洗浄便座の水漏れ

大家さんから水漏れが起きたので見て欲しいと連絡がありました。

在宅されていたので伺ってみるとキッチンのレンジフードの辺りから水漏れがありました。

上の階の部屋が原因です。

直ぐに見に行くとそちらもいらっしゃったので原因を確認します。

キッチンの水漏れなので上の階のキッチンをくまなくチェックしましたが漏れている様子がない。

お風呂、洗面、洗濯機も漏れている様子がない。

最後にトイレに入ると靴下がビショビショに。

よくある原因としては、溜まった水を便器に一気に流す時にジョイント部のパッキンが劣化していると流すたびに漏れます。

しかし、今回の原因は別。

洗浄便座の給水管(ゴムホース)から細い糸のような水がピューっと出ているのです。

早速止水栓で水を止め、雑巾で水を拭き取ります。

見る限りでは水漏れが始まって長くても十数時間だろうと考えられます。

水漏れの被害側での水量が少ないことと、加害者側がそのトイレに入れば濡れていることが分かるので気がつくはず。

不幸中の幸いなのは汚水ではなかったこと。

給水管からの水漏れなので上水なので雑菌ない。

床を伝って流れる間に汚れは混じるとは思いますが菌をばら撒くわけではないので少し安心です。

残念ながら水が吹き出ている画像はありません。

弊社では加害者側と被害者側のそれぞれの立場に立って検証や工事を進めていきます。

加害者の落ち込みもあります。

かたや被害医者側の怒りモードもあるでしょう。

しかし、故意に水漏れを起こしたのならまだしも、老朽化で起こる水漏れは起こしたくなくても起きてしまう事故なのです。

上に行ったり下に行ったりを繰り返し、原因を探し、それぞれの感情も配慮しながら水漏れを止めます。

賃貸物件の大家さん、分譲マンションの所有者や使用者の方々、水漏れが発生した時は第一に原因を突き止めなければなりません。

加害者被害者のある水漏れは、双方の感情を抑えながら説明をし、臨時の対処をしなければなりませんし、最終的には内装を原状に戻さなくてはなりません。

修復の経験がある私たちのような業者に素早く連絡をしましょう。

大家さんで双方への説明が難しいとお考えの場合は「解決工房」にご連絡ください。

水漏れ事故

思わぬ形で水漏れは起きます。

被害者になるか加害者になるかで精神的なショックは加害者になることだと思いますが、被害者でも自分の財産を汚されるのでこちらもショックを受けると思います。

加害者はわざと水漏れを起こしている訳ではありません。

ではどんなケースがあるか見てみましょう。

【ケース1】

洗濯機のホースの繋ぎが緩くて外れて水漏れを起こしてしまう

【ケース2】

洗浄便座の劣化で便器の外に水漏れを起こしてしまう

【ケース3】

キッチンの排水管の詰まりで排水が逆流してしまい水漏れを起こしてしまう

【ケース4】

キッチンやお風呂の排水管の老朽化で管に穴が開き水漏れを起こしてしまう

【ケース5】

給水管、給湯管に目に見えないくらいの穴(ピンホール)が出来てそこから水漏れを起こしてしまう

上の5パターンは水漏れで多い事象ですが、いずれも故意ではなく劣化が主な原因です。

こうなる前に配管を取り替えましょう、と言うのは簡単ですが、配管を交換するためには床を解体しなければなりません。

できればキッチンとかお風呂のリフォームの時に配管を交換した方が良いです。

しかし、水回りのリフォームの予定がない場合はどうすれば良いでしょうか?

水漏れの被害を受けた側はかなり不愉快ですが、同じ集合住宅に住んでいるのであれば築年数から考えると、今度は加害者側になるかもしれません。

被害を受けたからと言って感情的になるのはやめた方が良いと思います(心理的に辛いのは良く分かりますが)。

私は保険に入る事をお勧めします。

※参考までにSBI保険の説明にリンクを貼っておきます。(ちなみに弊社ではAIGに入っています)

火災保険の中を吟味しておく事が肝心で火災以外に漏水事故に関する保険を付加しておく事が大切です。

例えば「水ぬれ保険」(自分の所の損害に対する保険)や「個人賠償責任保険」(他人の物への保険)があります。

建物が古い場合は火災保険の内容を見直しておくべきです。

いつ加害者になるか分かりません。

加害者になってからでは遅いですよ。

キッチン水栓の水漏れ

キッチンの蛇口から水漏れが!

