お風呂のカランから水が止まらない時の対処法

お風呂の蛇口から水が止まらないので直したい、と言う声を耳にします。

まず原因は

  • パッキンの劣化
  • シャワーとカランの切り替え部の金属疲労
  • カランの中に残った水が少しづつ垂れる
  • シングルレバーの場合はカートリッジの劣化
  • 2ハンドルの場合はスピンドルの劣化

修理できる場合と出来ない場合があります。

例えばTOTOやINAX(現LIXIL)などはユニットバスと蛇口が同じメーカーでので(一定年経過していない限り)受け付けてくれます。

他のユニットバスメーカーでは日立化成(現ハウステック)、ノーリツ、東建ナスラックやクリナップ 、タカラスタンダードなどキッチンで有名なメーカーのユニットバスは蛇口は蛇口メーカーの物を使っています。

ユニットバス本体と蛇口が異なるメーカーだと修理を依頼するにも手間がかかります。

何故かと言うと蛇口メーカーに連絡すると「それはユニットバスメーカーに連絡して下さい」と言われる事があるからです。

蛇口メーカーはOEMとしてユニットバスメーカーに供給しているだけでユニットバスメーカーがメンテナンス部門を持っていると蛇口メーカーは受け付けてくれない事が多いです。(メーカーに連絡した経験から)

ただKVK製、MYM製の蛇口はKVKで受け付けてくれる事が多いです。

さて修理をお願いする窓口が様々あることをお伝えしましたが、受け付けてくれても修理可能なのは大体製造から10年以内。

それ以上はメーカーによって違うのですが、20年経過すると部品が調達できない(部品の製造を終了している)事が多いです。

蛇口からの水漏れの対処方法ですが、20年経過した蛇口は修理より新しくすべきです。

仮に修理したとしても数ヶ月〜数年後には同じ症状が出てくる可能性が高いです。

「水漏れするならパッキンを代えればいいだろう」と思うかもしれませんが、蛇口本体は金属でできています。

金属も摩耗があるので金属と金属の隙間が大きくなるとパッキンを交換しても一時的に直るだけで劣化している部分は直らずまた水漏れが起きます。

何度何度も修理依頼をすることを考えると交換した方が絶対にお得なのです。

シャワー水栓から水漏れ(KVK)

お風呂のシャワー水栓から水漏れとの事で現場で調査しました。

お湯も水もキチンと止めたにもかかわらずポタポタと止まらない。

恐らく30年以上経っていると思われます。

コマと三角パッキンを交換すれば普通は水漏れが止まる可能性が高いのですが、使用年数を考えると金属が摩耗しています。

磨耗しているとパッキンの交換では無理な場合があります。

さらにカランとシャワーの切り替えレバーが原因の場合、専用工具が必要なことと、部品が手に入りにくいなどの問題があります。

このような状況からKVKのメンテナンスに依頼をしました。

過去、パッキンを交換した後も漏れがおさまらない事が何度もありました。

折角ご依頼頂いたのに直らないのはお客さんに申し訳ないと思うこともあります。

そんな経験を踏まえて今回はメンテナンスに依頼をしたのです。

修理ひとつでも単純なものではないのが難しいところでもあります。

ガッテン!

NHKの「ガッテン!」の担当の方から連絡をもらいました。

水漏れに関する特集があると。

「ありゃ!私もいよいよ有名人か?」と喜んだのも束の間。

出演依頼ではなく画像の提供依頼でした。

つまり単に漏水に関する画像が必要だったのです。

少しがっかりしながらも、画像を探しました。

今やデジタル画像なので探すのに時間はかからないと思いきや、これがかなり時間のかかる作業。

物件ごとにファイルを作っているので現場を思い出しながら、探すこと数時間。

静止画ですが何枚か良さそうな物を選んで送りました。

しかし「もうちょっと他にありませんか?」と言われましたので再度お送りしました。

それでもご納得頂けなかったようでもう一度連絡をもらいました。

しかし思い当たる物がなかったので「これ以上はありません」と伝えました。

9月30日のガッテン!

