キッチンの蛇口から水漏れ

蛇口から水漏れが始まった時どう対処すれば良いでしょうか?

今回は壁出し水栓について見てみましょう。

2ハンドル混合水栓
キッチンの蛇口(交換前)

漏れているところを確認します。

  1. くるくる回すハンドルの下あたりから漏れている
  2. パイプの付け根あたりから漏れている
  3. 蛇口のハンドルを硬く閉めてもパイプの先からポタポタと止まらない

1.ハンドルの下から水漏れする

この場合は三角パッキンを交換すると直る事がほとんどです。

この際ついでにコマも替えておきましょう。

2.パイプの付け根から水漏れする

これはパイプのパッキンを交換すると止まるのは50%の確率です。

パイプの根本が劣化して欠損していることもしばしば見られます。

パイプを交換して水漏れが止まるのもこれも50%程度です

パイプと本体の本体側の接続部分が摩耗しているとパイプを新しくしても隙間は埋まらないので量は少なくなるけど水漏れするか、一時的に止まるが数ヶ月後にはまた同じ箇所から水漏れが始まることがあります。

3.蛇口のハンドルを固く閉めても水が止まらない

これは3つあります。

① 本体が劣化して2.と似たような状態になり、コックを閉めてもパイプの中の水が先端から少しづつ漏れる

②コマが劣化している

③スピンドルが摩耗して本体と止水をするスピンドルと言う部品の間に隙間ができこの間から水漏れが生じる

対策としては

①パイプ(スパウトと言います)を交換する。それでもダメなら交換が必要です。

②コマを交換する(ついてに三角パッキンも交換をお勧めします)

③これは本体ごと交換した方が良いです。

今回は壁だし水栓の対処法をお伝えしました。

もしDIYでパッキン交換する時は必ず元栓を閉めてから行いましょう。

忘れるとあたり一面ビショビショになってしまいますので。

30年のリフォームの経験からアドバイスしますと、ご自分でパッキン交換するならパッキン代金だけなので問題ないですが、業者に依頼して修理するならこのタイプの水栓は新しくした方が結果的に安上がりになります。

テレビでCMをしている修理業者などですと、8,000円プラス部品代と消費税は取られるでしょう。

数ヶ月後にまた水漏れが起きるとまた修理代が掛かる事は結構あることです。

それなら新品にした方がお得だと思います。荒く使っても7、8年は保つでしょう。

2ハンドル混合水栓(SANEI)
キッチン蛇口交換後

壁出しではなくシンクの脇にある円柱状の水栓は後日お伝えします。

  • コンロの調子が悪い
  • 換気扇の調子が悪い
  • 扉の閉まりが悪い

など、どうすればキッチンをリーズナブルに延命できるかなどの悩みのある方は「節約しながら延命するキッチンの修理とメンテナンス」を参照してください。

 

