ユニットバスリフォームの工程5日め

いよいよ最終日になりました。

最後はクロスの貼り替えと床の貼り替えです。

脱衣場イコール洗面室だと思いますが、1日めに壁を壊しています。

4日めに大工工事でユニットバスの扉用「枠」を組み込んで、壊れた壁は復旧しています。

5日めは内装工事です。

壁紙と床材は事前に選んで頂いた物を貼ります。

壁紙は白っぽい柄が主流ですが、落ち着いた雰囲気を出す為に淡いベージュなども好まれます。

床材のCF(クッションフロア)を選んで頂く時、良く言われる事があります。

汚れが取りやすい物が良い、と。

以前のCFは細かい穴が無数にあり、そこに汚れが入り込んで黒くなります。

すると全体的にうすよごれて見えるから真っ平な素材が良いと言われる事が多いです。

床材は石目調が多かったのですが最近は織物調の柄もあるので、冬は石目調は寒く感じる為、織物調も好まれるようになっています。

内装工事が終わるとユニットバスのリフォーム工事は完了です。

ちなみに、ユニットバスを交換する時、洗面化粧台や洗濯機パンを一緒に新しくする事が多くなってきています。

私たちもできる事なら新しくすることをお勧めしています。

何故かと言うと、もちろん予算もあるのですが、お風呂や脱衣場の内装が新品になります。

すると人間の目は古い物と比較するのです。

どうしても古い物の方が目立つと言いましょうか、気になるのです。

半分くらいのお客様は「やっぱり洗面もリフォームしておけば良かった」と言われるのです。

これは事前にお伝えしているのですが、聞くのと実際に目の当たりにするのはかなり違うようです。

特に洗濯機防水パンはリフォーム前にはさほど気にならなかったのがかなり古さが目立つのです。

出来れば洗面室内もご一緒にリフォームすることをお勧めします。

ユニットバスリフォームの工程3日め

ユニットバスリフォームの3日め。

朝、ユニットバスを積んだトラックが到着します。(かなり早めに着いて待機してる事が多いです)

ユニット組み立て業者もやがて到着します。

マンションなので8:30頃から搬入を開始します。(既に共有部、エレベータは養生をしているのですが、それでも細心の注意を払いながら運びます)

9:00、作業開始。

ユニットバスの床材をある程度組み込んだら一旦組み立て屋さんは一時待避して、水道屋さんが排水管と接続します。

終わったらまた組み立てを始めます。

ほぼ丸一日掛かって組み立てが終わります。

たまに早めに組み立てが終わった場合、

  • 換気扇のダクト接続
  • 換気扇と照明の電気接続
  • 給湯器のリモコンの再取り付け(リモコン線の接続)

を行います。

組み立てが17:00頃に終わった場合は翌日に上記の電気工事を行います。

この日はお風呂は使えません。

ユニットバスからの漏水がないように隙間(規定の箇所)にコーキングを施します。

このコーキングは最初はボンドのように柔らかいのですが、徐々に硬化し始めます。硬化の途中で触ったり水をかけたりすると漏水の原因になるからです。

これで3日めの工事は終了です。

ユニットバスリフォームの工程1日めと2日め

お風呂をリフォームする時どんな工事をするのでしょうか?

私達は日頃からリフォームの仕事をしていますので当たり前のことなのですが、お客様が何が分かっていて何が分からないか、があまりよく分かっていないのです。(こんなことが分からない、などのご質問はドンドンお寄せください)

「何日掛かるの?」「どんな工事をするの?」「何を用意すれば良いの?」などをマンションにお住まいのケースでお伝えします。

最初に養生をします。(共有部(玄関ホールから廊下やエレベータ内)に養生をします)部屋の中も傷つけないように養生します。

お風呂を壊します(解体工事)。

※この時水を止めますので、台所、トイレなど水を止めるので2〜3時間程度使えなくなります。

※お風呂を解体しますので事前にお風呂の中の物は全て出しておいてください。できれば脱衣場の物も避難させて下さい。(解体で埃が出る為)

