雨漏りしないように外壁塗装は重要です

外壁塗装の広告が目につく昨今です。

外壁塗装って必ずしなければならないのでしょうか?

絶対にするべきです。

塗装の塗膜で外壁から雨が染み込まないようになります。

塗装したての時は水をはじく力がありますが10年を過ぎると紫外線にさらされる為その力が低下します。

つまり膜を張って雨対策をしているのです。

もう一つ重要なのは、塗装面だけではなく外壁材の継ぎめにはゴム状の(硬化したら)シーリング剤(コーキング剤)です。

外壁材の継ぎ目(隙間)から雨の浸入を防ぎます。

外壁塗装には塗装とシーリングが必要です。

画像は庇(ひさし)と外壁の間に隙間があります。

これは雨漏りの原因の一つです。

階の高い位置でこれがあるとこの下の階の天井や壁に雨漏りが出ることがあります。

外壁の塗装はこういう雨漏りの原因になる箇所はキチンと補修をした後塗装をして欲しいものです。

塗装をして5年も経たずこう言う箇所が出たり、目に見えなくても窓周りは必ずシーリングと塗装はしっかりして欲しいものです。

ただ単に塗れば良いとか、ただ単に安ければ良い、ではダメだと私は思います。

家を建て替えるのは簡単ではありません。

長く住ためにはメンテナンスが必要で、建物の知識を持った(建築士など)有資格者が点検をした方が良いと思います。

金額は少し高くなってしまいますが、雨漏りを起こされることを考えると結果的には安上がりにはなるのは事実です。

塗り替え・シーリングの目安

塗膜は手のひらで外壁をこすってみると塗料のはずなのに粉が手につくはずです。こうなると塗り替え時期を過ぎています。

粉が手につく前に塗り替えするのが本当は家を長持ちさせるコツなのです。

シーリング材はある年数を超えると痩せてきます。

痩せる前に打ち替えをしないと雨漏りの原因になります。

この2つの限界になるのが15年と考えます。

可能であれば10年で塗り替えをお勧めしますが、最長で15年と覚えておいて下さい。

それ以上になると知らない間に雨が外壁内に入っている可能性は大いにあります。

雨漏りが起きてからでは工事費用もかなり高くなってしまいます。

外壁塗装工事に関するご質問はこちらまでお願いします。

塗装の色、直前の変更は可能か?

昨日の記事で門扉の塗装について書きました。

昨日の作業終了後お客様が「選んだ色が思ったより派手なので変更したい」とのご要望がありました。

色を取り決めたのは2週間前です。

職人が色を調合し直して対応してくれ下の画像のような色に変更しました。

外壁塗装の場合、一斗缶単位でメーカーに塗料を発注します。

100平米以上の面積なので職人が調合すると時間が足りなくなるので、メーカーに色番号を伝えて発注します。

今回は門扉だけの塗装なので、面積も小さく職人が対応しました。

本来は調合の問題があるので変更はお受けできないのですが、時と場合によって対応しますが、前述のように一斗缶(18リットル缶)で20缶発注するとこれは返品が出来ませんから、買い取って頂くことと、予定していた日程分の人件費の請求をしなければならなくなります。

色の変更は意外に各所に無駄が生じます。

今回は対応できたので良かったと胸を撫で下ろしています。

外壁の塗装について「色はどんなものを選ぶべきか?」「工事の日数は?」「価格は?」などのご質問はこちらへどうぞ

屋根塗装

塗装は何の為?

外壁塗装は10年に1度は行いましょう、と言いますがなぜなのでしょうか?