洗濯機を新しくした後蛇口から水が漏れる

洗濯機を新しくすると電気屋さんが運んで設置までしてくれます。

交換した後蛇口から水が漏れ始める事があります。

洗濯機と蛇口からのホースは洗濯機を設置した後、全く動かさないと思います。

10年15年そのままだとホースも硬くなり逆にホースの形を変えることするできなくなります。

ホースがそのままだと蛇口もまず動かさない。

水道水はカルキを含んでいますのでこれが毎日微力ながら固まっていきます。

蛇口のパッキンはゴムで柔軟性があるので水漏れを起こさないのですがゴムも10年15年使うとカチカチになります。

しかしカチカチになると少し縮むので隙間が出来るはず。

パッキンのゴムが縮んでも、硬くなってもカルキが隙間に入って固形化するのでそういう意味で水漏れが起きません。

しかし洗濯機の入れ替えの時蛇口を触ったりホースをつなぎなおしたりするその時に栓の役割を果たしていたカルキが割れて水漏れが発生します。

結局のところ経年劣化です。

パッキンを交換しても数ヶ月後にはまた水漏れが始まる事が多いです。

新しい蛇口に交換する事をお勧めします。

水漏れはマンションの場合階下の人に迷惑が掛かりますし、自分の家だからと放置するとカビが生えてしまったり建材を腐食させたりします。

これを修復する費用や階下の方からのクレームなどの心理的ダメージを考えると蛇口交換をして水漏れを防ぐ方が費用は格段に安価です。

新しい蛇口は万が一洗濯機ホースが外れても水が止まるので安心して使えます。

ペットなどがじゃれてホースを外しても長期留守にしていて外れても水があふれることはありません。

洗濯機交換するなら同時に蛇口交換もした方が良いと思います。

排水が流れなくなった

排水管は時間と共に細くなります。

え⁉️

管が細くなるの⁉️

いえ、違います。

排水管の外観は全く変わりません。

排水管の中に汚れが溜まって細くなるという意味です。

汚れが溜まると言う事は真っ黒な物質、かと思いきや…

このように白い物質が溜まるのです。(グレーの粉のようなものは、塩ビの配管を切断した時の屑です)

この時だけ白かったのでは?

と思うかも知れません。

しかし、高圧洗浄の時、排水枡で見ていると白い物質が流れ出てくるのです。

ではこの白い物質はなんでしょうか?

これは油脂です。

料理で使った、または食べた後のお皿を洗う時の油が毎日毎日微量でも流していると水と油の性質で分離してしまい油分が配管に付着します。

これが徐々に重なっていって上の画像のように配管内をふさぐようになるまでに増えてしまうのです。

こうなると流れが悪いとか排水口から逆流してくるなど不具合が出てきます。

ではどう対処すれば良いのでしょうか。

出来れば配管を交換したいところですが、配管を交換するとなると、壁や床を剥がさなくてはならないのでコストがかかり過ぎる。

ではどうすれば良いかと言うと高圧洗浄です。

排水枡から高圧で噴射するノズルを突っ込んで配管の中を洗浄します。

高圧洗浄の費用は思ったよりも高いです。

ただ壁や床を解体、復旧する事を考えるとかなり安いです。

一軒だけやると高いのですがマンションなどのように数十軒ある場合は1戸あたりの単価としては安くなります。

目安ですが、弊社では1軒の場合7万円、他の住戸がある場合は1軒あたり3万円くらいです。

詰まる前にやらなければ逆流して水漏れをおこすなどのトラブルになります。

水漏れ事故を起こすと費用はかなり高額になります。

ヘタをすると3桁の金額になる事もありますので転ばぬ先の杖と考えるようにしてください。

お風呂のカランから水が止まらない時の対処法

お風呂の蛇口から水が止まらないので直したい、と言う声を耳にします。

まず原因は

  • パッキンの劣化
  • シャワーとカランの切り替え部の金属疲労
  • カランの中に残った水が少しづつ垂れる
  • シングルレバーの場合はカートリッジの劣化
  • 2ハンドルの場合はスピンドルの劣化

修理できる場合と出来ない場合があります。

例えばTOTOやINAX(現LIXIL)などはユニットバスと蛇口が同じメーカーでので(一定年経過していない限り)受け付けてくれます。

他のユニットバスメーカーでは日立化成(現ハウステック)、ノーリツ、東建ナスラックやクリナップ 、タカラスタンダードなどキッチンで有名なメーカーのユニットバスは蛇口は蛇口メーカーの物を使っています。

ユニットバス本体と蛇口が異なるメーカーだと修理を依頼するにも手間がかかります。

何故かと言うと蛇口メーカーに連絡すると「それはユニットバスメーカーに連絡して下さい」と言われる事があるからです。

蛇口メーカーはOEMとしてユニットバスメーカーに供給しているだけでユニットバスメーカーがメンテナンス部門を持っていると蛇口メーカーは受け付けてくれない事が多いです。(メーカーに連絡した経験から)

ただKVK製、MYM製の蛇口はKVKで受け付けてくれる事が多いです。

さて修理をお願いする窓口が様々あることをお伝えしましたが、受け付けてくれても修理可能なのは大体製造から10年以内。

それ以上はメーカーによって違うのですが、20年経過すると部品が調達できない(部品の製造を終了している)事が多いです。

蛇口からの水漏れの対処方法ですが、20年経過した蛇口は修理より新しくすべきです。

仮に修理したとしても数ヶ月〜数年後には同じ症状が出てくる可能性が高いです。

「水漏れするならパッキンを代えればいいだろう」と思うかもしれませんが、蛇口本体は金属でできています。

金属も摩耗があるので金属と金属の隙間が大きくなるとパッキンを交換しても一時的に直るだけで劣化している部分は直らずまた水漏れが起きます。

何度何度も修理依頼をすることを考えると交換した方が絶対にお得なのです。

シャワー水栓から水漏れ(KVK)

