ガスコンロの魚焼きグリルのお話

今日はパロマの講習会に行ってきました。

消費者の傾向として魚焼きグリルを使わない人が多いらしいのです。

私もその1人ですが。。。

何故魚焼きグリルを使わないのか。

調査によると一番大きな理由は

「後片付けが面倒くさいから」

次に

「あまり良く焼けないから」

これを使いやすくするにはどうすれば良いか、とパロマは考えたわけです。

グリルの中の掃除がほとんどいらない工夫をしました。

グリルの中に入れる専用の容器(これをパロマは「ラクック」と言います)を開発し魚を焼く時にその中に入れ蓋を閉める。

すると遠赤外線効果もありムラなく焼け上がります。

一番のメリットは容器を使うことによってグリルの中はきれいなまま。

文章で説明するより観て下さい。

これは魚焼き以外にも様々な調理に使えるので非常に使い勝手がよく、調理モードと焼き加減の設定さえすれば後は手間いらずです。

もっと詳しい動画は

魚焼きグリルは無駄だなあと思っていたのですが、これを観れば使うことも逆に多くなると思います。

基本性能もバッチリです。

  • 空焚き防止機能
  • 立ち消え安全装置
  • 調理モード(煮込みモード・とろ火モードなど)
  • 温度指定
  • 高音炒め
  • タイマー付き
  • うっかり火の消し忘れ時消化(120分)

上位機種「アバンセ」では手や袖が近づくと炎が小さくなり着衣着火事故を防ぐ機能があります。

コンロ、まだ使えるからいいわ、と言わないで料理が楽になり楽しくなるコンロにプチリフォームしてみてはいかがでしょうか?

今回パロマの講習会に出てみてコンロが思っていた以上に進化していることに驚きました。

ご質問はこちらまでお願いします。

コンロはガスかIHか

高齢者がコンロを使うのは危ないと言われます。

その理由として空焚きをして火事を起こしてしまう料理をしている時袖に火がついて大火傷をしてしまうから

と言う声を聞く事があります。

事実、弊社でも高齢者を抱える娘さんからガスをやめてIHヒーターに交換した事例があります。

IHクッキングヒーターに替えるには新たに200Vの配線の電気工事が必要です。

費用は掛かりますが人命には代えられませんし、火事を出した事を考えればかなり安いと考えるべきでしょう。

IHも魚焼きグリルが進化しています。

鍋を置くところはIHは五徳がないのでスッキリ感はIHの方でしょうか。

ただ、ガスコンロもかなり進化しています。

全てのメーカー共に、空焚きすると自動消化の機能は標準装備です。

袖に火が着かないかどうか心配な方はセンサーで火が小さくなるコンロがあります。(※トップ面から11cm以内の高さの異物を感知した時)

パロマのコンロは手を近づけるとセンサーが反応して火を小さくしてくれるAIが備わっているものがあります。

必ずしもIHにしなくても安全性はガスでもかなり向上しています。

それでも火が怖いという方はIHが良いと思います。

ミニキッチンの換気扇

以前工事を行った時のブログを見て連絡を頂きました。

ナショナル製のミニキッチンの換気扇です。

ダクト換気扇です。

しかし現行品のように真四角ではなく、長方形のダクト換気扇です。

会社に戻りPanasonicに問い合わせをしました。

ミニキッチンの型番から現行機種が分かると思ったのですが、甘かった…

当時のミニキッチンは換気扇はオプション設定なのでどの換気扇かは不明。

さらに困ったのは、ダクトの直径もΦ100なのかΦ150なのか不明とのこと。

以前ミニキッチンの換気扇を交換した時は割とすんなりと機種が判明したので今回もすぐ分かるだろうと思っていましたが意外なところに落とし穴がありました。

今回は見積書の中に調査費を入れさせていただきました。

天井裏のダクトの太さを確認する為です。

ダクトのある所の天井を開口しなければダクトの太さはわかりません。

ダクトの直径がわかった後換気扇の発注をしなければならないのです。

まだまだ未知の事が出てくるのだ、と思った次第です。

見積が通れば早めに解体する様にしたいと思っています。

丸い型のキッチン水栓

オシャレなキッチン水栓

これは大きな鍋なども洗いやすいと言うメリット、またデザインが個性的です。

画像の水栓はドイツ🇩🇪のハンスグローエと言うメーカーの製品です。

(※最新のハンスグローエのキッチン水栓はこちら。見るとわかると思いますが吐水位置が高い物が多いようです)

今回、水漏れがあり、修理する事も出来たのですが、交換する事にしました。

既に16年経過しているので、修理をしてもまた同じような症状が出て来る可能性があるとメーカーから言われた為です。

勿論修理の方が安いのは確かです。

ただ、修理した半年後に同じ症状が出るのは割とあることですので、その都度修理をしていると逆にコスト高になる事もあります。

これは修理がダメなのではなく劣化が進んでいる為です。

同じようなデザインの水栓がTOTOからも出ています。

上の画像は交換したTOTOの製品です。

型番はTKN34PBRRです。

定価63,900円

前の水栓はシャワーがなかったのですが新しい物は先端を引き出す事ができます。

また、先端を回すとシャワーとストレートに切り替えが出来ます。

国産でデザインの良い水栓は正直あまりない種類が気がするのですが、そう思うのは私だけでしょうか?

