給湯器をより安く交換する方法

普段何気なく使っているお湯ですが、ある日突然お湯が出なくなる事があります。

メーカーでは10年を目処に交換を推奨しています。

私も出来ればこの10年で交換するのがベストだと思います。

思いますが、なかなか壊れてもいないのに交換するのはかなり抵抗があると思います。

中には20年使っても壊れない場合もあります。

これはかなりラッキーだと思います。

このステッカーに製造の年が記されています。

よく見ると01と印字されている所が見えます。

2001年を意味します。

つまり既に19年経過しています。

いつ壊れてもおかしくない年数です。

冬に動かなくなると水しか出ないのでお風呂は入れません。

給湯器は壊れたその日に交換するのは不可能です。

無数にある給湯器を常時在庫している会社はありません。

従って、そのお宅に適合する機種をメーカーから取り寄せなければならず数日は給湯器ナシの状態が続きます。

これを考えると私は15年経ったら交換する事をお勧めしています。

故障する前に型番などを調べて交換の注文を受けておけば入荷に1週間掛かっても交換時のみ使えませんが、その後は今まで通りに使えます。

数日間お湯が使えない事を想像して頂ければ私の提案の意味が理解していただけると思います。

また、壊れてから注文するとある意味業者の言い値になるので余裕のある時に注文すれば価格にも目が向けられます。

今日は給湯器について賢く交換する方法をお知らせしました。

追い焚きをつけたい(マンション)

Q. マンションに住んでいますが追い焚きのできるお風呂にしたい

どんな工事が必要?

  • ペアチューブの配管
  • 給湯器の交換
  • 浴室の交換(もしくは湯舟の交換)

湯船のお湯を給湯器で再度加熱してそのお湯を湯船に戻す循環するペアチューブを配管しますので床下に空間があることが条件になります(天井を通すケースも考えられますがこれは調査をしなければ出来るかどうかはわかりません)。

上の画像は廊下の床を剥がした時のものです。ベランダの給湯器から浴室までの床の下にペアチューブを配管します。

この先の浴室まで配管をします。

下の画像のように給湯器からペアチューブを配管する為にコンクリート壁に穴を開ける必要もあります。

浴室まで配管が出来たら、浴槽に接続しますので、浴槽(湯舟)に専用の穴が必要です。

既存の湯舟に孔をあけるのは水漏れなどのリスクが高いのでユニットバスの交換の時がベストのタイミングです。

給湯器は追い焚き機能のある給湯器に交換しなければなりません。

上記のように単にユニットバスと給湯器の交換以外に配管をしなければなりません。

床の開口などをすると当然復旧工事もありますから、できれば床の工事もする時に合わせて追い焚きの工事をする事をお勧めします。

それから一戸建ての場合は追い焚きにするにはマンション程の配管が不要なので、工事費もそれほど高くないと思います。

一戸建ての場合、給湯器がお風呂のすぐ近くに設置されているからです。

冬は冷えた体で湯船に入ったり、家族の中でも遅くご帰宅される場合など、お湯の温度が下がります。

そんな時追い焚きがあれば、冷えた体を温めてくれ、リラックス出来る本当に良い機能です。(私の個人的な感想ですが以前は追い焚きがなかったので湯船のお湯が冷えた時は少しお湯を抜いて新しくお湯を入れていました。ただ、これ、意外と時間がかかるし、お湯の量もかなり入れていたのでエコではないな、と思っていました)

ご質問はこちらまでどうぞ

瞬間湯沸かし器から外付けの給湯器に(キッチンリフォーム)

瞬間湯沸かし器

瞬間湯沸かし器を知らない世代の方もいるかもしれません。

台所のシンクの真ん前にある水を瞬間的にお湯にする機器です。

これが瞬間湯沸かし器です。

流し台の蛇口は水のみでお湯のハンドルはありません。

お湯が必要な時はこの瞬間湯沸かし器を稼働させると湯沸かし器の先からお湯がでます。

シングルレバー水栓にしたい

瞬間湯沸かし器をなくしてお湯と水の出る蛇口に交換したい場合は根本からリフォームしなければなりません。

その根本と言うのは水道管の事です。

上の写真の場合、給水管(水)しかありません。

給湯器と給湯用の配管さらにガス管も必要

瞬間湯沸かし器の代わりに給湯器を設置する必要があり、もう一点は給湯管を新たに配管しなければなりません。

もしかするとガス管も新規に配管する必要もあるかもしれません。

どんな工事をするの?