お風呂のシャワー水栓から水漏れとの事で現場で調査しました。

お湯も水もキチンと止めたにもかかわらずポタポタと止まらない。

恐らく30年以上経っていると思われます。

コマと三角パッキンを交換すれば普通は水漏れが止まる可能性が高いのですが、使用年数を考えると金属が摩耗しています。

磨耗しているとパッキンの交換では無理な場合があります。

さらにカランとシャワーの切り替えレバーが原因の場合、専用工具が必要なことと、部品が手に入りにくいなどの問題があります。

このような状況からKVKのメンテナンスに依頼をしました。

過去、パッキンを交換した後も漏れがおさまらない事が何度もありました。

折角ご依頼頂いたのに直らないのはお客さんに申し訳ないと思うこともあります。

そんな経験を踏まえて今回はメンテナンスに依頼をしたのです。

修理ひとつでも単純なものではないのが難しいところでもあります。

日立化成のユニットバス

ユニットバスの中にある洗面ボウルの排水管から水漏れが発生。

洗面ボウルからでた排水は一度下がってそれから上がって浴槽の方に流れていきます。

排水が直線か、あるいはL型で排水すれば良いのにわざわざ曲がっているのはなぜなのか?

それは排水トラップと申しまして管の中に水を溜める事で臭いや虫が上がってこないようにする装置なのです。

それはともかく、水漏れの原因は配管をつなぐパッキンの劣化。

ではこのパッキンは簡単に手に入るか?

と言えば、答えはNO。

日立化成で作っているユニットバスなので、このメーカーの物でないと合いません。

では日立化成に連絡しようとしても既に日立化成は既になくなっています。

昭和電工の子会社となり昭和電工マテリアルズになっています。

しかし!

ここに連絡しても何も解決出来ません。

ユニットバスの修理などに関しては、ハウステックが引き継いでいます。

ややこしいですね。

今回はハウステックに修理まで依頼しました。

日立化成のユニットバスの修理に関してはこちらから連絡をしてみてください。

ちなみに水栓メーカーでMYMがありましたが、これはKVKに引き継がれています。

このように今はないメーカーの修理に関して調べるのは少々面倒くさいですが、引き継いでいる会社があればラッキーだと思いますので根気よく調べてみてください。

古い水道管をリフォーム

マンションの床の下には配管が埋まっていますが皆さん見たことありますか?