ご質問はこちらへどうぞ

キッチン水栓の水漏れ

キッチンの蛇口から水漏れが!

と連絡がある時があります。

水漏れと言ってもクラシアンのコマーシャルのような水が噴き出す水漏れはまずありません。

ジワジワ水漏れがあるので普段は分からないのが怖いのです。

今日はシングルレバー水栓からの水漏れ。

水栓の根元に水が溜まっています。

原因

カートリッジの劣化スパウトのパッキンの劣化のいずれかです。

修理としてはカートリッジを交換して、スパウトのパッキンも交換です。

ただし、必ずしも元どおりになるとは限りません。

劣化や摩耗が大きくなり、部品交換をしても直ぐに同じ症状が出る事もあります。

さらに15年以上経過すると、部品の供給も徐々になくなります。

部品があるかどうかはメーカーに問い合わせをすれば教えてくれます。

ただし、型番が必要です。

また、折角修理しても半年後とが1年後に再発することもあります。

劣化が進んでいて部品を替えても本体や他の部位が摩耗している場合、何度修理しても同じ症状が再発します。

そんな時は出来れば水栓本体を交換した方が良いでしょう。

ご質問はこちらから

料理、手間を省きたい!?

あっちに行ったりこっちに来たりで無駄な動きはありませんか?

悩み)ほうれん草をシンクで洗って、水を切ったら、調理台にまな板を置いて、包丁で切って、お鍋に入れたら、根っこはシンクの三角コーナーへ、まな板は調理台からシンクに移動して洗ったら水切りにもっていく。

解決)「まな板」「水切り」「調理台」がシンクの上で使えるのはタカラスタンダード。(動画をクリックして観てください)

排水口の上にゴミ受けが設置出来るのでゴミの汚れがシンク全体に付かないし包丁を使ってそのままゴミ受けにまな板からスライドすれば「ポイ!」

さらにシンクの上なので濡れた材料を切るのも問題なし。

レンジフードの掃除は出来ればしたくない

悩み)毎日コンロで焼いたり、揚げたり、煮たり、炊いたりすれば勿論レンジフードは油で汚れます。

年末にハウスクリーニングを頼まないと自分ではどうにもならない。

解決)クリナップの自動洗浄付きのレンジフードは10年間メンテナンス不要。

お手入れは洗浄ケースにお湯を入れるだけの手間いらず。

Panasonicも10年間メンテナンス不要のレンジフードがございます

鍋を取り出すのが面倒なので出ている鍋で調理する

悩み)「シンクの下か、コンロの下か、確か土鍋があったけど、でも土鍋を出すには手前にある道具や一升瓶とか水のペットボトルがある」

解決)LIXIL(リクシル)の収納は先駆者だけあって考えられています

火事にはならなかったけど・・・

悩み)たまにお鍋を火にかけておいてテレビを観始めると忘れちゃう

解決)ご安心下さい。現在の全てのメーカーのビルトインコンロは全て空焚き防止などの熱センサーがついていて火事を防ぎます。

熱い鍋をそのまま置くのに鍋敷きが・・・

悩み)熱いフライパンをそのまま調理台に置いて焦がしたことが・・・

そういう時に限って鍋敷きがなかったり・・・

解決)LIXILの天板はセラミックなので焦げ付きが起こりにくく、お皿の肉をナイフで切ってもお皿にキズがつかないのと同様キズがつきにくいです。

シンクを洗うのが手間・・・

悩み)毎日使うシンクだけどなるべく手間は省きたい・・・

解決)老舗クリナップが水の流れを考えて設計したシンクなので、油のお掃除もしやすくキレイが長続きします。

またオプションの三角コーナー(ステンレス製)は排水口の真上に設置できるので廃材からでる汁などもシンクには付着しません。そのまま排水口に落ちるだけ。

まとめ:手間と時間を有効に

毎日お料理をする主婦にとって、余計な手間や時間を省く。

面倒臭いことは省くこと、スムーズに動ける動線を作ること、が料理を楽にしてくれます。

様々な機能は各メーカーで少しづつ違う考え方になっています。

何が違うのか?

