床のギシギシ音

部屋の中を歩いていると「ギシギシ」とか「ギー」とか「ギュッ」とか時には「パン!」など床が鳴る時があります。

これを床鳴りと言いますが、直るか直らないかと言えば直ります。

しかし直すのには簡単なケースからかなり大掛かりな工事になるケースまであります。

簡単な場合はビスを1本打っただけでなくなる事もあります。

しかし、ビスを打てば打つほど余計に床鳴りが激しくなる場合もあります。

また、マンションで廊下からリビングまで何の切れ目もなく(見切り材が入っていない場合)フローリングだとビスを打つ事も出来なければ切る事も出来ない。

つまり補修の跡が分かるようなやり方は出来ないのです。

こう言う場合はフローリングとその下地である合板までを全て剥がして張り替えなければならなくなり工事期間も工事費用もかなり膨らみます。

今回はマンションの2箇所で床鳴りがありましたので修復工事です。

ちょうどキッチンの入り口の木枠のすぐそば。

入る時も出る時も必ず足を踏む箇所。

それからトイレ。

これも一番踏む所なのでトイレに入る度気になります。

キッチンの床を開けて根太を調整します。

床鳴りの原因は人が乗る度に根太がたわむこと。

根太を支える支柱がないので、数カ所入れました。

剥がした板を戻して同じ箇所を踏んでみて確認。問題なし。

トイレも合板を剥がして根太に支柱を入れてから板を戻してます。

この床鳴りは床屋さんがCFを貼る前に気がついて私に情報をくれたので良かったのです。

床材を貼った後に床鳴りが発覚するとせっかく貼った床材も剥がす、板も剥がすなどの手間が増え、修正した後また下地工事、床材の貼り工事が二度手間になってしまうのです。

何はともあれ早めに教えてもらって助かりました。

お客様も喜んでくれると思います。

今回は修正の後CFを貼るので問題なく修正工事が出来ました。

これが全てフローリングだとこんなに簡単にはいきませんから…

押入れ底板の張替

押入れの底板なのですが、古くなると、荷物を置く度にギシギシ音がします。

それだけならまだしも、この物件は中棚がない為人が乗るようになりますので、かなり沈みギシギシ音がして、且つ「しなる」ので「いつ抜けるんだろう?」と不安になってしまいます。

そこで底板を張り替えることに。

最近の物件ではないと思いますが、ベニヤの厚みが3㎜の場合、4㎜の場合、5.5㎜の場合もあるので、まずは厚さの確認です。

穴は板の厚みを測るので開口した跡です。

張替した後です。

新しい板は5.5㎜のベニヤです。これで乗っても安心ですし、重い荷物を置いても大丈夫です。

歩くと床からきしむ音がする

部屋の中を歩くと床がキュッとかギュッとか嫌な音がする。

いつも歩いていると同じ所で鳴りますよね。

例えば洋室から出た所の廊下とか、洋室に入って1歩めとか…

床鳴りは不愉快ですが、機能的に問題があるわけでは無いのでそのままの方も多いと思います。

床鳴りは大まかに2種類あります。

床板と根太を固定している釘が錆びて痩せてしまい上下に擦れてしまう時の音のケース。

これは床板が根太(下地の角材)が支点になりシーソーのようになっていて、例えば右足と左足に交互に体重をかけるとギシギシと音がする場合です。s

板と板の継ぎ目が擦れた時に鳴るケース。

後者の場合は継ぎ目を広くしてあげれば擦れないので鳴らなくなるので比較的簡単ですが、前者の根太に刺さった釘が原因の場合、困難です。

何故なら痩せた釘が原因なのですから、複数箇所あるし、今後も同じような状態になる可能性が高いので、殆ど全部の床を剥がして新しいフローリングで張りなおさなければ直りません。

今回はCFの上から修復の跡が分かる所での床鳴りで、且つ体重をかけると沈むのが分かる位でした。

他は鳴らないので沈み込む所を開口します。

中を見ると修復箇所の根太がスラブから浮いています。

これでは床が沈み込む筈です。

そこで根太が沈み込まないように手当てをしました。

修復した後、このまま塞ぎました。

これだけでも当たりをつけて開口するまでに小一時間かかっています。

(無闇に開口しても意味がないですからね)

これで床鳴りは無くなりました。

この現場は昔どなたかが修復した跡があり、そこが原因だったので分かりやすかったのですが通常だと床を全部張替が必要です。

床のきしみ音の解消はなかなか一筋縄では解消できません。

床のキシミ音

歩くと床がギシギシ。

これ、できる所と出来ない所があります。

画像(CFを剥がしたところです)は洗面室なのですが、CFなどの箇所は問題なく出来ます。

所がフローリングだとなかなか簡単にはいきません。

同じ型番のフローリング材がもしどこかにあっても、うまくできない確率の方が高いです。

CFの下地は殆どの場合が合板です。

なので、この合板を切って、新しい合板で「つぎはぎ」になったとしてもCFでお化粧直しすれば元どおりどころか、元の状態よりも綺麗になります。

しかし、フローリングの場合は施工方法によって部分的にうまく剥がれないことの方が多いのです。

また、同じ型番のフローリングがないことの方が多いです。

新築やリフォーム後数年では床鳴りはあまりしません。

十数年経過した頃床鳴りがあると、既に当時のフローリングは廃番になっています。

他にも理油はありますが、今回は洗面室です。

予算があれば、合板を全面的に張り替えするのがベストだと思います。

工事時間がなかったり、根太や大引きからやり直さねばならない場合、予算も掛かります。

今回はその制約の中で工事をしました。

床鳴りの箇所を特定し、下地を開孔します。

多いのは釘が経年劣化で錆びてしまい合板と根太を繋ぎ止める役割ができなくなり歩く度に床がしなって釘が上下運動を繰り返し擦れて床が鳴るケース。

今回はそうではなく、根太の問題でした。

建設当時の大工さんの手抜きなのか、リフォーム時の手抜きなのか、根太と大引きがかなりいい加減な状態です。部分的に合板に直接柱を立てて床を支えていたのですが、その柱自体が床と共に浮いていました。

開孔した所から柱を調整したり大引きを調整しました。

明日CFを貼り修復完了です。