対面式キッチンにリフォーム

壁に向かうキッチンから対面式キッチンにリフォーム

壁に向かって立つように配置されたごく普通のキッチンです。

使いにくさはあまりないと思います。

付加価値を求めて、デザインを考え直すと、何の変哲もないごく普通のキッチンです。

どうしてもこれが良い、と言う発想はあまり浮かんでこないと思います。

どこにでもあるキッチンの風景

窓を右に見て正面に(壁に向かって立つ)キッチンが配置されています。

 

対面式キッチンの良さ

開放感があるキッチンになります。

それは少しだけですが生活臭が消えるからだと私は考えています。

吊り戸棚がありません。

天井の照明からの光、窓からの光がさえぎられることなくキッチンに差し込みます。

スッキリ感と開放感は今までのキッチンでは考えられないインパクトです。

 

対面式キッチンにリフォームするための必要条件

壁にあるキッチンを「対面式(ペニンシュラ型やアイランド型)」にリフォームするためには条件が必要です。

1番重要なことは対面式のキッチンを配置出来、且つ作業スペースが確保できるか、です。

技術的な問題として次の2点が考えられます。

  • 配管スペースがあるか
  • ダクトスペースがあるか

この2点は重要です。

給水・給湯そして排水の配管がなければそもそもキッチンが作れません。

調理した熱や匂いを外に出すためには排気の経路も必要です。

配管は一般的には床下にスペースが必要。

排気ダクトは天井裏にスペースが必要。

 

床下のスペースがない

リフォームでは床下にスペースがないので新たに床を作ればその上にキッチンを配置できます。

しかし、床を高くすると床から天井までが低くなります。

今回は元々天井高が230cmでした。

これに床を上げて排水の勾配を考えると最低でも20cmは底上げしなければならない。

つまり天井高が210cmになります。

キッチンカウンターの高さが90cm。コンロからレンジフードの下端まで80cm以上のクリアランスが必要なので、これだけで170cm。

すると残りが40cmしか残らず、レンジフードの高さを40cmにしなければなりません。

すると浅型のレンジフードしか設置できないとなるとかなり質感が落ちてしまいます。

やはり対面式キッチンであればスリム型レンジフードは必須アイテムかと思います。

 

設計の見直しで浮上した条件にあうキッチン

床を上げないで、対面式のキッチン(条件はオールステンレス仕様)を設置するためには壁からキッチン本体の中に配管する方法しかありません。

各メーカーの仕様を調べた結果、ナスラックとクリナップが浮上。

クリナップもナスラックも配管スペースはあったのですがナスラックには問題があってクリナップを提案することにしました。

 

クリナップのSTEDIA

さすがキッチンの老舗メーカークリナップ。

オールステンレスは非常に質感の高く、出来上がりを見ると1ランクも2ランクも上のキッチンでした。

カタログで確認していた時にはオールステンレスでもかなり暗い色合いのステンレスでグレーとブロンズの合間のような色合いに見えていました。

しかし、完成品を見て美しさを実感しました。

実際に肉眼で見るとヘアラインが入ったステレンスそのもので、色もこの画像の通りの色合いです。

STEDIAにはステンレスの色も4種類あります。

一つ上のグレードにはステンレスに波模様を施したデザインもあります。(ちなみに私はこの”class2″の方がシンプルで好感が持てます)

その他木製の扉もありますので選択の範囲はかなり大きいです。

対面式キッチンにリフォームする時の心得もございますのでご相談ください。

キッチンの吊り戸棚はいらない!?

「キッチンの吊り戸棚はいらない」

「吊り戸棚にしまった物はまず使わない」と言う人も少なからずいらっしゃいます。

実際、キッチンリフォームの時に「吊り戸棚はいらない」と言われることもあります。

  • 手が届かない
  • 頭よりも上なので出し入れしにくい
  • 一度しまったらそれっきり

 

吊り戸棚の高さはどれくらい?

