トイレを新しくする

トイレのリフォーム。

便器だけを新しくするケースと床の貼替や壁紙の貼替、トイレットペーパーホルダーやタオル掛け、照明の交換も併せて行うケースがあります。

便器を交換する場合、リフォーム用の便器で交換すると排水管はそのまま使えます。

排水管の位置を変えるとなると床を一部でも開口しなければならない。

つまり工事費が高くなります。

私達は出来る限りリフォーム用の便器で交換できるように考えています。

しかし、古い便器(30年以上前)だと排水管をそのまま利用できない事もあります。

排水位置がかなり奥の方にある場合だとリフォーム用の便器は使えません。

このように床を切って排水管を途中から曲げて手前に持って来るようにしなければ新しい便器が取り付けられません。

開口部をふさぎ直します。

床のビニールシート(クッションフロア)も新しくします。な

そのままだとつぎはぎになってしまいます。

床のシートを貼替え、新しい便器(リフォームようではありません)を取り付けました。

ウォシュレットも新しくなりました。

元々はウォシュレットから水漏れがあったのでウォシュレットだけ交換する案もありました。

30年以上経過した便器なので今後漏水が起きる可能性もあり、部品交換もしなければならないことを考慮して便器交換も行いました。

部品交換を頻繁にすると結局コストとして高くなります。

安心してお使い頂くためには思い切って交換した方が結果安上がりになります。

古い車程メンテナンス費用がかかるのと同じ理屈です。

思い切ってリフォームする事をお勧めしています

トイレの悩みはこちらまでご相談ください。

水漏れは気付きにくい

水漏れはなかなか気づかないことが多いです。

天井からバケツをひっくり返したような水漏れだと分かりやすいですが、あまりないです。

水漏れは壁の中で微量に漏れることが多いので気がつくまでに数日から数ヶ月かかることがあります。

何で気がつくかと言うと

  • 湿気が多くなった
  • カビが生えてきた
  • 臭いがしてきた

などがあります。

壁に黒いカビの跡が出たり、床がカビで黒ずんできたりすると壁の石膏ボードや床の合板や根太などの角材が腐食している可能性があるので、早急に対処が必要です。

水漏れの原因は接続ミス、鉄管の老朽化が多いでので漏れ方が少しづつなのです。

地震で管が折れるなどした場合は、かなりの水漏れはあります。

少しでも「おかしいな」と思ったら早めに専門家(工務店、リフォーム会社、水道工事店)に相談しましょう。

水漏れかな?と思ったらご相談ください。

ガッテンに資料提供

水漏れについて拙ブログを見ていただいたようでNHKのガッテンから連絡が入りました。

画像資料提供を致しました。

どれが使われるのかは分かりません。

番組内容や詳細は分かりませんが、来る9月30日の19:30から放送予定だそうです。

私も楽しみにしています。

ちなみに水漏れはジワジワと起きるので数日から数ヶ月経過しないと水漏れだとは分からないことが多いです。

水道管からの水漏れは継手が原因のケースが多いですが、それでも1分に1滴位だと本当に気が付かないです。

画像はお風呂の水が床に染み込んだのではありません。

これは洗濯機の蛇口の継手から微量の水漏れで半年経過したものです。

壁から床に染み込むまでに数ヶ月かかった為気付きにくい結果になってしまいました。

またお風呂や洗面所は湿気が多いので特に水漏れの湿気には気付きにくいと思います。

水漏れを早期発見するには

  • 湿気が多い気がする
  • いつもとは違う臭いがする
  • 壁にシミができた(特に表面ではなく裏側から)
  • 床にシミができた(CFのようなビニールシートの表面ではなく裏側から)
  • その部屋だけカビが生えてきた

などは要注意です。

いつもと違うな?でも気のせいかな?と思ったらこちらまでお問い合わせください。画像などがあるとアドバイスができるかもしれません。

台風に備えて(雨漏り対策)

今年は梅雨が長く感じました。

ところが梅雨が明けると途端に猛暑日続き。

そう思っていたら今度は台風。

台風10号は沖縄から北上する進路のようです。今日天気予報を見たら風速80メートルとのこと。

そんな風、本当にあるの?