使われた画像は1枚の7秒間でした。

内容を鑑みれば7秒も致し方なし、と言うところでしょうか。

でもお役に立てて嬉しい限りです。

番組の内容は「漏水」と「ウォーターハンマー現象」についてでした。

1層式の洗濯機(全自動洗濯機やドラム式洗濯機)が動いている時一瞬にして給水が止まる。

この時に水道管に負荷が掛かり水道管が揺れる現象です。

塩ビ管がしっかり固定されていれば大丈夫なのですが、そうでないとかなり揺れます。

それが長年積み重なって老朽化した場合漏水の可能性もあります。

水道検診票が2ヶ月に1回届けれらますが前回より水道使用料がかなり多い場合漏水を疑ってみることも大切です。

もちろん水を大量に使用した記憶があれば大丈夫ですが、その覚えがないのに使用量が増えていたら漏水を要チェックです。

水道メーターのコマ(パイロット=銀色の丸型のコマのような物)が全ての蛇口を閉めているのに回っていると水が流れていると言うこと。

漏水の可能性がかなり高いですので調査をしてもらいましょう。

漏水に関するご質問があればこちらまでお願いします。

※)ためしてガッテンは2016年からガッテン!にタイトルが変わったのですね。知らなかった。。。

水漏れは気付きにくい2

洗濯機水栓から微量に水漏れが半年間続いた結果。

床にカビが出ています。

洗濯機水栓の接続部から少しづつ水漏れた結果壁と床まで濡れています。

壁を解体します。

クロスを剥がしてみると石膏ボードが濡れていて水の跡は直線でカビが。

床も剥がすとカビ。

大工工事で1日、翌日内装工事が1日。

洗面化粧台も水道屋さんに一旦取り外してもらって内装を新しくしました。

床はCFを貼替えました。

洗濯機水栓は新しくし、高さも15センチ上げて設置しました。

水漏れはなかなか見つからないのが実情です。

湿気が多いとか、臭いがいつもと違う(木が濡れたような臭いやカビの臭い)変だな、と思ったら水漏れを疑って下さい。

水漏れに関する質問はこちらまでお願いします。

トイレのタンク横にあるこれは何?

トイレのタンクの横にあるこれは何でしょう?

これは止水栓と言ってトイレのタンクに水を送る給水管の途中にある水を出したり止めたりするいわゆる蛇口です。

マイナスドライバーがコインで開け閉めします。

ここから水漏れする場合があります。

パッキンの劣化などが主な原因です。

そう思いパッキンの交換をしても水漏れが止まらない事もあります。

止水栓本体の劣化なので交換が必要です。

今回はその止水栓の交換をしました。

水漏れもいろいろな箇所から起きるので床に滴があったら水漏れを疑って下さい。

水漏れかな?と思ったらお問い合わせ下さい。

給湯器付近の給水管から水漏れ

給湯器の付近から水漏れ。

厄介なのが配管が壁の中にあり中が見えないこと。

アパートの外廊下にある給湯器やガスメータがあるボックスから水が漏れているのが分かります。

どうやらボックスの奥の方から漏れていてかなり長い期間続いていたようで鉄のボックスが錆びています。

どこから漏れているか、原因を突き止めなければなりません。

本当ならボックスを全部外すか部屋側から確認したいところです。

しかしボックスは外せない。

部屋側はユニットバスを解体しないとわからない場所に配管があります。

ユニットバスを解体出来ないのでボックスの一部を切断します。

サンダーで鉄を切断。

給水管の継ぎ手から水漏れがありました。

本管からと給湯器から送る側、両方共漏れていました。

継ぎ手は新しい物に交換、且つポリ管に交換。

銅管も途中からポリ管に。

切断箇所はパネルを貼りました。

ボックス全部交換したいところですが、ガスメーターの脱着や給湯器の脱着が必要になるとかなり工事費が掛かるので水漏れ修復のみで終わらせました。

外壁より内側の水漏れ、原因が分かって良かったです。

雨漏り?

