鉄の排水管からの水漏れ【マンションの上階の排水管からの漏れ】

マンション上階の排水管から水漏れ【鉄管】

築年数40年以上のマンションの配管は上階の排水管がその下の階の天井裏に配置されていることがあります。

さらに塩ビ管ではなく、サビが発生する鉄管のことが多いです。

上の階の人は排水が下の階の天井裏にあることはあまり認識がないと思います。

漏水して初めて階下の人に迷惑がかかることに気づくようです。

流し台の下から水が出てくると連絡を受け行ってみると・・・

上の階の排水が漏れていた

連絡をいただいた部屋に行くと確かに流し台の下から水が漏れていました。

たどっていくと、天井に。

天井を解体して確認したところ、鉄管のあちこちから水が漏れていました。

漏れているところをビニールテープを巻いて応急措置をしましたが、状況がかなり劣悪で、少しでも動かすと他にひびが入って漏水箇所が増えていく状況です。

その状況が下の映像です。

鉄管排水管の漏れの様子

結論:鉄管を塩ビ管に交換して排水管の本管に接続

上の階の方に水を流すのをやめてもらい、鉄管を解体。

塩ビ管に交換ました。

マンション全体で配管をリニューアルすべき

マンションの管理組合では折り合いがつかず配管のリニューアルは各戸バラバラで行うこともあるようです。

漏水事故を起こさないようにするためには一斉に配管を入れ替えをおすすめします。

 

 

台所の水が流れなくなった【対策】

台所の水の流れが悪くなった(流れなくなった)

それは排水管がどこかで詰まっています。

排水管がつまるってどう言うこと?

台所や洗面やお風呂、そしてトイレは必ず使った水を流しています。

流していく過程の管が排水管です。

特に台所の排水管はつまりやすい

流し台で皿や鍋などを洗いますが、その時洗剤を使っているのだから排水管もきれいになって流れていると思っている人が多いとは思いますが、実際にはそうではありません。

台所のリフォームの時に排水管も交換した時の画像(排水に塩ビ管を切断した画像)がこちらです。

詰まった排水管
排水管詰まり

白い物は油脂分や石鹸カスなどです。

なぜこうなるの?

台所で洗い物をする時、油もそのまま流し続けるとこうなります。

油を流した後、そして洗い物が終わった後、すぐ水を止めます。

油分は管内にへばりついているのですが、水の量が少ないので流れてくれません。

温度が下がって固形化します。

これが長年繰り返されることで徐々にたまっていきます。

長年油が溜まった結果が画像の白い部分です。

このように排水管が詰まってくる

  • 流れが悪くなる
  • ゴボゴボと音がする
  • 排水が逆流してくる

などの現象が起きます。

油脂分を詰まらせないようにするには

できれば皿やフライパンの油はキッチンペーパーとかティッシュで拭き取った後、洗うようにします。

拭き取ったペーパーは普通ゴミで捨てましょう。

配管が詰まった時の対策方法

  • 排水管をリフォームをする
  • 高圧洗浄で取り除く

排水管をリフォームする

あまり効率が良くありませんし、あまりおすすめしません。

排水管は床の下を通っているので配管を交換するためだけに床を解体しなければならないからです。

例えばフローリングを張り替える工事の時、フローリングを解体した後配管の入れ替えをするのが効率的ですし費用もおさえられます。

高圧洗浄で取り除く

高圧の噴射機で管内をお掃除します。

超高圧なので固形化した油脂分やゴミなどもきれいに取り除きます。

(※1)かなり古いマンション(例えば築年数が40年を超えている建物)で排水管が鉄管の場合、高圧洗浄はできません。

結論「高圧洗浄がおすすめ」

高圧洗浄費用は少し高く感じるかもしれませんが、前述した通り排水管を入れ替えるとなるとかなり高額な費用がかかります。

それを考えると「高圧洗浄」の費用は仕方がないのかもしれません。

作業時間も1時間〜数時間で終わります。

配管を入れ替えるリフォームは最低でも3日は掛かります。

以上の工程や費用、状況を考えると高圧洗浄をおすすめします。


(※1)