と思う位私の中では現実離れしています。

去年も台風19号は各地に甚大な被害をもたらしました。

その台風の時、雨漏りしていると大家さんを通じて入居者さんから連絡が入りました。

慌てて確認しに行ったところ掃き出し窓のところでバケツと洗面器の計3個で雨漏りを受けていました。

今年は前もって対策をして欲しいとの要望があり今日行ってきました。

去年は台風の真っ只中ベランダに出てダメ元でシーリングをし、運良く雨漏りは止まりました。

しかしやはり確実な措置ではなかったので改めてやり直しをしました。

去年は慌てて行ったので手元に残っていたシーリング材で処理したので色が合わずグレーになりました。

今日は外壁と同じベージュで処理をしました。

今度来る台風の時は雨漏りしないで欲しいと願っています。

それからもう一つ問題が。

エアコン用スリーブがパックリと口を開けている。

普通の雨でも入るのでパテ処理をしておきました。

これで何とか頑張って!と建物に念を押しました(建物に言っても無駄だけど)。

雨漏りは建築物を腐らせますので早めの対策が必要です。

ちなみに

  • 天井にカビが出てきた
  • 雨が降ると部屋が湿っぽくなる
  • 壁や天井にシミができた
  • ポツポツと雨の音が天井から聞こえる

これは雨漏りの可能性があります。

雨漏りに関して質問があればご連絡下さい。

鉄管の錆

水漏れの原因

鉄管の水道管。

真っ直ぐなところよりも継手から老朽化が始まり漏れが起きるのです。

今回のこの鉄管は給湯器に送っている給水管ですがかなり劣化が進んでいました。

築年数30年以上(昭和に竣工した建物)はこのような鉄管が壁内、床下にありますので要注意です。

建物の中にあると漏水の原因になります。

過去やった工事で分かりやすい記事では排水管から水漏れが発生しましたが、排水は圧が掛かっていませんが給水管にはかなりの圧があるので漏れ始めると止まりません。

マンションの管理組合では『リフォームの時には配管も交換』を推奨しているところはかなりあります。

この管の状態を見ると納得していただけると思います。

配管リフォームの提案

配管のみのリフォームをするケースとリフォームの時に配管のリフォームも同時に行うケースで考えてみます。

配管のみのリフォームの場合は床下の配管を入れ替えるので床を剥がします。

その他、洗面化粧台は一旦外します。

キッチンまでの配管経路も交換したいのでキッチンも一旦外します(ガス工事も伴います)。

ユニットバスは床下まで手が入らないので途中までになります。

洗濯機用蛇口は壁の一部を解体しなければなりません。

水道工事だけではなく、大工工事、壁紙の工事などが必要になります。

水回りのリフォームの時に配管交換をする時は殆ど外されているので、プラスするのは床の工事位です。

リフォームの時は配管交換工事のみが加算されるだけです。

配管のみの場合はフローリング工事、壁の復旧、内装の工事が加算されます。

加えてユニットバスの付近は配管は入れ替えが出来ない。

などのデメリットを考えるとリフォームの時に配管の入れ替えを行う方がかなり安く出来ます。

便器から水漏れ?

トイレに入ると床が濡れている。

トイレ内の水漏れの主な原因

  • タンクにつながっている給水管から漏る
  • 便器とロータンクの継ぎ目から漏る
  • 便器と排水管の継ぎ目から漏る
  • タンクに亀裂が入っていて漏る
  • 洗浄便座の本体から漏る
  • 洗浄便座の給水管から漏る

などが考えられます。

今回は温水洗浄便座本体からの水漏れでした。

洗浄便座を交換すれば良いだけですがお客様のご要望で便器本体も交換します。

INAX社製の便器ですがINAXではなく、「INA」と記されているので、かなり古い便器です。

排水管の位置を考えるとリフォーム専用の便器(TOTOの場合はリモデル便器と言います)が使用できません。

どうするかと言うと。。。

床を開口し、排水管を切り回して位置をずらします。

したがって、床の面材(今回はクッションフロア)も貼り替えます。

戸建ての1階のトイレの水漏れでしたから、下の階はありませんので被害もなく無事でした。(階下への実際の水漏れ

水漏れの時は必ずし水栓で水を止めましょう

トイレのタンクの右か左に給水管があると思います。

そこに止水栓がありますので、トイレで水漏れが発生したら使用後に水を止めるようにして下さい。

水漏れの原因は前述した箇条書きのどれかだと思います。

原因がわかればその下に洗面器などをあてがって水で床を濡らさなようにしましょう。

トイレの床は板張りの場合が多いので床を腐らせないように注意して下さい。

原因が分かれば修理なりリフォームなりが進められます。

使用年数が30年以上の場合は、可能であれば便器も取り替えた方が心配が少なくなりますのでお勧めです。

もうそろそろ便器を新しくするべきか悩んでいる方、質問はこちらへどうぞ

水漏れ(雨漏り)