キッチン吊り戸棚の高さは大体1.7mくらいから上にあります。

私は身長178cmなのである程度高くても出し入れはできます。

それでも吊り戸棚の上段には手が届きませんので「踏み台」が必要になります。

 

 

「レスオプションで吊り戸棚なしに」

もちろん吊り戸棚を取り付けないこともできます。

使わないのならその方が良いと思います。

吊り戸棚を設置しないなら「カップボード」を背面に配置すれば「踏み台」無しで調理器具や食器のスペースを確保できます。

さらに、自分の高さに合わせて収納すれば出し入れも楽になります。

特に高齢の方は「踏み台」を使うのは危険ですから。

 

 

水切り棚

食器や鍋を洗った後少しの間だけ置いておける場所はあった方が良いですね。

「水切り棚」は吊り戸棚に設置するので、吊り戸棚なしでは水切り棚だけは取り付けが難しいです。

 

 

ハンドムーブ【上下に動く吊り戸棚】

クリナップの吊り戸棚では上下に動く吊り戸棚があります。

調味料入れが吊り戸棚から降りてきたり、上の水切り棚が降りてきたり。

使わない時はそのまま吊り戸棚の中に収納されます。

これは手で引っ張り下ろすタイプですが、モーターで棚が下に下がってくるタイプもあります。(※壁補強が必要)

 

 

吊り戸棚の新しい役割

いらない、と言われ敬遠されてきた「吊り戸棚」も棚が目の前に下がってくれば「しまったものはまず使わない」と言う概念がひっくり返ります。

カップボードを設置すれば収納スペースは多くなりますが、カップボードを配置するスペースがあれば問題ないのですが、配置スペースがない場合は吊り戸棚も有効活用したいものです。

今回はハンドムーブの動画をお見せできなかったのが残念です。

でも、もし自分の目の前に収納が現れるなら「吊り戸棚も必要」になるのではないでしょうか?

料理、手間を省きたい!?

あっちに行ったりこっちに来たりで無駄な動きはありませんか?

悩み)ほうれん草をシンクで洗って、水を切ったら、調理台にまな板を置いて、包丁で切って、お鍋に入れたら、根っこはシンクの三角コーナーへ、まな板は調理台からシンクに移動して洗ったら水切りにもっていく。

解決)「まな板」「水切り」「調理台」がシンクの上で使えるのはタカラスタンダード。(動画をクリックして観てください)

排水口の上にゴミ受けが設置出来るのでゴミの汚れがシンク全体に付かないし包丁を使ってそのままゴミ受けにまな板からスライドすれば「ポイ!」

さらにシンクの上なので濡れた材料を切るのも問題なし。

レンジフードの掃除は出来ればしたくない

悩み)毎日コンロで焼いたり、揚げたり、煮たり、炊いたりすれば勿論レンジフードは油で汚れます。

年末にハウスクリーニングを頼まないと自分ではどうにもならない。

解決)クリナップの自動洗浄付きのレンジフードは10年間メンテナンス不要。

お手入れは洗浄ケースにお湯を入れるだけの手間いらず。

Panasonicも10年間メンテナンス不要のレンジフードがございます

鍋を取り出すのが面倒なので出ている鍋で調理する

悩み)「シンクの下か、コンロの下か、確か土鍋があったけど、でも土鍋を出すには手前にある道具や一升瓶とか水のペットボトルがある」

解決)LIXIL(リクシル)の収納は先駆者だけあって考えられています

火事にはならなかったけど・・・

悩み)たまにお鍋を火にかけておいてテレビを観始めると忘れちゃう

解決)ご安心下さい。現在の全てのメーカーのビルトインコンロは全て空焚き防止などの熱センサーがついていて火事を防ぎます。

熱い鍋をそのまま置くのに鍋敷きが・・・

悩み)熱いフライパンをそのまま調理台に置いて焦がしたことが・・・

そういう時に限って鍋敷きがなかったり・・・

解決)LIXILの天板はセラミックなので焦げ付きが起こりにくく、お皿の肉をナイフで切ってもお皿にキズがつかないのと同様キズがつきにくいです。

シンクを洗うのが手間・・・

悩み)毎日使うシンクだけどなるべく手間は省きたい・・・

解決)老舗クリナップが水の流れを考えて設計したシンクなので、油のお掃除もしやすくキレイが長続きします。

またオプションの三角コーナー(ステンレス製)は排水口の真上に設置できるので廃材からでる汁などもシンクには付着しません。そのまま排水口に落ちるだけ。

まとめ:手間と時間を有効に

毎日お料理をする主婦にとって、余計な手間や時間を省く。

面倒臭いことは省くこと、スムーズに動ける動線を作ること、が料理を楽にしてくれます。

様々な機能は各メーカーで少しづつ違う考え方になっています。

何が違うのか?