多分殆どの方が見たことないと思います。

古いマンション(例えば築40年位とか)では水道管が鉄管の事が多いです。

鉄管ですからサビが出ます。

サビが進行すると管が腐食していき漏水の原因になるのですが、誰も気にしていません。

気にしているかも知れませんが見えないので気にしないようにしているのかも知れませんね。

問題なければ良いのですが、水漏れ事故を起こすと階下の人との関係が少し気まずくなります。

今はポリブデン管になっており、サビる事はありません。

今は最強の水道管です。

では床の下を見てみましょう。

床を切ったので木屑が散らかっていますが切った所は管が見えています。

一番左側はガス管ですが、一番右のLに曲がったのが給水管です。

割とカーブして2本1組になっているのは追い焚き専用の管です。我々はペアチューブと読んでいます。

緩やかなカーブのはずですが一部折れています。

古いペアチューブなので銅管です。

銅管は折れるともろくなるので、今回新しいポリ管にします。

今日は配管のみで古い管を使っていますが水道メーターから切り替えるので一気に切り替えます。

台所、お風呂、洗面、洗濯機、トイレなども新しい管に繋ぎ変えた後ポリ管に切り替えるのです。

古い管はそのままにします。

いわゆる埋め殺しです。

配管を新しくして漏水の不安をなくすと同時に資産価値も上がるはずです。

配管の工事に関するご質問はこちらまでお願いします。

火災保険に入りましょう

昨日雨漏りのブログを書きました。

火災保険と言うと火事の時だけと思っている人もいるかもしれませんが、水害についても保険がおります。

以下は火災保険には必ず網羅している項目です。

  • 大雨
  • 台風
  • (水害による)風災
  • ひょう災
  • 雪災

ただし、自然災害が全て含まれるわけではありません。

必ず契約内容を確認しましょう。

加入している保険の営業マンに聞いてみてください。

親身になって教えてくれない場合は内容に不備があることもありますので、保険を見直す事も視野に入れて下さい。

何故そんなことを言うのでしょうか。

私達は実際に被害に遭ったお宅の修理をしています。

上の画像は床上浸水した5日後の壁の状況です(カビや雑菌が繁殖しています)

そんな状況を見ると保険に入っていたのでキチンと修繕ができたケースと、火災保険に入っていなかったので自費で支払わなければならなかったケースを経験しているからです。

例えば台風でアンテナが壊れた場合保険が適用できるのです。

上記の他

  • 水濡れ
  • 盗難
  • 水災

などは別途保険を掛ける必要があります。

2019年の台風19号での川の氾濫は「水災」なので一般的な火災保険ではまかなえません。(前述の「大雨」と「水災」は考え方が違うものなので注意が必要で、「水濡れ」もまた違う項目です)

このように自然災害が全て補償されるわけではないので良く確認をしておくべきです。

週末、関東は台風は大きな影響もなく過ぎ去りましたが去年の台風での被害を考えると他人事ではありません。

修繕をする立場からお話ししました。

保険については保険屋さんからの方が詳しいですがご質問があればこちらまでお願いします。

2019年台風19号の被害

何故、去年の台風の話をするのか?と思い方もいるかと思います。

しかし、まだまだ被害の後処理、修復工事が終わっていないのです。

昨日関東に最接近した台風14号は関東地方にはそれほど影響がなく通りすぎてくれました。

三宅島、御蔵島は土砂崩れなどが複数件発生したようです。怪我をした方や巻き込まれた方はいなかったようで不幸中の幸いです。

千葉の鋸南町では2019年の台風19号で被害にあった地域ですが、未だ屋根の修繕が終わっていないお宅もあるとニュースは伝えています。

弊社のお客様でも多摩川の氾濫で被害を被った方がいらっしゃいます。

実は別荘でも被害に遭われた方がいらっしゃいます。

1階の天井が落ちてしまっています。

天井はこのように抜けてしまいました。

かなりの雨量だったので雨漏りが発生していました。

雨漏りで畳にもカビが発生しました。

今後修復工事を行いますが、あちこちに被害があった2019年の台風19号は忘れられないものとなってしまいました。

台風や雨漏り、物が飛んできて家屋に穴が空いた、などの被害がある方はご相談ください。こちらからメールでお願いします。

お風呂の蛇口から水もお湯も出ない

賃貸物件で退去後に確認したところ、お風呂のシャワーから水が出ないと言う事象がありました。

水道の「元栓」がしまっているのでは?

と思いましたが、キッチン、洗面、トイレからは水が出るので「元栓」ではない。

それなら止水栓で止めているのではないか?

しかし止水栓もありません。

一般家庭では毎日お風呂に入るのでそんなことはないと思いますが賃貸物件だと事務所として使うこともありお風呂を使わないまま数年経過する場合なあります。

蛇口は長年ハンドルや切り替えレバーを動かさないと固着してしまいます。

固着してしまうと水を出そうと蛇口をひねっても水が出ない事があります。

固着と言うとトイレの止水栓は10年も20年もそのままで触った事がないと言う人がかなりいると思います。

この止水栓も固着してしまうと何の役にも立たないどころか無理にひねると別の所に力が入って水漏れを起こしてしまいますので注意して下さい。

話を戻します。

固着したシャワー水栓。

元栓を閉めてハンドルの方のパッキンを交換してみても水が出ない。

結局何が悪いかと言うとシャワーとカランの切り替えレバーが固着していました。

リフォームの仕事をしていると思わぬ事がいろいろと出てきます。

本当はこう言う場合は修理ではなく交換が良いです。

なぜかと言うと、数ヶ月から数年以内に同じような現象が起きるからです。

ご質問はこちらまでお願いします。