鉄管の劣化が進と管の肉厚がかなり薄くなったところに高圧をかけると簡単に割れてしまい大事故になります。

その映像がこちらで確認できます。

キッチン蛇口からの水漏れ

キッチンの蛇口から水漏れはパッキン交換か本体交換

最近キッチンの蛇口からの水漏れのご相談が多いです。

蛇口本体から水漏れがあったり、パイプの付け根からの水漏れだったりします。

スパウト長さ300mm+浄水器を先端に装着しているので付け根に荷重がかかる

今回は蛇口本体からの水漏れではなくパイプの付け根からの水漏れです。

蛇口のパイプがグラグラ

蛇口のパイプの付け根から水が漏れてきたのでご自分でパッキン(Oリング)を交換されたそうです。

直らないので私に電話をしたそうです。

画像のように普通のパイプではありません。

また動かすとかなりグラグラするので、接合部分が摩耗(まもう)している可能性があります。

スパウト付け根から水漏れ(本体からではない)

 

型番からパッキンを特定

蛇口に型番があったのでTOTOに連絡をしてパッキンを特定しました。

これを交換しても漏れが直らないようだと本体交換になります。

 

水漏れの原因

  • 普通の器具よりもパイプが長いので荷重がかかる
  • パイプの先端に浄水器を取り付けているのでさらに荷重がかかる
  • 荷重がかかったままパイプを動かすので金属がすり減った

などが考えられます。

パッキン交換で直れば良いのですが。。。

キッチン水漏れの修理は早めの対処が肝心

キッチンの漏水は早めに対処しましょう

解体前のキッチン

キッチンの蛇口あたりから水漏れがあったので修理をしたそうです。

でもしばらくするとまた漏れ始めた。

蛇口は壁から出ているタイプです。

壁から出ているということは壁の中でL字に折れて壁から出ている給水給湯管です。

どうやらこのL字の継ぎ手から水漏れが常時あったようです。

キッチンの壁の中をなぜ確認しないのか?

タイル張りで、壁を開口しても、流し台を移動しなければ配管を替えることができないので大掛かりな工事になると思った依頼主はできるだけ安く終わらせたいと思い、大掛かりな工事を嫌った為確認をしなかったのです。

深刻には受け止めていなかったようです。

しかし、実際は微量に水漏れが続いていたので状況は悪化しました。

キッチンを交換することに

それでも水漏れは続いたのでキッチンを交換することになりました。

その理由は

  • タイルの開口が必要
  • タイルとガッチリ固着している流し台を一時的に移動しなければならないので必要開口部とは別のタイルも割れる
  • 既存のタイルと同じタイルはないので修復はキッチンパネルで行うので他の面もキッチンパネルにする
  • 30年以上経過したキッチン
  • 吊り戸棚は全く使っていないので取り外したい

以上の理由でリフォームをすることになりました。

給水給湯管は新しくするので今後水漏れの心配はなくなります。

流し台の裏の壁がカビだらけ

流し台の裏の漏水箇所がカビだらけに

 

石膏ボードが濡れてカビだらけになっていました。

水漏れが進行していたのでしょう。

石膏ボードが水を吸っていて手で簡単にはがれます。

さらに石膏ボードのさらに内側には断熱材のグラスウールがありますがこれも水を吸ってカビが出ていました。

 

石膏ボードと断熱材を急きょ交換

カビの生えた石膏ボードと断熱材からにおいがしていましたが、撤去したのでほとんどなくなりました。

石膏ボードを解体して断熱材を入れ替えた

結論

水漏れが起きたら少し費用が高くても早めに、しかも、確実に修理をしましょう。

蛇口からポタポタ水漏れ【シングルレバー水栓】

シングルレバーの蛇口からの水漏れはカートリッジ交換が必要

手で持っているのがカートリッジ

レバーを上げ下げして水を出す仕組みの蛇口はちょっと面倒というか難しいので専門業者にまかせることをおすすめします。

  • 普通のパッキンではなく型番に適合するカートリッジでの交換が必要
  • 本体を回さないためなどの専用工具やその他の工具が必要
  • カートリッジを固定しているナットを外す時、本体も一緒に回ると管が破損する可能性がある

