真夏のエアコン交換

関東は昨晩から今日未明に掛けて台風が猛威を振るっていました。

ここ川崎市では朝7:00には台風は過ぎ去っていました。

ただし、交通機関は始発から運転を見合わせていました。

午前中にはある程度の路線は再開したのではないかと思います。

一方、車の方は東名高速や第三京浜が通行止めになっていたせいか至る所で大渋滞。

国道246号線は先頭は多摩川付近、最後尾は座間市あたりまで(約30キロ)。

しかも上下線とも。

そして台風が去ると今度は猛暑が襲ってきました。

天気予報では今日の東京では36.2℃まで上がったようです。

そんな猛暑の中、エアコンの取り付けを行いました。

現場には普段なら30分程で行ける所なのですが、今日は1時間半掛かりました。

こんな時は本当にエアコンのありがたみを感じます。

取り付けが終わって試運転を行う時は至福のひと時です。

ガス漏れのチェックを終え、次はドレン水の漏れがないかを試運転をしてチェックします。

両方とも問題はなかったので終了です。

外したエアコン。

今日は猛暑でもありましたが、台風が運んで来た湿気があったので脱水症状に気をつけながら工事をしました。

こんな時はエアコンを躊躇なく稼働させ快適な環境にしましょう。暑いままにしていると死に直結します。

ニュースでも情報番組でもやっていますが室内が一番脱水症状を引き起こすので呉々もご注意下さい。

エアコンの交換

先日ブログでも記載しましたが家電量販店のY社でエアコンを買ったお客様。工事する前に下見で来て電線が足りないので電気工事業者に依頼して延長して下さい、と言われて弊社が延長しました。

ところがいざ取り付けに来たY社の業者は取付出来ない、と。

もう一つの電線が延長されていないからとか何とか…

で、出来ないのでと言う理由で取り付けずに帰った。

そんな状況で結局弊社に取付依頼があり、今日終わりました。

今日は画像はありませんが協力会社の電気工事士に頼んだのですが、事情を説明して何かが足りないような事をY社から来た業者は言っていたと伝えていたのですが…

何も問題なく取り付けたと連絡が来ました。

結局何がダメで帰ったのか未だに不明。

隠蔽配管だったからやりたくなかったのかもしれないな〜と推測しています。

また、今日別のお客様からお電話を頂き「田辺さ〜ん、エアコン壊れちゃったんだよ。来週の半ば以降でみに来てくれる?」と。

どうも15年位使っていて何とか今年の夏は乗り切ったから良かったんだけど、ここへ来てとうとう動かなくなったとおっしゃってました。

機器はだいたい10年が一つの目安になります。

エアコンは動かなくなってしまってもしばらくは我慢出来ますが給湯器は突然壊れると、特に冬は、何とも寒さが増す気がしますよね。

今日壊れて明日交換と言うのが仕入れの都合上出来ないので10年を過ぎたら早めの交換をお勧めします。

エアコンの話に戻りますが、今日お電話頂いたお得意様は夏を乗り切って壊れるとは何と忠実な機械だと思わざるを得ません。

何故か?

それは私の家はあの一番熱い時に壊れたからなのです。地獄のような寝付けない夜を過ごしました。

もう秋になり何だか遠い昔のような気がしています。