ご質問、ご意見、お問合せはこちらまで。

電話の場合は044-861-1126

解決工房 田辺までご連絡下さい

【お掃除不要】自動洗浄の「洗えるレンジフード」

毎日使うキッチン年末の大掃除は悩みの種ですよね

中でも一番手に負えないのがレンジフード。

油が水飴状になっていたり、油がカチカチになる。

年末の大掃除の時プロにやってもらうところを見ていると自分では到底できそうもない。。。

レンジフードさえキレイだったらプロにお掃除を頼まなくても良いのに。。。

年末の大掃除はハウスクリーニングのプロに頼むと普段出来ないところまでキレイになるのでここを切り捨てる訳には行かないけど。。。

でもレンジフードのクリーニングを省けば少し安くなるかもしれない、など悩みは増えるばかりです。

お掃除不要

レンジフードのお掃除はレンジフードが勝手に自動で掃除してくれるなら、いつでもキレイな状態が保てます。

自動洗浄付きの洗えるレンジフードはクリナップやPanasonicから出ています。

では実際どんな商品なのか、洗えるレンジフードについて、見てみましょう。

今回はクリナップで解説します。

洗エールレンジフードなら2ヶ月に1回のお掃除、お湯をセットするだけ。

調理センサーで「自動省エネ運転」

真夏の熱い蒸した部屋を換気します。

自動で室内温度を感知して一定温度以上になると換気をして蒸し暑い空気を排出してくれます。

これはウィルス排出に観点からも一年を通して良いシステムだと思います。

外気をキレイにして給気。これはオプション設定です。

これは、例えばPM2.5などの侵入を抑制してくれますので今の世情から考えても良い機能ではないでしょうか。

次の画像は壁付けタイプの定価です。

※壁付けとは、炊事を行う時壁に向かうキッチン配置の事です。

※本体と幕板はセットになります。場合によっては横幕板など他の部材も必要になることもあります。専門家に事前に確認してもらう事をお勧めします

対面タイプのキッチンの場合の価格です。

洗エールレンジフード、選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

お掃除から解放される「洗えるレンジフード」byクリナップ

クリナップの横浜北ショールーム(横浜市都筑区)に行ってきました。

「ラクエラ」と言うシリーズの見積書を作成してもらう為です。

ショールームに行くと商品の説明もしてもらえます。

洗えるレンジフードは良いですね。

ハウスクリーニングもしているので最初は否定的な見方をしていましたが、2週間に一度お湯で洗うのはキレイを保つようになると思います。

油を使った料理が頻繁になると2週間ではなく早めに洗浄サインが点灯するので汚れがひどくなることは無いかな、と考えられます。

お掃除の基本はこまめに行うことで、数ヶ月何もしないとレンジフードの中はかなり油で汚れますし、コンロの熱によって付着した油は固形化します。

  • なににしても面倒くさい

油がコテコテになってしまってからお掃除するのは面倒くさい。

でも2週間程度ならそれほど汚れてもいないのに分解して洗うのは面倒くさい。

だからと言ってそのまま放置すると洗うのを忘れてしまってお掃除がさらに面倒くさくなる、と言う悪循環です。。。

結果、油が固まると除去するのが厄介になるのでハウスクリーニングを頼むことになります。

お湯で10分間洗うので少量の油付着ならキレイになります。

また次、2週間したらまたお湯をセットすれば機械が洗ってくれます。

こんな楽なことはありません。

また、真夏の暑い時に帰宅すると部屋の中がモワッとしていますよね。

排熱ボタンを押しておけば部屋の温度が(例えば35度になったら)上がったら自動的に換気を始める機能もあります。

少し前の動画ですが参考としてご覧ください。

個人的には良い商品だと思いますが、昨今の新型コロナウイルスの影響で現在製造ができない状況らしいです。

納品までには暫く時間が必要なようです。

キッチン専門メーカーだけあって一歩リードしている気がします。