水漏れの調査です。

玄関に雨漏りと思われる跡があるので見て欲しいと。

床下で漏れているのでフローリングの表面にしみ出てきたと言われました。

床下の調査をしました。

確かに雨漏りらしき跡はあるものの、水漏れではありません。

さらにフローリングの表面にシミが出来るとすれば床下はかなり濡れているはず。

しかしフローリングの裏側には濡れた箇所がない。

玄関の隣の和室は壁が濡れています。

これは雨漏りが原因だと考えられます。

近くに水道管はないからです。

しかし、それにしても玄関のフローリングの上のシミとの因果関係が分かりません。

こんな感じで雨漏り調査はなかなか進みませんが原因を見つける事が第一です。

ジワジワくる雨漏りや水漏れは家屋を劣化させます。

さらに今の時期は雑菌(カビなど)が繁殖しやすいので健康の方が問題になるかも知れません。

壁に水の跡、天井にカビやシミ、床にシミが出た場合

外から帰った時に臭いがキツくなった場合などは水漏れや雨漏りを疑った方が良いと思います。

調査費は掛かりますが、何事もなければ建物が腐ることもないですし、体への被害もないでしょう。

何か変化があったら早めに手を打つことをお勧めします。

洗浄便座の水漏れ

大家さんから水漏れが起きたので見て欲しいと連絡がありました。

在宅されていたので伺ってみるとキッチンのレンジフードの辺りから水漏れがありました。

上の階の部屋が原因です。

直ぐに見に行くとそちらもいらっしゃったので原因を確認します。

キッチンの水漏れなので上の階のキッチンをくまなくチェックしましたが漏れている様子がない。

お風呂、洗面、洗濯機も漏れている様子がない。

最後にトイレに入ると靴下がビショビショに。

よくある原因としては、溜まった水を便器に一気に流す時にジョイント部のパッキンが劣化していると流すたびに漏れます。

しかし、今回の原因は別。

洗浄便座の給水管(ゴムホース)から細い糸のような水がピューっと出ているのです。

早速止水栓で水を止め、雑巾で水を拭き取ります。

見る限りでは水漏れが始まって長くても十数時間だろうと考えられます。

水漏れの被害側での水量が少ないことと、加害者側がそのトイレに入れば濡れていることが分かるので気がつくはず。

不幸中の幸いなのは汚水ではなかったこと。

給水管からの水漏れなので上水なので雑菌ない。

床を伝って流れる間に汚れは混じるとは思いますが菌をばら撒くわけではないので少し安心です。

残念ながら水が吹き出ている画像はありません。

弊社では加害者側と被害者側のそれぞれの立場に立って検証や工事を進めていきます。

加害者の落ち込みもあります。

かたや被害医者側の怒りモードもあるでしょう。

しかし、故意に水漏れを起こしたのならまだしも、老朽化で起こる水漏れは起こしたくなくても起きてしまう事故なのです。

上に行ったり下に行ったりを繰り返し、原因を探し、それぞれの感情も配慮しながら水漏れを止めます。

賃貸物件の大家さん、分譲マンションの所有者や使用者の方々、水漏れが発生した時は第一に原因を突き止めなければなりません。

加害者被害者のある水漏れは、双方の感情を抑えながら説明をし、臨時の対処をしなければなりませんし、最終的には内装を原状に戻さなくてはなりません。

修復の経験がある私たちのような業者に素早く連絡をしましょう。

大家さんで双方への説明が難しいとお考えの場合は「解決工房」にご連絡ください。

キッチン水栓の水漏れ

キッチンの蛇口から水漏れが!

と連絡がある時があります。

水漏れと言ってもクラシアンのコマーシャルのような水が噴き出す水漏れはまずありません。

ジワジワ水漏れがあるので普段は分からないのが怖いのです。

今日はシングルレバー水栓からの水漏れ。

水栓の根元に水が溜まっています。

原因

カートリッジの劣化スパウトのパッキンの劣化のいずれかです。

修理としてはカートリッジを交換して、スパウトのパッキンも交換です。

ただし、必ずしも元どおりになるとは限りません。

劣化や摩耗が大きくなり、部品交換をしても直ぐに同じ症状が出る事もあります。

さらに15年以上経過すると、部品の供給も徐々になくなります。

部品があるかどうかはメーカーに問い合わせをすれば教えてくれます。

ただし、型番が必要です。

また、折角修理しても半年後とが1年後に再発することもあります。

劣化が進んでいて部品を替えても本体や他の部位が摩耗している場合、何度修理しても同じ症状が再発します。

そんな時は出来れば水栓本体を交換した方が良いでしょう。

ご質問はこちらから

自分で出来る水漏れ修理

洗面化粧台の下の扉を開いたら水漏れがあった。

これを放置するとまずはカビが発生したり、板に染み込んで行ったりします。

気がつかないまま板が水を吸ってしまうと黒ずんでしまい、やがて柔らかくなり臭いも発生します。

最後には腐って板が破れます。

そうならないうちに、まずは増し締めをしましょう。

プライヤーがあると便利です。

ペンチでは出来ません。

まず、緩めて清掃をした後増し締めをするとある程度は収まります。

今回は白いネジ山のある上のプラスティックのナットが緩んでいたので汚れを取って締め直しました。

ただし、プラスティックなので力任せにねじ込むと割れてしまい収拾がつかなくなりますので、少しづつ締めます。

締め終わったら乾いたタオルで今まで濡れていたところをきれいに拭きます。

少し締めたら水を1分以上流します。

指や手のひらを使って水漏れがないか、確認します。

今度はゴム栓で水を溜めてから一気に流します。

再度指や手のひらで確認します。

大丈夫であれば終了です。

まだ漏れがあるようでしたら、もう少し締めて同じように水を流し手で確認をします。

それでもダメな場合は弊社のような会社に依頼するかメーカーに連絡して修理をしてもらいます。

以上、「自分で出来る水漏れ修理」でした。