火災保険に入りましょう

昨日雨漏りのブログを書きました。

火災保険と言うと火事の時だけと思っている人もいるかもしれませんが、水害についても保険がおります。

以下は火災保険には必ず網羅している項目です。

  • 大雨
  • 台風
  • (水害による)風災
  • ひょう災
  • 雪災

ただし、自然災害が全て含まれるわけではありません。

必ず契約内容を確認しましょう。

加入している保険の営業マンに聞いてみてください。

親身になって教えてくれない場合は内容に不備があることもありますので、保険を見直す事も視野に入れて下さい。

何故そんなことを言うのでしょうか。

私達は実際に被害に遭ったお宅の修理をしています。

上の画像は床上浸水した5日後の壁の状況です(カビや雑菌が繁殖しています)

そんな状況を見ると保険に入っていたのでキチンと修繕ができたケースと、火災保険に入っていなかったので自費で支払わなければならなかったケースを経験しているからです。

例えば台風でアンテナが壊れた場合保険が適用できるのです。

上記の他

  • 水濡れ
  • 盗難
  • 水災

などは別途保険を掛ける必要があります。

2019年の台風19号での川の氾濫は「水災」なので一般的な火災保険ではまかなえません。(前述の「大雨」と「水災」は考え方が違うものなので注意が必要で、「水濡れ」もまた違う項目です)

このように自然災害が全て補償されるわけではないので良く確認をしておくべきです。

週末、関東は台風は大きな影響もなく過ぎ去りましたが去年の台風での被害を考えると他人事ではありません。

修繕をする立場からお話ししました。

保険については保険屋さんからの方が詳しいですがご質問があればこちらまでお願いします。

2019年台風19号の被害

何故、去年の台風の話をするのか?と思い方もいるかと思います。

しかし、まだまだ被害の後処理、修復工事が終わっていないのです。

昨日関東に最接近した台風14号は関東地方にはそれほど影響がなく通りすぎてくれました。

三宅島、御蔵島は土砂崩れなどが複数件発生したようです。怪我をした方や巻き込まれた方はいなかったようで不幸中の幸いです。

千葉の鋸南町では2019年の台風19号で被害にあった地域ですが、未だ屋根の修繕が終わっていないお宅もあるとニュースは伝えています。

弊社のお客様でも多摩川の氾濫で被害を被った方がいらっしゃいます。

実は別荘でも被害に遭われた方がいらっしゃいます。

1階の天井が落ちてしまっています。

天井はこのように抜けてしまいました。

かなりの雨量だったので雨漏りが発生していました。

雨漏りで畳にもカビが発生しました。

今後修復工事を行いますが、あちこちに被害があった2019年の台風19号は忘れられないものとなってしまいました。

台風や雨漏り、物が飛んできて家屋に穴が空いた、などの被害がある方はご相談ください。こちらからメールでお願いします。

お風呂の蛇口から水もお湯も出ない

賃貸物件で退去後に確認したところ、お風呂のシャワーから水が出ないと言う事象がありました。

水道の「元栓」がしまっているのでは?

と思いましたが、キッチン、洗面、トイレからは水が出るので「元栓」ではない。

それなら止水栓で止めているのではないか?

しかし止水栓もありません。

一般家庭では毎日お風呂に入るのでそんなことはないと思いますが賃貸物件だと事務所として使うこともありお風呂を使わないまま数年経過する場合なあります。

蛇口は長年ハンドルや切り替えレバーを動かさないと固着してしまいます。

固着してしまうと水を出そうと蛇口をひねっても水が出ない事があります。

固着と言うとトイレの止水栓は10年も20年もそのままで触った事がないと言う人がかなりいると思います。

この止水栓も固着してしまうと何の役にも立たないどころか無理にひねると別の所に力が入って水漏れを起こしてしまいますので注意して下さい。

話を戻します。

固着したシャワー水栓。

元栓を閉めてハンドルの方のパッキンを交換してみても水が出ない。

結局何が悪いかと言うとシャワーとカランの切り替えレバーが固着していました。

リフォームの仕事をしていると思わぬ事がいろいろと出てきます。

本当はこう言う場合は修理ではなく交換が良いです。

なぜかと言うと、数ヶ月から数年以内に同じような現象が起きるからです。

ご質問はこちらまでお願いします。

ガッテン!