外壁と同様屋根も外壁と同じタイミングで行います。

これは鉄板の屋根ですが、ご覧の通りサビています。

塗膜

塗装は幕を形成し、素材を保護します。

鉄ならサビから保護し、外壁なら紫外線から保護します。

いずれの場合も「酸化」を防ぐ為です。

これに色を付けてデザインが出来ます。

塗るだけではない「保護」と言う効果があるので塗装が必要なのです。

10年に1度を推奨

塗装して10年経過すると塗膜も酸化します。

それ以前に鉄板屋根などはかなりの高熱になりますので塗膜が剥離する事も多いです。

素材に幕を張る事で素材の酸化を遅らせるので外壁にしても屋根にしても延命出来ると言うからくりです。

ただ、そのまま放置すると素材そのものが酸化が普通の速度になるので、長持ちしなくなると言うわけです。

屋根の塗装

一戸建ての木造家屋のコロニアルの屋根は黒が多いのでそのまま黒にすることが多いです。

コロニアルは黒でも良いのですが、鉄板の屋根は黒だと熱を吸収してしまいますい夏は灼熱になり室内にかなりの高温をもたらします。

また灼熱になる為塗膜も剥離してしまいます。

このような理由から、明るい色を使う事が多いです。

10年に1度をお忘れなく。長持ちさせるための方法です。

断熱塗料ガイナ

一般的な外装塗料ではなく、遮熱効果のある塗料もあります。

光熱費が抑えられるのでこの塗料でペイントすることもあります。

2019年4月に断熱塗料「ガイナ」メーカーの(株)日進産業に行ってきました。

鉄板にガイナを塗布し下から熱を持つ電球(レフ球)で照らして氷の解ける時間を確認しています。

撮影が上手くありませんが、氷の解ける速度の違いが分かるかと思います。

向かって右側の鉄板の下側に「ガイナ」を塗布しています。

結論:外壁塗装は10年に1度は建物を長持ちさせるために行いましょう。

お問い合わせはお気軽に

電話:0448611126

メール:mt@kaiketsu-kobo.com

解決工房、田辺まで

断熱塗料「ガイナ」2

「ガイナ」以外の断熱塗料

各メーカー断熱(遮熱)塗料があります。

関西ペイント「アレスクール」

ロックペイント「シャネツロック」

エスケー化研「クールテクト」

日本ペイント「サーモアイ」

断熱塗料は太陽光を鏡の原理で光を反射させて温度を下げるもの。

外の空気や直射日光と建物の間厚めの層を作って熱伝導率を低くすると言う考え方のもの。

と言う塗料が多いのですが「ガイナ」はそれとは違うものです。

「ガイナ」の断熱原理

「ガイナ」に含まれるセラミック微粒子が入っていることで「光」ではなく「熱」を反射させます。

分かりやすいのは学校の屋外のプールサイドのコンクリートの上ははだしで歩くと熱いし火傷をしそうになるはずですが、ガイナはその心配がありません。

もう少し分かりやすく言うと炎天下鉄板の上は裸足では歩けませんが、5センチの厚さの発泡スチロールを置けば裸足でも歩けるというイメージなのです。

ガイナは塗る断熱材と言った方が分かりやすくなるかもしれません。

「ガイナ」の特徴を映像でご覧ください。

  • 断熱
  • 保温
  • 防音
  • 消臭

などの効果があるのが分かります。

これは塗料というよりもセラミック粒子を塗っていると言った方が良いと思います。

「ガイナ」のデメリット

  • セラミック粒子が60%なので、透明な塗料が出来ない
  • 「ガイナ」塗膜が厚くなり塗装する時の施工方法に注意が必要
  • 価格が他の塗料に比べて高い

結論:断熱効果、保温効果、防音効果を考えると「ガイナ」をお勧めします

ご質問はお気軽にどうぞ

メール:mt@kaiketsu-kobo.com

電話:0448611126

解決工房、田辺まで

雨樋の交換

雨樋の一部が割れていた、と外壁の塗装屋さんから報告がありました。

外壁の塗装と同時に雨樋も塗装をしていましたが塗装の時に割れが見つかりました。

エルボの割れです。

私も時間がなく、塗装屋さんから報告を受けて5日経過しての交換です。

交換後の状況。

左が割れのある古い物で新しくした樋は色が少し違うのが分かるでしょうか。

この後、塗装をしてもらいました。

塗装後。

明日足場が解体されますので、ギリギリセーフでした。

外壁塗装

外壁の塗装工事も大事な工事の一つです。

戸建ては外壁を雨から守らなくてはならないので塗装が必要ですね。

また、ベランダの防水も重要です。

またサイディング(外壁材)の継ぎ目はシーリングが必要でこれもまた雨から家を守る役割を担っています。

今回はサイディングの柄をペンキで塗り潰すのではなく、透明な塗料を塗りサイディングのレンガ調のデザインを残すことにしました。

ベランダには石を敷いていましたが撤去。

石の下は汚れが堆積しています。

高圧洗浄で汚れを除去します。

外壁の塗装工事、屋根の塗装工事、ベランダの防水工事、サイディングのシーリング工事がセットになりますが、この工事を行うには足場が必要です。

足場がかなりの金額を締めますが、足場がないと出来ないのです。

外壁などの工事は概ね10年に一度行う事が家を長持ちさせる秘訣です。

特に新築から外壁が塗装の場合は10年経ったら絶対に塗装工事はすべきです。

雨など水が浸入しないように保護をしておかないと木造住宅は木が腐ってしまいますし、家具などにも被害が及びます。

もう一つは湿気を好むシロアリが発生するケースもあります。

雨漏りは経験しないと他人事と思ってしまいがちですがいざ自分の身に降りかかるとかなり慌ててしまいます。

意外に思わぬ所から雨漏りが発生しますので気が動転するケースがあります。

そんな時慌てて工務店やリフォーム会社に依頼すると調査に時間がかかり、内装を剥がしたりしなければならず費用も思った以上に掛かります。

また私の経験から言うと内壁に雨漏りがあっても必ずしもその真裏の外壁に原因があるとは限りません。

内壁の横桟、間柱を伝ってきて水が出る場合が割と多いからです。

注意点を挙げて説明しましたが外壁をしっかり保護していれば雨漏りの心配はなくなります。