寒い部屋は窓のせい?【手軽にできる対策もあります】

窓からの冷気が入ってくる

全ての原因が窓にあると言う訳ではありませんが、窓から冷気が入ることは壁に比べて大きいのは一目瞭然でしょう。

特にアルミサッシで一枚ガラスは外の冷気が直接部屋の中に入る入り口です。

アルミの熱伝導率は非常に高く真冬窓のアルミを触ると本当に冷たいことがわかります。

ついでにガラスも触ってみてください。ガラス1枚だとその熱伝導率が高いこともわかると思います。

部屋の暖かさは窓から出ている

熱伝導率が高いと言うことは部屋の暖かい温度は外に出て行っています。

「熱量保存の法則」を考えると寒さが入ってくる分暖かさが出ていくのは中学校の時に習った通りです。

せっかく温めた部屋も温度が上がらないのはどうやら窓が一番のロスポイントのようです。

暖かさを保つには

  1. 市販の断熱材を貼る
  2. ガラスを複層ガラス(ペアガラス)にする
  3. 窓の内側にもう一つ窓を設置する
1. 市販の断熱材を貼る

● 市販の断熱材を貼るのは一番手っ取り早くて安価な方法です。

 ニトムズ 窓ガラス 断熱シ-ト フォ-ム 10M 水で貼れる 結露防止 幅90cm×長さ10m 1枚入 E1534などがありますので参考にしてみてください。

● 厚手のカーテンをつるす

 カーテンを吊るすのも1つの手です。メーカーではその設定はありませんが、窓とカーテンの間の隙間を出来るだけなくすことで空気層を作れれば多少解消すると思います。(厚手で裏地があり丈の長さが床で余る位、できればカーテンボックスがあるとなお良いと思います)

2. 複層ガラスにする

 複層ガラスにすると熱効率がかなり良いので外からの冷気も部屋からの暖気が逃げることが少なくなり、かなり低減できます。

既存のサッシのガラス(単板)を複層ガラス(ペアガラス)に交換すると言うやり方もあります。

サッシ枠だけ残してその上から新しく枠を取り付けて新しい窓を取り付ける工法があります。カバー工法と言いますが、この方が断熱をより意識した造りになっています。

いずれのメーカーも樹脂を採用していて部屋内には樹脂で断熱性を確保しています。

注意点として、戸建ての場合は全く問題ないのですが、マンションは窓は共有部なので管理組合の許可なく勝手に窓交換をすることはできません。

メリットとしては断熱性能がかなり上記3つのうち一番効果が高いことと見た目も綺麗です。ただし最も高額になります。

3. 窓の内側にもう一つ窓を設置する「二重サッシ」と言う考え方

今あるサッシ枠を利用して部屋側にもう一組窓を設置する工法です。

これらの製品はどのメーカーもアルミではなく樹脂サッシです。樹脂にすることによって熱伝導率を極端におさえます。

結論

1.安価で手軽に対策できる

ニトムズ 窓ガラス 断熱シ-ト フォ-ム 10M 水で貼れる 結露防止 幅90cm×長さ10m 1枚入 E1534や厚手のカーテン。

安価で出来ますが、断熱性は低いです。

2.二重サッシ

次に工事が必要になりますが二重サッシ。

断熱性はかなり高いですが、サッシが二重になるので開け閉めが面倒くさくなります。

3.カバー工法のサッシ

最後に一番美しく効果が高いものが窓ガラスとサッシを新しくするカバー工法のサッシ。冬に起きる結露もかなり防いでくれます。

価格は高いですが、断熱効果が高く美しいです。さらに面倒くささはありません。

上記「カバー工法」と「二重サッシ」は夏の酷暑の時の外の熱気を中に入れない効果もありますので、今や1年の大半を閉める夏と冬の光熱費を考えるとかなりの恩恵があると思います。