騒音が出て埃も出ます。終わるとお風呂のあった場所が空っぽになります。

壊したお風呂は廃棄処分業者に引き取ってもらいます。

壊し終わったら「墨出し」と言って新しいお風呂の位置決めを数ミリ単位で行います。

この「墨出し」は配管をしなければならないので水道職人とユニットの組み立ての職人との打ち合わせです。

何をするのかと言うとユニットバスのコンクリートの床に置く為の脚があります。

水道の職人が排水管や給水給湯管(※追い焚きがある場合は追い焚き用の管)を新しいユニットバスに合わせて配管し直しますが、配管と脚の位置が重ならないようにするのが重要なポイントです。

また入り口の位置の確認(古いユニットバスと新しいユニットバスの入り口の位置が異なる為)をし壁を入り口よりも大きく解体しておかなければユニットバスが組み立てられないのです。

※お風呂はこの日から入れなくなります(ユニットバスの組み立ての日まで3日間は入れません)

2日め

1日めに墨出しをした位置に合わせて配管をやり直します。

特に古いユニットバスと新しいユニットバスの排水の出方向が違ったり配置の位置が違ったりするので、慎重に行います。

排水管は3日めにユニットバスと接続しますので、これがダメだとユニットバスいが組み立てられません。

もう一つ重要な作業があります。

古いユニットバスは入る時、またいで入るのが多かったと思いますが、今は殆ど脱衣場とユニットバスの床がフラットになり「またぐ」ことはありません(※建物の構造上フラットにならない場合もあります)

この構造の違いを解消するために組み立て前に脱衣場の床を少し延長する場合があります。

ユニットバスの組み立ての前に空っぽのところから木組みをしておくことができるのがこの2日めです。

1日めの解体が思ったよりも早く終わり「墨出し」も早く終わった場合1日めに配管の移設工事(前述)と床の延長などを行うことがあります。

この場合、2日めは工事が行われません。

※ただしこの2日めが無いと何か問題があった場合ユニット組み立てができなくなりますので、何も工事が無いのなら組み立て工事を1日早くすれば良いではないか、と思うかも知れません。しかし実際に問題が起こった場合は組み立て工事を1日後にすることが出来ないので、少なくとも2週間から1ヶ月工事がストップする可能性もあるので、必ず2日めが必要なのです。

ユニットバス交換1(TOTO,WHシリーズ)

ユニットバスの交換工事です。

画像は現在使っているユニットバスです。解体前です。

入口の右に見えるのは洗面化粧台です。こちらもリフォームします。

このリフォームに伴い内装(壁紙や床材)も新しくします。

工程は1日め解体と墨出し(図面と照らし合わせてどこにユニットバスの脚がくるか、それによって給水給湯管及び排水管の位置を脚に邪魔にならないようにする為の位置を書き入れます)をし入念に打合せをします。

2日めが配管(上記の墨出しに基づいて実際に配管工事を行います。3日めのユニットバスの組立前に給水、給湯、排水(追い炊きがある場合は追い炊き用の配管も必要)を行います。

3日めがユニットバスの組み立て(隅出しに基づいて組み立てを始めますが扉位置を後で取り付ける枠のことを考慮して一番良い位置に調整します)です。

※照明器具、換気扇が使えるように電気工事、換気扇は排気出来るようにダクト管を接続、ユニットバスと配管した水道の管を接続すればユニットバスが使用できますが、まだコーキングの硬化が完全ではない為使用できません

4日めが壁の復旧と扉枠の設置と言う大工工事。(この日から使用できます)

5日めに内装工事と洗面化粧台の取り付け。

と言う流れになります。

解体しているところです。(かなりの騒音が出ます)

マンションですので躯体(コンクリートの壁)が見えます。

また洗面化粧台も解体もしました。

この後メーカーの担当者と水道屋さんで打合せをしながら墨出しをが行います。

翌日配管工事を行います。

この続きはこちら