ご質問、ご意見、お問合せはこちらまで。

電話の場合は044-861-1126

解決工房 田辺までご連絡下さい

閉まらなくなったキッチンの扉

キッチンの開き扉。

スライド蝶番の劣化でキチンと閉まらなくなってしまいました。

このスライド蝶番は、扉をある程度まで閉めると最後はバネの力でパタンと閉まってくれるのですが、蝶番の劣化でご覧の通りです。

タカラスタンダード製のキッチンです。

実は以前同型のキッチンを解体した時部品を保存しておいたのです。

保存しておいたスライド蝶番に交換しました。

何故保存したかと言うといつもお世話になっている大家さんの物件のキッチンと同型だったからです。

いつの日か役に立つ日が来るだろと思っていましたがついにその日が来ました。

このような細かいことは他社(特に大手さん)ではあまりやらないでしょう。

私たちのような零細企業は信頼頂いているからこそそれに応えたいと思うのです。

本来ならこの蝶番の劣化だけでキッチン全体をリフォーム(数十万円)しなければならないかも知れません。

しかしやり方によっては数千円で収めることが出来ます。

リフォーム会社としては利益の上がらない事をやるのは弊社の心意気と思って頂ければ幸いです。

施主様と我々施工者との信頼関係が深まるように努力しています。

皆様もお付き合いのある工務店さんやリフォーム会社が細かに動いてくれる会社とお付き合いする方が長い目で見ると価値があると思いますよ。

超極細LEDライト

キッチンの棚下灯は各メーカーほぼ同じような形と大きさです。

シンクから調理台までくまなく照らす為、デザインを考慮して超極細LEDライトを採用しました。

ミンテイジの超薄型LEDライトです。

長さは90センチほど。

巾は2センチ、厚さは1センチです。

棚下に取り付けたLED本体を固定する金具ですが、大きさは…

こんなに小さい。

取付後はどこにあるのか分からない感じですが点灯すると

シンクから調理台まで満遍なく照らします。

調理台で作業をする時、例えば野菜を切る時に棚下灯がシンクの所にあると右手で陰ができてしまいますがこれは真正面から照らされるので陰が出来ず作業もしやすいと思います。

大手照明器具メーカーでは販売していない器具です。

電気配線をしなければならないので少し作業のコストが掛かりますが、毎日のお料理での作業性を考えると良い選択だと思いますが、如何でしょうか?

キッチンのリフォーム

かなり年季の入ったキッチンをリフォームします。

レンジフードは浅型からスリム型に。

流し台と吊り戸棚はシステムキッチンにしてガスコンロはビルトインタイプに。

天井照明は最新のLEDに。

手元灯は超極細のLEDに。

壁のタイルはキッチンパネルに。

床のクッションフロアは白い石目調に貼替ます。

タイルはピンクのタイルからホワイトのキッチンパネルに。

水切りがなくなりワークトップ(天板)に水栓(蛇口)が取り付けられて使いやすくなっています。

もちろんリフォームしたのですから美しくなっています。

使いやすさも向上しています。

レンジフードは薄型を採用しお掃除が楽になっています。

お掃除するのも清流板を外してその周りをお掃除するのも拭きやすくなっています。

タイルではなくキッチンパネルなので目地に油がこびりつくことはありません。

手元灯は特注品ですが、巾が90センチ強あるのでシンクから調理台まで明るく照らします。

ガステーブルを買ってきて設置をしていた頃はガステーブルの下は油だらけでしたがビルトインなのでそう言う面倒臭さはありません。

古い流し台と違い引き出しはローラーが付いていてスムーズです。

コンロの横には調味料を入れる引き出しもあります。

新しいキッチンはクリナップのラクエラです。

扉の柄はカフェモカで、この部屋の他の建具と同じ木目調です。

流し台交換

3月14日に流し台から水漏れがあり、1階の天井に被害が。

大きな被害ではなかったので、最小限で済みました。

原因である流し台を交換しました。

何故本体を交換するかと言いますと、排水口付近のシンクに穴が開いた。

穴が開いたと言っても1ミリ以下です。(これをピンホールと呼びます)

シンクは薄い金属の板でをプレス加工して成型していますので少し薄めになります。

排水口辺りがどうしても水が乾きにくい為、サビが発生して劣化したのです。

シンクはステンレスだからサビなんて発生しないと思いますがステンレスもランクがある為サビる事もあります。

たまにシンクのみの交換を希望される方がいますが、出来ません。

見た目、全く問題ないように見えますが水漏れがあるのです。

解体をしているところです。

そして流し台が撤去されました。

この流し台は「マイセット」と言うメーカーの流し台です。

古い流し台と巾、奥行き、高さが全く同じ寸法の物を選択。

新しい流し台はトラップも大きくなり、扉の裏には包丁立てともう一つしゃもじなど入れられる受けもありました。

寸法が同じで且つ蛇口は壁から出ているので交換は比較的容易にできました。

流し台の下は黒で統一されていて清潔感があります。

排水管を接続して完了です。

画像では通水テストをしています。

水漏れがないか、念入りにチェックします。

ブルーやグリーンのビニールは養生で設置後外します。

シンクはピッカピカなので新しい物だと分かりますよね。(ガス台は元々使用していた物で、この流し台に付属の物ではありません)

このような劣化による水漏れに遭遇することはあまりありません。

水漏れは家屋を腐らせるので早めに手を打たなければなりません。