クルクル回して出す蛇口ではパッキン交換は簡単ですがシングルレバーの蛇口は素人の方はやめたほうが無難です。

業者に払うのがもったいないと言って作業を始めると途中でつまずきます。

Yahoo知恵袋にこんな事例がありました。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13237258923?__ysp=44Kt44OD44OB44Oz44CA5rC05ryP44KM

 

1. 型番に適したカートリッジ

  • メーカー(TOTO、LIXIL、KVK、MYMなど)(TOTOは「バルブ」と呼称しています)
  • シールや取扱説明書に記載されている型番

を調べて、カートリッジを注文しなければならず、間違えると取り付けできません。

 

2. 専用工具が必要

  • モンキーレンチ(ナットに合うサイズのもの:必ずナットのサイズに合うもの)
  • 本体回転止め用専用工具(もしくはパイプレンチ)
  • ハンマー
  • プラス、マイナスドライバー
  • プライヤー
  • 千枚通し(もしくは極細のマイナスドライバー)
  • タオル

 

3. 本体が回転しないようにする

作業すると六角ナットを緩めなければなりません。

水漏れするようだとかなりの年月そのままなのでかなり固着しています。

これをモンキーレンチだけ回そうとすると蛇口本体も一緒に回ってしまいます。(特にキッチンの水栓でワンホール型は簡単に回ってしまいます)

お湯と水の配管も一緒に回ってしまいネジ切れることがありますので注意して欲しいところです。 この六角ナットが取れないと先に進めません。

3.が1番難しいところですので、ダメだったらあきらめて業者にやってもらいましょう。

下手にやって漏水事故を起こすと後の代償の方がびっくりするくらい高くついてしまいます。

迷惑をかけた方への精神的な負担の方が大きいかもしれません。

 


実は私たちリフォーム業者も慎重な者は専門業者にまかせます。 何故かというと、毎日毎日作業をしている人達は勘所があるからです。

パイプの付け根からの水漏れについての事例はこちら

蛇口からポタポタ水漏れは数百円でできる【くるくる回して止めるハンドル編】

蛇口からポタポタ水漏れ

2ハンドル混合水栓
2ハンドル混合水栓

 

私はリフォーム会社を運営している二級建築士の田辺と申します。

この道28年の経験を持っているので簡単にできる激安の修理方法を教えますね。

今回は上のような蛇口の修理方法のみです。(※レバーを上げ下げして止める蛇口についてはこちら

作業時間10分で、そして数百円でできる水漏れ修理

クルクル回して水を止める蛇口はパッキン交換すれば90%は大丈夫です。

  • 蛇口のハンドルの根本から水漏れがする
  • 蛇口の本体ではなくてパイプの根本から漏れる
  • 水を止めて後しばらくの間パイプの先からポタポタが止まらない

 DIYでのパッキンの交換方法

必ず(絶対に!)元栓を閉めてから作業をしてください。

パッキン交換の取説はこちらです。(工具さえあれば数百円でできます)

動画もあります(すみません、音声はありません・・・)。

 蛇口からの水漏れ修理を業者に依頼したい

「自分でやりたくない」、とか「難しそう」「面倒臭い」と言う方は『街の水道屋さん』のようなところに依頼されると良いと思います。

各社価格はまちまちですが、8,000円くらいが相場だと思います。

※必ず電話した時に修理代金を大まかでも良いので聞いておきましょう。

※詐欺のような業者もいるようで「数十万円」請求されたと言う人もいるようですのでご注意ください。


余談ですが、昨年弊社の水道工事を受け持ってくれている職人が知り合いから頼まれて大家さんのところに行ったそうです。

何故その水道屋さんがその大家さんに呼ばれたかと言うとこんなことがあったそうです。

アパートで便器が詰まって流れないと言う連絡があったのでネットで調べて水道業者に緊急で来てもらったそうです。

便器を外して詰まっている物を取り除いて便器を元に戻す工事です。

請求金額を見てびっくり!