参考としてご覧ください

これらがどれくらいの効果があるのか数字として(2.と3.について)説明があります。

広告を含んでいますが数字などがありその効果がわかりやすくなっています。

寒さ他の原因

長年リフォームの仕事をしていますが以下のことが原因の場合もあります

  • 断熱材が少ない、もしくはない
  • 床下が空洞の場合は寒さが床から来ます
  • 隙間がある
  • など

私は経験として「二重サッシ」が価格的にも断熱効果もお勧めです。

ドラム式洗濯機に買い替える時気をつけなければならないこと

ドラム式洗濯機をご検討の方は是非読んでください。

新しくドラム式洗濯機を買って納品された時に困ってしまうこと2点です。

水栓の位置

今までの洗濯機の高さに合わせて水栓は概ね110cmの高さにあります。

しかし、ドラム式洗濯機は高さがあるので洗濯機置き場がギリギリだと水栓に当たってしまいます。

洗濯機排水ホースの問題

既存の洗濯機パンの形状にもよりますが4隅が高くなっている洗濯機パンでない場合は排水ホースを排水に差し込むのに苦労します。

それだけでなくホースが洗濯機で押し潰されてしまいます。

工事が必要

つまり水栓の位置を高くする(できれば135cm)ことと、洗濯機パンをドラム式に対応したものに替えること。

いずれも水道配管工事が必要になります。

以下の工事項目が必要になります。

  • 水栓の位置を上げるには壁を壊して配管を延長し、壁を元に戻す
  • コンセントの位置も上げる必要があるかもしれません
  • 洗濯機パンの排水位置に合わせて排水管の接続をし直す
  • 壁を元通りに戻したら壁紙を新しく貼り替える
  • 洗濯機パンを新しくしたら床のビニールシートを貼り替える

工事をしなければドラム式洗濯機は設置できないのか?

と言うと工事がゼロではありませんが、水栓交換以外はナシでできる可能性もあります。

水栓のみを交換するのであればカクダイ 洗濯機用水栓 ストッパーつき 732-000-13で対応できれば壁を壊す必要はありません。

また洗濯機パンは、洗濯機の脚の下に置く台があります。

因幡電工(INABA DENKO) 洗濯機用防振かさ上げ台 ふんばるマン OP-SG600 ホワイト、洗濯機かさ上げ用台です。

台は4個あるので洗濯機の脚の位置に置けば排水ホース用の空間が出現する優れものアイテムではあります。

ただ何しろドラム式洗濯機の重さは80kgはあるので1人では設置するのは無理で脚用の台が何かの拍子にズレてしまったらもう一度やり直しをしなければなりません。

もう一つの代替の水栓ですが、接続を自分でやろうと思ったら水漏れに注意してください。

この水栓に替えて微量ながら水漏れがあった事例があります。

微量なので気づかなかったのですが、水漏れだとわかるまでに7ヶ月を要してしまい、カビが発生してしまいました。

でも頑張れば工事なしでドラム式にできるので検討してみては如何でしょうか?

私だったら漏水は是非とも避けたいしその後の復旧費用を考えると工事をしておいたほうが良いと思います。

便利になるとそれだけ付帯する費用も発生してしまうのは仕方のないことなのかもしれません。

お風呂のお湯がすぐ冷めてしまう

今日は全国的にかなり寒く、できることなら温泉に浸かりたい。。。

お風呂に時々温泉の素を入れます。

別府の温泉で「湯の華」と言うものです。

別府は温泉が豊富に湧き出る地域です。

地面から湧き出た水蒸気を冷やして乾かすと温泉の成分が粉末で抽出できるのでそれを取り寄せています。

お風呂に湯を張り終えたら温泉の素を入れます。

ただ、お風呂が割と早く冷めてしまうので、すぐに追い焚きをします。

浴槽が冷え切っていてさらに浴室内も冷え冷えなのですぐに温度が下がってしまうのです。

こんな時は魔法瓶浴槽はうらやましく感じます。

体が冷えていることもあり、せっかく暖かいお湯なのに入るとすぐに冷めてしまうのです。

なのでまた追い焚きをします。

それでも5分位時間が経つとぬるめになってしまう。

こんな時はTOTOの魔法びん浴槽が効果的なようです。

ちなみにLIXILも保温のできる浴槽のサーモバスSがあります。

ただ、LIXILは形状の種類が豊富ですので、大きさや姿勢、お湯の量の節約などを重視する方にはLIXIILの方をお勧めします。

ユニットバスのご質問はこちらまでお願いします。