アパートの大家さんから電話がありました。

入居者から「外廊下で雨漏りがある」と言われたようです。

土曜日で、ちょうど雨が降っていたので見て下さい、と。

しかし、その時は別の現場に向かっていたので、夜なら見に行ける旨伝えました。

夜確認に行くと雨漏りではありません。

給湯器がある下の床が濡れています。

どうも給水管か給湯管のどちらかから漏れていると思われます。

しかし、夜で土曜日と言うこともあり、また下のお部屋に漏水被害があるとの連絡はさがないので来週確認する事でご了承頂きました。

漏水は簡単に見つかるものではないので部分的に解体して確認しなければなりません。

漏水や雨漏りに関するご質問はこちらまでお願いします。

トイレを新しくする

トイレのリフォーム。

便器だけを新しくするケースと床の貼替や壁紙の貼替、トイレットペーパーホルダーやタオル掛け、照明の交換も併せて行うケースがあります。

便器を交換する場合、リフォーム用の便器で交換すると排水管はそのまま使えます。

排水管の位置を変えるとなると床を一部でも開口しなければならない。

つまり工事費が高くなります。

私達は出来る限りリフォーム用の便器で交換できるように考えています。

しかし、古い便器(30年以上前)だと排水管をそのまま利用できない事もあります。

排水位置がかなり奥の方にある場合だとリフォーム用の便器は使えません。

このように床を切って排水管を途中から曲げて手前に持って来るようにしなければ新しい便器が取り付けられません。

開口部をふさぎ直します。

床のビニールシート(クッションフロア)も新しくします。な

そのままだとつぎはぎになってしまいます。

床のシートを貼替え、新しい便器(リフォームようではありません)を取り付けました。

ウォシュレットも新しくなりました。

元々はウォシュレットから水漏れがあったのでウォシュレットだけ交換する案もありました。

30年以上経過した便器なので今後漏水が起きる可能性もあり、部品交換もしなければならないことを考慮して便器交換も行いました。

部品交換を頻繁にすると結局コストとして高くなります。

安心してお使い頂くためには思い切って交換した方が結果安上がりになります。

古い車程メンテナンス費用がかかるのと同じ理屈です。

思い切ってリフォームする事をお勧めしています

トイレの悩みはこちらまでご相談ください。

水漏れは気付きにくい

水漏れはなかなか気づかないことが多いです。

天井からバケツをひっくり返したような水漏れだと分かりやすいですが、あまりないです。

水漏れは壁の中で微量に漏れることが多いので気がつくまでに数日から数ヶ月かかることがあります。

何で気がつくかと言うと

  • 湿気が多くなった
  • カビが生えてきた
  • 臭いがしてきた

などがあります。

壁に黒いカビの跡が出たり、床がカビで黒ずんできたりすると壁の石膏ボードや床の合板や根太などの角材が腐食している可能性があるので、早急に対処が必要です。

水漏れの原因は接続ミス、鉄管の老朽化が多いでので漏れ方が少しづつなのです。

地震で管が折れるなどした場合は、かなりの水漏れはあります。

少しでも「おかしいな」と思ったら早めに専門家(工務店、リフォーム会社、水道工事店)に相談しましょう。

水漏れかな?と思ったらご相談ください。

ガッテンに資料提供

水漏れについて拙ブログを見ていただいたようでNHKのガッテンから連絡が入りました。

画像資料提供を致しました。

どれが使われるのかは分かりません。

番組内容や詳細は分かりませんが、来る9月30日の19:30から放送予定だそうです。

私も楽しみにしています。

ちなみに水漏れはジワジワと起きるので数日から数ヶ月経過しないと水漏れだとは分からないことが多いです。

水道管からの水漏れは継手が原因のケースが多いですが、それでも1分に1滴位だと本当に気が付かないです。

画像はお風呂の水が床に染み込んだのではありません。

これは洗濯機の蛇口の継手から微量の水漏れで半年経過したものです。

壁から床に染み込むまでに数ヶ月かかった為気付きにくい結果になってしまいました。

またお風呂や洗面所は湿気が多いので特に水漏れの湿気には気付きにくいと思います。

水漏れを早期発見するには

  • 湿気が多い気がする
  • いつもとは違う臭いがする
  • 壁にシミができた(特に表面ではなく裏側から)
  • 床にシミができた(CFのようなビニールシートの表面ではなく裏側から)
  • その部屋だけカビが生えてきた

などは要注意です。

いつもと違うな?でも気のせいかな?と思ったらこちらまでお問い合わせください。画像などがあるとアドバイスができるかもしれません。