と連絡がある時があります。

水漏れと言ってもクラシアンのコマーシャルのような水が噴き出す水漏れはまずありません。

ジワジワ水漏れがあるので普段は分からないのが怖いのです。

今日はシングルレバー水栓からの水漏れ。

水栓の根元に水が溜まっています。

原因

カートリッジの劣化スパウトのパッキンの劣化のいずれかです。

修理としてはカートリッジを交換して、スパウトのパッキンも交換です。

ただし、必ずしも元どおりになるとは限りません。

劣化や摩耗が大きくなり、部品交換をしても直ぐに同じ症状が出る事もあります。

さらに15年以上経過すると、部品の供給も徐々になくなります。

部品があるかどうかはメーカーに問い合わせをすれば教えてくれます。

ただし、型番が必要です。

また、折角修理しても半年後とが1年後に再発することもあります。

劣化が進んでいて部品を替えても本体や他の部位が摩耗している場合、何度修理しても同じ症状が再発します。

そんな時は出来れば水栓本体を交換した方が良いでしょう。

ご質問はこちらから

自分で出来る水漏れ修理

洗面化粧台の下の扉を開いたら水漏れがあった。

これを放置するとまずはカビが発生したり、板に染み込んで行ったりします。

気がつかないまま板が水を吸ってしまうと黒ずんでしまい、やがて柔らかくなり臭いも発生します。

最後には腐って板が破れます。

そうならないうちに、まずは増し締めをしましょう。

プライヤーがあると便利です。

ペンチでは出来ません。

まず、緩めて清掃をした後増し締めをするとある程度は収まります。

今回は白いネジ山のある上のプラスティックのナットが緩んでいたので汚れを取って締め直しました。

ただし、プラスティックなので力任せにねじ込むと割れてしまい収拾がつかなくなりますので、少しづつ締めます。

締め終わったら乾いたタオルで今まで濡れていたところをきれいに拭きます。

少し締めたら水を1分以上流します。

指や手のひらを使って水漏れがないか、確認します。

今度はゴム栓で水を溜めてから一気に流します。

再度指や手のひらで確認します。

大丈夫であれば終了です。

まだ漏れがあるようでしたら、もう少し締めて同じように水を流し手で確認をします。

それでもダメな場合は弊社のような会社に依頼するかメーカーに連絡して修理をしてもらいます。

以上、「自分で出来る水漏れ修理」でした。

トイレの水が止まらない

普通は何もないのであまり気がつかないと思いますが、稀に便器に水が流れっぱなしになる事があります。

微量の水が流れる時は正直気がつかないかも知れません。

しかし「あれ?水が止まらない?」と思う位トイレから水の音が聞こえ続けるとわかりますよね。

水が流れ続けるのは2種類あります。

レバーを回すとタンクの底にあるゴム弁が開きます。

一つはこのゴム弁が劣化している為、微量に流れる事があります。

もう一つはポールタップと言って水がある程度の水位になると水をストップさせる水栓が内蔵されています。

これが劣化して止水出来なくなりオーバーフロー管から便器に流れ続けるパターン。

ちなみにトイレから水の音が止まらない、場合はフロートべんが塞がっていない事があります。たまになるのか、常時起きるのかによって違いますが、できるだけ早く修理すべきです。

どちらのケースも劣化によって水が止まらないと言う事象ですが、これを放っておくと水道代で跳ね返ってきます。

知らない間に水を無駄に使っていることになるからです。

ゴム弁(フロートバルブ)、ポールタップ、どちらの場合で水の流れっぱなしが起きても両方交換することをお勧めします。

片方のみを交換して一時的な費用を抑えても既に劣化が進んでいるので、そのうち流れっぱなしが起きると思います。

今日はタンクの中の劣化した部品を交換しました。

これで流れっぱなしは無くなり、水道代も気にしなくて良い状態になります。

水道代が高くなった、とかトイレの水が止まらない時は早めに交換をしましょう。、

玄関の床に水漏れが(5)