まず、流し台を撤去し、フローリングを剥がします。

給湯器を外に取り付け、そこから給湯管を流し台まで配管します。

もしかすると壁に給湯管用の穴を開けることもあります。

配管工事が終わったら床を復旧する。

床がツギハギになるので、CFを貼るか、フローリングを張り替えるようになります。(フローリンではなくフロアタイルを貼る場合はツギハギになっても問題ないので合板で下地を作ります)

配管工事(水道工事+ガス配管工事)、大工工事、内装工事が終わったらキッチンを設置します。

キッチンの完成後はスッキリします。

瞬間湯沸かし器のデメリット

瞬間湯沸かし器があった時は蛇口の周りがゴチャゴチャしていました。

蛇口のあたりから給湯器へ水を供給しなければならないので、分岐水栓があったり、ガス管があったり、瞬間湯沸かし器本体があったのですから仕方がないですよね。

窓がスッキリし、蛇口がシンプルになり使いやすい感じに見えると思います(実際使いやすくなります)。

瞬間湯沸かし器のメリット

文字通り瞬間湯沸かし器を点けるとすぐにお湯が出てくると言うこと。

給湯器のデメリット

給湯器で着火して水がお湯になって給湯管を通ってキッチンの蛇口まで来るのに時間が掛かります。(いわゆる捨て水が生じるのです)

それでもやっぱりシステムキッチンが良い訳は

どちらのキッチンで料理を作りたいかと言えば新しくしたキッチンですよね。

結論:料理がしたいと思う気持ちが大切です。やる気や美しさ機能を優先するキッチンを提案します

ご質問、お問い合わせをお待ちしています

ご質問などはこちらへどうぞ

エアコンの交換

先日ブログでも記載しましたが家電量販店のY社でエアコンを買ったお客様。工事する前に下見で来て電線が足りないので電気工事業者に依頼して延長して下さい、と言われて弊社が延長しました。

ところがいざ取り付けに来たY社の業者は取付出来ない、と。

もう一つの電線が延長されていないからとか何とか…

で、出来ないのでと言う理由で取り付けずに帰った。

そんな状況で結局弊社に取付依頼があり、今日終わりました。

今日は画像はありませんが協力会社の電気工事士に頼んだのですが、事情を説明して何かが足りないような事をY社から来た業者は言っていたと伝えていたのですが…

何も問題なく取り付けたと連絡が来ました。

結局何がダメで帰ったのか未だに不明。

隠蔽配管だったからやりたくなかったのかもしれないな〜と推測しています。

また、今日別のお客様からお電話を頂き「田辺さ〜ん、エアコン壊れちゃったんだよ。来週の半ば以降でみに来てくれる?」と。

どうも15年位使っていて何とか今年の夏は乗り切ったから良かったんだけど、ここへ来てとうとう動かなくなったとおっしゃってました。

機器はだいたい10年が一つの目安になります。

エアコンは動かなくなってしまってもしばらくは我慢出来ますが給湯器は突然壊れると、特に冬は、何とも寒さが増す気がしますよね。

今日壊れて明日交換と言うのが仕入れの都合上出来ないので10年を過ぎたら早めの交換をお勧めします。

エアコンの話に戻りますが、今日お電話頂いたお得意様は夏を乗り切って壊れるとは何と忠実な機械だと思わざるを得ません。

何故か?

それは私の家はあの一番熱い時に壊れたからなのです。地獄のような寝付けない夜を過ごしました。

もう秋になり何だか遠い昔のような気がしています。

給湯器交換

給湯器の交換です。

配管カバーを外します。

給水管、給湯管、ガス管を外します。

電気も外して、給湯器本体を外します。

新しい本体を取り付けます。

配管にカバーをします。

配管カバーを取り付けて完了です。

この配管カバーは既存の物をそのまま使いました。

一旦『給湯器が復活した』との連絡があったのですがその夜に『やっぱりダメ』と再度ご連絡があり、一度キャンセルした給湯器ですが、翌営業日に再度注文をしました。

どうも壊れたものが直ると言うのはなかなかないようです…

給湯器交換

給湯器の故障は突然に。

どこかで聞いたようなタイトルですが、御贔屓にして頂いているお客様からお電話を頂きました。

「お湯が出なくなった」と。。。

「少し前からリモコンの調子がおかしかった」と仰っていました。

その時にお知らせ頂ければ・・・

でも、毎日普通にお湯が出るので、急に悪くなるとは思わない、と言うのと、もう少し何とかなる、と思うのですね。

10年以上経過していて「何か調子がおかしいな?」と思ったら早めの交換をお勧めします。

とは言え、「まだ使える物を交換するのは抵抗がある」と思うのもごもっともです。

でも、壊れると本当に「突然」ですから、要注意です。

今回もお盆休み真っただ中の出来事。

メーカーは8月19日までお休みで問い合わせもできない状態。

タイミングが悪かったとしか言えません。。。

ただ、幸いにも子供さんご家族がお隣なので、交換するまではそちらでお世話になるとか…

配管や電源などを確認して帰りました。

心苦しいのですが、メーカーが休みの為、お盆休みが明けてからの見積もり提出になってしまいます。

皆様も「?」と思ったら早めの交換をお勧めいたします。