エアコンの電線が短い⁉️(連絡線、渡り線)

量販店でエアコンを買ったのに取付してくれなかった!?

 

お客様からエアコンを取り付けたいが「線」が短いので延長して欲しいとの依頼が入り現場調査に行ってきました。

ただ電話で「線」と言われてもコンセントまで来ている壁内の『電線』のことかそれともエアコン本体の『電線』のことなのかよく分かりません。

お客様に確認してみると「量販店でエアコンを買いました。取付前に現場を確認したいと言って業者が先ほど来て「線」が短いので、延長を電気工事店に依頼して延長してください、と言われたのですが・・・」(お客様も内容がよく分からないような雰囲気でした)

電話だけの情報から推察するとエアコン用のコンセントが取付位置の近くになく、床に近いコンセントまでエアコンの電線がとどかないので延長をして欲しいと言う意味だと思いました。

しかし、訪問して現場を見てみるとそうではなかったのです。

マンションで多く見られる隠蔽(いんぺい)配管で、室外機を設置するベランダから遠い洋室はエアコンを設置できなくなるので、マンションの場合壁の中にあらかじめ冷媒管を配管をしており、新たにエアコンを設置する場合、その配管を使うのです。

また冷媒管の他に室内機から室外機に電源を供給するためのケーブル(電線=渡り線もしくは連絡線)も冷媒管と同じよう配線されています。

室内機と室外機は冷媒管でガスを循環させケーブルで電源を供給しなければ機能しません。

しかしこのケーブルが少しだけ短い。

それなら、単にFケーブル(電線)を延長すれば良いだけの話をなのですが、量販店のエアコン工事の人は標準工事以外はどうもやらないみたいなのです。

今回の依頼は『隠蔽配管のFケーブルが短かいので、延長してほしい』と言うことです。

エアコン工事はやるけどケーブルの延長工事はやりませんので電気工事店に依頼して下さい、と言うなんとも不思議な内容でした。延長すれば済む話だと思うのですが、電気工事士の免許を持っていないのかも知れません。

モールや露出用のコンセントボックスなどを用意して訪問しましたが、全くの見当違いでした。

本来、エアコン工事はまず現場を確認して見積を提出し了解を得た上での工事をやるべきですが、量販店の為、エアコンを売っておいて工事は二の次、三の次になるので、こう言うおかしな状況になってしまうのかも知れません。

エアコンを量販店で買うと工事とパック料金になっている。でも量販店では電線の延長工事は出来ないので「電線の延長」を当社に依頼されたようです。

そして驚くべきことに量販店の業者が取付に来たのですが、結果取付をしないで帰って行ったようです。

推測するに隠蔽配管の場合時間も手間も掛かりますので出来ないと言って帰ったと考えられます。

販売する量販店と取付を依頼される業者との間で意思疎通が図られていなかったのでしょう。

最後に付け加えておきますが、拙ブログのバックナンバーにもありますが、量販店のエアコンは私達のリフォーム店や電気店に入る製品よりコンプレッサーの出力が小さいことが多いのでお気をつけ下さい。

特に室外機が1階で室内機は3階の場合はコンプレッサーの容量が小さいと、ガスを送るコンプレッサーの能力が弱く効きが悪くなります。

また、機械なので常時フル稼働させると寿命も短くなり、結果的にあまり安くない買い物になりますのでご用心を。

※量販店のエアコン工事をしている方からコメントが入りました(どこのどなたかは明記されていませんでしたが)。それによるとメーカーの指定により延長が出来ないのだとのことでした。延長をしない、と言うことは壁や床を剥がして配線を新たに入れ替えなければなりません。メーカーはそれを推奨していると言うことでしょうか。

One Reply to “エアコンの電線が短い⁉️(連絡線、渡り線)”

  1. ピンバック: 高所のエアコン工事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です