金額が45万円だったそうです。

工事費が25万円、出張費が20万円。

その大家さんはそれを支払ったそうです。

これで怖くなった大家さんは知り合いを通じて水道屋さんを紹介してもらったそうです。

詐欺まがいの工事もあるようですので十分ご注意ください。

 

マンションの天井から水漏れ

マンションの天井から水漏れ

「廊下の天井から水漏れがある」と言う連絡が大家さんから入りました。

賃貸物件のマンションです。

水漏れ調査

原因を調べるためにまずは連絡をくれたお部屋を調査。

廊下の天井から水漏れを確認。

その後上の階を訪問。

廊下に面したキッチンを調査 → 水漏れナシ

廊下に面した浴室・洗面を調査 → 水漏れナシ

最後にトイレを調査 → 入ると踏み入れた足がビショビショ

原因はトイレの水漏れ

トイレの洗浄便座の水を供給するホースからピューッと水が吹き出している

針で刺したような穴があいていました。

故意に針を刺すようなことはないと思いますので劣化とも考えられますが、はっきりした要因は特定できません。

洗浄便座を取り外して床の上の水を拭き取り、水漏れがないことを確認しました。

幸いにも天井に漏れた水の量は少なく、且つ時間も短かったのである程度は拭き取ってあとは乾燥に任せました。

保険の適用

借家人賠償保険と言うものがあります。

賃貸物件の場合火災保険に入ります。

これは自分の家財道具の補償などを目的としたもの。

そして特約で「借家人賠償保険」に入っておくとこのような他人に被害を与えた場合に有効です(ただし、あくまでもこれは借りた人が大家さんの持ち物である建築物への補償ですので誤解のないように)。

被害者と加害者

水漏れの被害に遭った側は正直なところあまり気持ちが良くないのは事実です。

しかし水漏れを起こした加害者側も故意に水漏れを起こした訳ではないので、自分を責める気持ちと相手への陳謝の気持ちとが入り混ざっているのだと思います。

しかし、被害者側が納得してくれたので事が大きくならずに済みましたし、加害者も保険が適用されたので出費もなくこの件は終わりました。

水漏れに気をつけた方が良い場所

  • トイレの床に水が溜まっていないか
  • 洗面の下の扉の中に水溜りなどはないか
  • キッチンのシンクや蛇口の下の扉(引き出し)を開けてみて水漏れがないか
  • お風呂の壁が錆びて膨らんでいるところはないか(微量に水漏れをする事があります)

同じ器具を25年以上使っている場合は特に注意しましょう。

キッチンの蛇口の水漏れ【動画付き】

蛇口からの水漏れ、と口頭で説明してもあまり想像がつかない人もいるかと思いましたので動画をあげておきました。

これが蛇口の水漏れの典型的な状態です。

ご覧のようにお湯の栓も水の栓からもそしてパイプの付け根からも漏れています。

止水するためのコマパッキンが劣化していて、三角パッキンも劣化している。

さらには本体のスピンドルや六角ナットなども摩耗しています。

パイプを固定している付け根のところのオーリングも劣化しているし、パイプの付け根も摩耗していたり劣化により欠損していたりしますので水が漏れるのです。

そしてさらにコックを閉める。。。今度は水が止まらない。。。

コックを閉めたのに水が止まらないのはパイプの中の残り水が排出されただけのこと。

ただし、新品の時はこういうことは起こりません。

何故かというとパイプの付け根のパッキンも新品、パイプの本体も新品ですので、水漏れどころか空気の入る隙間もないのです。

ところが経年劣化でパイプの付け根のパッキンも本体も摩耗して隙間ができると、本来表面張力で止まっているパイプの中の水が空気とともに押し出されるのです。

毎回止めた後、このように残り水がなくなるまでジョロジョロ出るのです。

私の約30年の経験で言うと、パッキンを替えたとしても一時凌ぎで、数ヶ月もするとまた同じような症状が起きます。

 

蛇口の水漏れ以外にも換気扇やコンロなどキッチンの他の箇所の修理についての解説もしていますので興味のある方は見て行ってください。

キッチンの蛇口から水漏れ

蛇口から水漏れが始まった時どう対処すれば良いでしょうか?