前回の調査の結果原因が判明したので、玄関の沓摺(下枠)の漏水箇所付近をシールしましたが水を撒いたら、乾いた箇所にまた水漏れが生じました。

玄関沓摺と外廊下のノンスリップシートとの間を疑ってみました。

汚れでわからなかったのですが、清掃をしてみると沓摺とシートの間に隙間があります。

シート、シールを細く切り取りとります。

この切り取った箇所にシールを施します。

タキロンと同じ色のシール材がないので色が違います。

今回は漏水を止めるのを優先させるので目をつぶってもらいます。

運良くと言うか今日は大雨(春の嵐)になったので、漏水箇所が確認できました。

水漏れがなくなっていたので、これで完了になります。

玄関の床に水漏れが(4)

前回、シールをしました。

昨日雨が降るとの予報だったので当てにしていたのですが、結果あまり降らず。

今日、水を撒いて確認してみました。

すると1時間位後に確認してみたら、少し湿った?

さらにもう1時間経過したら、確かに湿っている。

右奥が湿った感じになりました。

と言う事は、シールが甘かったか、もしくは亀裂が別にあるのか?

良く見てみると扉枠と外廊下のシートの境目の所々が黒く湿っています。

水を撒いたのは画像で言うと右側の方だけなのに湿っているのです。

と言う事は毛細管現象で左側まで来たのか、それともシートの元々のシールが甘いのか、亀裂か隙間が外廊下の土間と枠の間にあるのか?

などが考えられます。

またシールするとエリアを広げて、水を撒いて調査をします。

原因を特定すべく再度別の箇所をシーリングをして調査します。

玄関の床に水漏れが(3)

前回からの続きです。

水漏れ跡が乾いたので、原因と思われる亀裂と言いますか隙間を埋める工事をしました。

扉枠と床の間に隙間があります。

特に玄関扉の鉄枠が床の辺りで錆びて腐食してかなりの穴があいています。

まず隙間の所にマスキングテープを貼ります。

変性シリコンを注入し、隙間を埋めました。

今度雨が降った時に床下に水漏れがなければ雨漏り修復が完了と言うことになります。

一つづつ原因と思われる事を潰していき最終的に漏れがなくなるまで続けます。

今回はどうでしょうか、これで完了となる事を願っています。

玄関の床に水漏れが(2)

先日の水漏れから経過を追ってみました。

3/31に床の板を剥がした時発覚

水道屋さんに見てもらったところ、給水管からの水漏れではないと。

外廊下からの水漏れではないか。

そうであれば外廊下から亀裂を伝って水が浸入している筈。

ちょうど明日から晴れが続くので、数日から1週間程で乾く筈。

経過観察をすることにしました。

4/3日わいていない…

原因は他にあるのではないか、と疑問が生じます…

翌4/4

まだ乾いていない。

そんなに亀裂の中に残ろものなのだろうか?と不安がよぎる。

そして4/6の月曜日に確認すると…

乾いていました。

ここまでで約1週間。

水漏れ調査は根気がいるのだと改めて思います。

この後外廊下から漏水がないようにシールをします。

玄関の床に水漏れが…

玄関から上がった廊下の床を剥がしたらその下に水漏れの跡が…

給水管とガス管がエルの字形で通っています。

給水からの漏水かと思い、水道業者さんに確認してもらいました。

ところが、給水管からの漏水ではない、とのこと。

では濡れた跡は何か?

外廊下(階段)から雨が入って来たのではないかと言う見解。

床を開けたのは3/31でその時に濡れているのが分かったので直ぐ水道屋さんに連絡。

その日の午後に来てくれて給水管ではないことが判明。

前日の3/30は東京は雪だったのでこの30日は廊下に水溜りが出来ていました。

4/1は雨の予報なのでもう一度「濡れ」があるかを確認することにしました。

確認したところ「濡れ」があり、且つ外には水溜りが。

恐らくこれが原因と思われます。

明日以降乾かしてからシールをした後水を外から流してみて濡れないからどうかを確認します。

漏水は調査に時間が掛かります。

確認するのにはあと数日必要です。