専門業者と良く相談した方が良いでしょう。

ご質問はこちらからどうぞ

トイレの換気扇から変な音が!

マンションの大家さんから「〇〇号室のトイレの換気扇が止まっちゃった。見てくれる?」と電話がありました。

まずは訪問先の情報を聞いて訪問します。型番や状況を確認です。

「実はお風呂の方の換気扇もダメそうなのです・・・」と訪問先のご主人。

一気に2台も寿命が来るなんて・・・

入居の方はおそらく我慢しながら「もうそろそろダメになるなぁ」と思いながら使い続けていたのかも知れません。

大家さんの負担になるからと思い、なかなか言い出せなかったようです。

モーターが動かなくなったまま通電すると熱を持ち、最悪発火しますので、我慢せずに交換をしましょう。

トイレの換気扇は埃が付着していることが多いので火が着きやすくなります。

火事になったらご自分だけでなく近所に迷惑を掛けますから・・・

交換した方が良いのかな?と思ったら質問して下さい。

キッチンのリフォーム

かなり年季の入ったキッチンをリフォームします。

レンジフードは浅型からスリム型に。

流し台と吊り戸棚はシステムキッチンにしてガスコンロはビルトインタイプに。

天井照明は最新のLEDに。

手元灯は超極細のLEDに。

壁のタイルはキッチンパネルに。

床のクッションフロアは白い石目調に貼替ます。

タイルはピンクのタイルからホワイトのキッチンパネルに。

水切りがなくなりワークトップ(天板)に水栓(蛇口)が取り付けられて使いやすくなっています。

もちろんリフォームしたのですから美しくなっています。

使いやすさも向上しています。

レンジフードは薄型を採用しお掃除が楽になっています。

お掃除するのも清流板を外してその周りをお掃除するのも拭きやすくなっています。

タイルではなくキッチンパネルなので目地に油がこびりつくことはありません。

手元灯は特注品ですが、巾が90センチ強あるのでシンクから調理台まで明るく照らします。

ガステーブルを買ってきて設置をしていた頃はガステーブルの下は油だらけでしたがビルトインなのでそう言う面倒臭さはありません。

古い流し台と違い引き出しはローラーが付いていてスムーズです。

コンロの横には調味料を入れる引き出しもあります。

新しいキッチンはクリナップのラクエラです。

扉の柄はカフェモカで、この部屋の他の建具と同じ木目調です。