NHKの「ガッテン!」の担当の方から連絡をもらいました。

水漏れに関する特集があると。

「ありゃ!私もいよいよ有名人か?」と喜んだのも束の間。

出演依頼ではなく画像の提供依頼でした。

つまり単に漏水に関する画像が必要だったのです。

少しがっかりしながらも、画像を探しました。

今やデジタル画像なので探すのに時間はかからないと思いきや、これがかなり時間のかかる作業。

物件ごとにファイルを作っているので現場を思い出しながら、探すこと数時間。

静止画ですが何枚か良さそうな物を選んで送りました。

しかし「もうちょっと他にありませんか?」と言われましたので再度お送りしました。

それでもご納得頂けなかったようでもう一度連絡をもらいました。

しかし思い当たる物がなかったので「これ以上はありません」と伝えました。

9月30日のガッテン!

使われた画像は1枚の7秒間でした。

内容を鑑みれば7秒も致し方なし、と言うところでしょうか。

でもお役に立てて嬉しい限りです。

番組の内容は「漏水」と「ウォーターハンマー現象」についてでした。

1層式の洗濯機(全自動洗濯機やドラム式洗濯機)が動いている時一瞬にして給水が止まる。

この時に水道管に負荷が掛かり水道管が揺れる現象です。

塩ビ管がしっかり固定されていれば大丈夫なのですが、そうでないとかなり揺れます。

それが長年積み重なって老朽化した場合漏水の可能性もあります。

水道検診票が2ヶ月に1回届けれらますが前回より水道使用料がかなり多い場合漏水を疑ってみることも大切です。

もちろん水を大量に使用した記憶があれば大丈夫ですが、その覚えがないのに使用量が増えていたら漏水を要チェックです。

水道メーターのコマ(パイロット=銀色の丸型のコマのような物)が全ての蛇口を閉めているのに回っていると水が流れていると言うこと。

漏水の可能性がかなり高いですので調査をしてもらいましょう。

漏水に関するご質問があればこちらまでお願いします。

※)ためしてガッテンは2016年からガッテン!にタイトルが変わったのですね。知らなかった。。。

水漏れは気付きにくい2

洗濯機水栓から微量に水漏れが半年間続いた結果。

床にカビが出ています。

洗濯機水栓の接続部から少しづつ水漏れた結果壁と床まで濡れています。

壁を解体します。

クロスを剥がしてみると石膏ボードが濡れていて水の跡は直線でカビが。

床も剥がすとカビ。

大工工事で1日、翌日内装工事が1日。

洗面化粧台も水道屋さんに一旦取り外してもらって内装を新しくしました。

床はCFを貼替えました。

洗濯機水栓は新しくし、高さも15センチ上げて設置しました。

水漏れはなかなか見つからないのが実情です。

湿気が多いとか、臭いがいつもと違う(木が濡れたような臭いやカビの臭い)変だな、と思ったら水漏れを疑って下さい。

水漏れに関する質問はこちらまでお願いします。

トイレのタンク横にあるこれは何?

トイレのタンクの横にあるこれは何でしょう?

これは止水栓と言ってトイレのタンクに水を送る給水管の途中にある水を出したり止めたりするいわゆる蛇口です。

マイナスドライバーがコインで開け閉めします。

ここから水漏れする場合があります。

パッキンの劣化などが主な原因です。

そう思いパッキンの交換をしても水漏れが止まらない事もあります。

止水栓本体の劣化なので交換が必要です。

今回はその止水栓の交換をしました。

水漏れもいろいろな箇所から起きるので床に滴があったら水漏れを疑って下さい。

水漏れかな?と思ったらお問い合わせ下さい。

トイレの水つまりで26万円!?

テレビ朝日の「モーニングショー」の内容です。

トイレが詰まって便器の中の水があふれそうになったのでネットで業者を探して基本料金が安かったので来てもらった。

すると26万円請求された、とのこと。

被害を語る女性は仕事があったのでフィアンセに託したのですが、フィアンセは不信感を持ちながらも26万円を支払った。

工事の前に大体いくら位なのか、聞いたのだが、「便器を外して中をみないと分からない」の一点張り。

どんどん工事を進めて行った為工事前には値段の告知はなかったようです。

実はこの支払いの後大喧嘩したそうで破断になりかけたと言うエピソードを語っていたようです。

しかし悪いのはこの業者の方です。

26万円と言う価格は最新の便器に交換し、しかもウォシュレットも割と良いものを装備でき、工事費も入れて、さらにクロスなどの内装も貼替える位の価格です。

業者は「便器を外してみないと分からない」と言ったこの言葉は私たちでも言うことです。

リフォームや修理は予想できないことがあり、簡単に価格を言うことはできないのです。

昨日のブログのように原因が壁内で目視できない事がある為「さっきは○○円って言ったでしょ?」と言われるのが嫌、と言うよりも『騙した』ととられるのが精神的にダメージが大きいのです。