今回は壁出し水栓について見てみましょう。

2ハンドル混合水栓
キッチンの蛇口(交換前)

漏れているところを確認します。

  1. くるくる回すハンドルの下あたりから漏れている
  2. パイプの付け根あたりから漏れている
  3. 蛇口のハンドルを硬く閉めてもパイプの先からポタポタと止まらない

1.ハンドルの下から水漏れする

この場合は三角パッキンを交換すると直る事がほとんどです。

この際ついでにコマも替えておきましょう。

2.パイプの付け根から水漏れする

これはパイプのパッキンを交換すると止まるのは50%の確率です。

パイプの根本が劣化して欠損していることもしばしば見られます。

パイプを交換して水漏れが止まるのもこれも50%程度です

パイプと本体の本体側の接続部分が摩耗しているとパイプを新しくしても隙間は埋まらないので量は少なくなるけど水漏れするか、一時的に止まるが数ヶ月後にはまた同じ箇所から水漏れが始まることがあります。

3.蛇口のハンドルを固く閉めても水が止まらない

これは3つあります。

① 本体が劣化して2.と似たような状態になり、コックを閉めてもパイプの中の水が先端から少しづつ漏れる

②コマが劣化している

③スピンドルが摩耗して本体と止水をするスピンドルと言う部品の間に隙間ができこの間から水漏れが生じる

対策としては

①パイプ(スパウトと言います)を交換する。それでもダメなら交換が必要です。

②コマを交換する(ついてに三角パッキンも交換をお勧めします)

③これは本体ごと交換した方が良いです。

今回は壁だし水栓の対処法をお伝えしました。

もしDIYでパッキン交換する時は必ず元栓を閉めてから行いましょう。

忘れるとあたり一面ビショビショになってしまいますので。

30年のリフォームの経験からアドバイスしますと、ご自分でパッキン交換するならパッキン代金だけなので問題ないですが、業者に依頼して修理するならこのタイプの水栓は新しくした方が結果的に安上がりになります。

テレビでCMをしている修理業者などですと、8,000円プラス部品代と消費税は取られるでしょう。

数ヶ月後にまた水漏れが起きるとまた修理代が掛かる事は結構あることです。

それなら新品にした方がお得だと思います。荒く使っても7、8年は保つでしょう。

2ハンドル混合水栓(SANEI)
キッチン蛇口交換後

壁出しではなくシンクの脇にある円柱状の水栓は後日お伝えします。

  • コンロの調子が悪い
  • 換気扇の調子が悪い
  • 扉の閉まりが悪い

など、どうすればキッチンをリーズナブルに延命できるかなどの悩みのある方は「節約しながら延命するキッチンの修理とメンテナンス」を参照してください。

 

洗濯機を新しくした後蛇口から水が漏れる

洗濯機を新しくすると電気屋さんが運んで設置までしてくれます。

交換した後蛇口から水が漏れ始める事があります。

洗濯機と蛇口からのホースは洗濯機を設置した後、全く動かさないと思います。

10年15年そのままだとホースも硬くなり逆にホースの形を変えることするできなくなります。

ホースがそのままだと蛇口もまず動かさない。

水道水はカルキを含んでいますのでこれが毎日微力ながら固まっていきます。

蛇口のパッキンはゴムで柔軟性があるので水漏れを起こさないのですがゴムも10年15年使うとカチカチになります。

しかしカチカチになると少し縮むので隙間が出来るはず。

パッキンのゴムが縮んでも、硬くなってもカルキが隙間に入って固形化するのでそういう意味で水漏れが起きません。

しかし洗濯機の入れ替えの時蛇口を触ったりホースをつなぎなおしたりするその時に栓の役割を果たしていたカルキが割れて水漏れが発生します。

結局のところ経年劣化です。

パッキンを交換しても数ヶ月後にはまた水漏れが始まる事が多いです。

新しい蛇口に交換する事をお勧めします。

水漏れはマンションの場合階下の人に迷惑が掛かりますし、自分の家だからと放置するとカビが生えてしまったり建材を腐食させたりします。

これを修復する費用や階下の方からのクレームなどの心理的ダメージを考えると蛇口交換をして水漏れを防ぐ方が費用は格段に安価です。

新しい蛇口は万が一洗濯機ホースが外れても水が止まるので安心して使えます。

ペットなどがじゃれてホースを外しても長期留守にしていて外れても水があふれることはありません。

洗濯機交換するなら同時に蛇口交換もした方が良いと思います。