クリナップ「ラクエラ」の工事

キッチン工事について、どんな手順で進めていくのかについてご紹介します。

元々のキッチンはこのような感じです。

箱型のキッチンです。ガスコンロはガステーブルを別途で据え付けるタイプです。

キッチンパネルが長さ2400㎜なのでかなり幅をきかせています。6帖のお部屋が一杯になる感じです。

キッチンパネルがなくなってもこんなにあります。全部の部品一つ一つが梱包されていますのでかなり、かさばります。

下地作りをしたところにキッチンパネルを貼ります。

勿論キッチンパネルを加工して専用の接着剤で定位置に貼ります。

先程のセットを順番に組み立てて行きます。

そしてほぼ組み立てたところが…

この後、水道工事、ガス工事、ダクト工事、電気工事を行い完成に至ります。

キッチンはクリナップの「ラクエラ」でワイドが2100㎜あります。

収納は引き出しタイプではなく扉タイプです。色はカフェウッドモカです。

ガスコンロは3口タイプでお料理はしやすいと思います。

棚下灯はミンテイジの超薄型LEDライトにしました。

一般的なキッチン手元灯よりも長さがあり全体を照らすので、洗い物をする時も、調理台の上で物を切ったりする時も明るく見やすいように考えての選択です。

傷がつかないキッチンシンク(クリナップ)

キッチンのシンクは新品の時はキレイですが、少し使うとすぐに傷が付きます。

まあ、傷も多くなると鏡面からマットな感じになるので、それほど気にならなくなるかもしれません。

クリナップは陶器、つまりお皿の下の高台がシンクで擦れると引きずった跡が付きます。

ところがクリナップのシンクは傷がつかない「美・サイレントシンク」と言うのがあります。

お皿を引きずっても傷がつかない。

その証拠が次の動画です。

これはエンボスがお皿の傷つきを緩和していると思いますが、なるほど、これなら多少荒っぽく使っても精神的に楽ですよね。

「せっかくの新品のシンクに傷がついちゃったぁ〜〜〜」

と言う心配がありません。

また、蛇口をひねると水の音でテレビのニュースが聞こえない、ラジオが聞こえない、せっかく良い音楽をかけても水の音でかき消される。

ところがクリナップのこのキッチンは水の音も静かです。

クリナップのパンフレットによると図書館並みの静かさだとか。

テレビを見ながらのお料理もクリナップの「ラクエラ」にすればもっと楽しくなるかもしれません。

クリナップのラクエラ

クリナップのキッチン「ラクエラ」への交換。

画像は古いキッチンです。

賃貸マンションのキッチンです。

古いキッチンはお湯と水が別々のハンドルで吐水するタイプで、水切りの上に付いています。

このタイプのキッチンはまだまだ健在ですが、システムキッチンに徐々に置き換わっています。

シンクのすぐ際に水栓があり、シングルレバーになっています。

ガスコンロは付いていませんので、ホームセンターなどでガスコンロを買ってくるのが定番です。

昭和の頃の賃貸はガステーブルを買ってくるのは当たり前だったのですが…

吊り戸棚は既に取り付けていますので、ベースキャビネットの設置です。

シンクのある天板はまだ取り付けていません。

コンロ台、引き出しのある収納台、シンクの下のシンクキャビネットを設置します。

天板を取り付けてキャビネットと接合します。

天板の設置が終わったらコーキングを施します。

キッチンから水が隙間に入らないよう、また油やホコリ、小物が隙間に入らないように、綺麗に仕上げる為にコーキングをします。

ビルトイン型ガスコンロを取り付けています。

完成です。

クリナップのラクエラ。

幅は1650mmでコンロは2口。

3口コンロもありますが、1800mm以上の幅でないとセットできません。

レンジフードは最近主流となっているスリム型レンジフードです。

私個人的にはこのデザインは良いな、と思っていますが排気方向やダクト管の取り付け方などで必ずしもこの形が適合するわけではありません。

必ず専門家が調査して種類を決めるようになります。

クリナップのラクエラについてでした。