モーニングショーではこの事件の他、69歳の男性が100万円を超える請求をされたと言う事例が報告されていました。

なお、トイレの水漏れの修復工事では内容にもよりますが、目安として3万円前後が一般的だと思います。

26万円と言うと9倍ですからねぇ。

一番注意しなければならないのは「焦り」です。

集合住宅にお住まいの方は周囲に水漏れを起こしてはいけない、迷惑をかけては申し訳ないと言う気持ちがあると高くても仕方がないと言う気持ちになる。

トイレが使えなくなると困る、と言う気持ちが働き早く工事を終わらせようとする為事前に金額を聞かないで工事を進めてしまうのです。

落ち着いて行動しましょう。

おかしいな?この金額って普通?と思うような事があったらご相談ください。

給湯器付近の給水管から水漏れ

給湯器の付近から水漏れ。

厄介なのが配管が壁の中にあり中が見えないこと。

アパートの外廊下にある給湯器やガスメータがあるボックスから水が漏れているのが分かります。

どうやらボックスの奥の方から漏れていてかなり長い期間続いていたようで鉄のボックスが錆びています。

どこから漏れているか、原因を突き止めなければなりません。

本当ならボックスを全部外すか部屋側から確認したいところです。

しかしボックスは外せない。

部屋側はユニットバスを解体しないとわからない場所に配管があります。

ユニットバスを解体出来ないのでボックスの一部を切断します。

サンダーで鉄を切断。

給水管の継ぎ手から水漏れがありました。

本管からと給湯器から送る側、両方共漏れていました。

継ぎ手は新しい物に交換、且つポリ管に交換。

銅管も途中からポリ管に。

切断箇所はパネルを貼りました。

ボックス全部交換したいところですが、ガスメーターの脱着や給湯器の脱着が必要になるとかなり工事費が掛かるので水漏れ修復のみで終わらせました。

外壁より内側の水漏れ、原因が分かって良かったです。

雨漏り?

アパートの大家さんから電話がありました。

入居者から「外廊下で雨漏りがある」と言われたようです。

土曜日で、ちょうど雨が降っていたので見て下さい、と。

しかし、その時は別の現場に向かっていたので、夜なら見に行ける旨伝えました。

夜確認に行くと雨漏りではありません。

給湯器がある下の床が濡れています。

どうも給水管か給湯管のどちらかから漏れていると思われます。

しかし、夜で土曜日と言うこともあり、また下のお部屋に漏水被害があるとの連絡はさがないので来週確認する事でご了承頂きました。

漏水は簡単に見つかるものではないので部分的に解体して確認しなければなりません。

漏水や雨漏りに関するご質問はこちらまでお願いします。

トイレの水漏れ

弊社のブログを見た方から電話を頂きました。

トイレの水漏れ、とのこと。

お近くなのと丁度時間が空いていたので調査に行きました。

トイレの水漏れと言いうと、

  • 給水管からの水漏れ
  • タンクと便器の間の水漏れ
  • タンクが割れて水漏れ
  • 便器と床の間からの水漏れ

などがあります。

今回は止水栓(給水管)から水漏れでした。

給水管の水漏れの箇所は継手のところからがほぼ99%です。

パッキンの劣化によるものです。

常に使っているとそれ程問題は無いのですが賃貸物件のように空き部屋になり半年使わない場合、ゴムが乾燥して劣化が進むことが多々あります。

便器とタンクの間のつなぎ目から水漏れがあるのもタンクに水がなくなって半年間放置するとゴムが乾燥したり縮小したりして水漏れの原因になります。

1週間に1回程度は水を流すようにした方が良いです。

今回止水栓を交換するにあたり壁から出ている給水管がサビで割れる事もあるのでベテランの水道屋さんに依頼します。

新築当時の水道屋さんがどんな人なのかどのように収めたのかが分からないのでかなり怖いです。

と言うのも、給水管が壁の中で固定されていない事もあります。

止水栓を外したら壁の中で給水管が傾いたりする事もあるのです。

そうなると壁を壊して給水管を下の位置に戻さなければならなくなり工事が大きくなるのです。

ここは勘所がある専門家にやってもらうべきです。

そんなわけで見積書を提出しました。

水漏れについてのご質問はこちらへどうぞ。