キッチン水栓の水漏れ

キッチンの蛇口から水漏れが!

と連絡がある時があります。

水漏れと言ってもクラシアンのコマーシャルのような水が噴き出す水漏れはまずありません。

ジワジワ水漏れがあるので普段は分からないのが怖いのです。

今日はシングルレバー水栓からの水漏れ。

水栓の根元に水が溜まっています。

原因

カートリッジの劣化スパウトのパッキンの劣化のいずれかです。

修理としてはカートリッジを交換して、スパウトのパッキンも交換です。

ただし、必ずしも元どおりになるとは限りません。

劣化や摩耗が大きくなり、部品交換をしても直ぐに同じ症状が出る事もあります。

さらに15年以上経過すると、部品の供給も徐々になくなります。

部品があるかどうかはメーカーに問い合わせをすれば教えてくれます。

ただし、型番が必要です。

また、折角修理しても半年後とが1年後に再発することもあります。

劣化が進んでいて部品を替えても本体や他の部位が摩耗している場合、何度修理しても同じ症状が再発します。

そんな時は出来れば水栓本体を交換した方が良いでしょう。

ご質問はこちらから

自分で出来る水漏れ修理

洗面化粧台の下の扉を開いたら水漏れがあった。

これを放置するとまずはカビが発生したり、板に染み込んで行ったりします。

気がつかないまま板が水を吸ってしまうと黒ずんでしまい、やがて柔らかくなり臭いも発生します。

最後には腐って板が破れます。

そうならないうちに、まずは増し締めをしましょう。

プライヤーがあると便利です。

ペンチでは出来ません。

まず、緩めて清掃をした後増し締めをするとある程度は収まります。

今回は白いネジ山のある上のプラスティックのナットが緩んでいたので汚れを取って締め直しました。

ただし、プラスティックなので力任せにねじ込むと割れてしまい収拾がつかなくなりますので、少しづつ締めます。

締め終わったら乾いたタオルで今まで濡れていたところをきれいに拭きます。

少し締めたら水を1分以上流します。

指や手のひらを使って水漏れがないか、確認します。

今度はゴム栓で水を溜めてから一気に流します。

再度指や手のひらで確認します。

大丈夫であれば終了です。

まだ漏れがあるようでしたら、もう少し締めて同じように水を流し手で確認をします。

それでもダメな場合は弊社のような会社に依頼するかメーカーに連絡して修理をしてもらいます。

以上、「自分で出来る水漏れ修理」でした。

トイレの水が止まらない

普通は何もないのであまり気がつかないと思いますが、稀に便器に水が流れっぱなしになる事があります。

微量の水が流れる時は正直気がつかないかも知れません。

しかし「あれ?水が止まらない?」と思う位トイレから水の音が聞こえ続けるとわかりますよね。

水が流れ続けるのは2種類あります。

レバーを回すとタンクの底にあるゴム弁が開きます。

一つはこのゴム弁が劣化している為、微量に流れる事があります。

もう一つはポールタップと言って水がある程度の水位になると水をストップさせる水栓が内蔵されています。

これが劣化して止水出来なくなりオーバーフロー管から便器に流れ続けるパターン。

ちなみにトイレから水の音が止まらない、場合はフロートべんが塞がっていない事があります。たまになるのか、常時起きるのかによって違いますが、できるだけ早く修理すべきです。

どちらのケースも劣化によって水が止まらないと言う事象ですが、これを放っておくと水道代で跳ね返ってきます。

知らない間に水を無駄に使っていることになるからです。

ゴム弁(フロートバルブ)、ポールタップ、どちらの場合で水の流れっぱなしが起きても両方交換することをお勧めします。

片方のみを交換して一時的な費用を抑えても既に劣化が進んでいるので、そのうち流れっぱなしが起きると思います。

今日はタンクの中の劣化した部品を交換しました。

これで流れっぱなしは無くなり、水道代も気にしなくて良い状態になります。

水道代が高くなった、とかトイレの水が止まらない時は早めに交換をしましょう。、

玄関の床に水漏れが(5)

前回の調査の結果原因が判明したので、玄関の沓摺(下枠)の漏水箇所付近をシールしましたが水を撒いたら、乾いた箇所にまた水漏れが生じました。

玄関沓摺と外廊下のノンスリップシートとの間を疑ってみました。

汚れでわからなかったのですが、清掃をしてみると沓摺とシートの間に隙間があります。

シート、シールを細く切り取りとります。

この切り取った箇所にシールを施します。

タキロンと同じ色のシール材がないので色が違います。

今回は漏水を止めるのを優先させるので目をつぶってもらいます。

運良くと言うか今日は大雨(春の嵐)になったので、漏水箇所が確認できました。

水漏れがなくなっていたので、これで完了になります。

玄関の床に水漏れが(4)

前回、シールをしました。

昨日雨が降るとの予報だったので当てにしていたのですが、結果あまり降らず。

今日、水を撒いて確認してみました。

すると1時間位後に確認してみたら、少し湿った?

さらにもう1時間経過したら、確かに湿っている。

右奥が湿った感じになりました。

と言う事は、シールが甘かったか、もしくは亀裂が別にあるのか?

良く見てみると扉枠と外廊下のシートの境目の所々が黒く湿っています。

水を撒いたのは画像で言うと右側の方だけなのに湿っているのです。

と言う事は毛細管現象で左側まで来たのか、それともシートの元々のシールが甘いのか、亀裂か隙間が外廊下の土間と枠の間にあるのか?

などが考えられます。

またシールするとエリアを広げて、水を撒いて調査をします。

原因を特定すべく再度別の箇所をシーリングをして調査します。

玄関の床に水漏れが(3)

前回からの続きです。

水漏れ跡が乾いたので、原因と思われる亀裂と言いますか隙間を埋める工事をしました。

扉枠と床の間に隙間があります。

特に玄関扉の鉄枠が床の辺りで錆びて腐食してかなりの穴があいています。

まず隙間の所にマスキングテープを貼ります。

変性シリコンを注入し、隙間を埋めました。

今度雨が降った時に床下に水漏れがなければ雨漏り修復が完了と言うことになります。

一つづつ原因と思われる事を潰していき最終的に漏れがなくなるまで続けます。

今回はどうでしょうか、これで完了となる事を願っています。

玄関の床に水漏れが(2)

先日の水漏れから経過を追ってみました。

3/31に床の板を剥がした時発覚

水道屋さんに見てもらったところ、給水管からの水漏れではないと。

外廊下からの水漏れではないか。

そうであれば外廊下から亀裂を伝って水が浸入している筈。

ちょうど明日から晴れが続くので、数日から1週間程で乾く筈。

経過観察をすることにしました。

4/3日わいていない…

原因は他にあるのではないか、と疑問が生じます…

翌4/4

まだ乾いていない。

そんなに亀裂の中に残ろものなのだろうか?と不安がよぎる。

そして4/6の月曜日に確認すると…

乾いていました。

ここまでで約1週間。

水漏れ調査は根気がいるのだと改めて思います。

この後外廊下から漏水がないようにシールをします。

玄関の床に水漏れが…

玄関から上がった廊下の床を剥がしたらその下に水漏れの跡が…

給水管とガス管がエルの字形で通っています。

給水からの漏水かと思い、水道業者さんに確認してもらいました。

ところが、給水管からの漏水ではない、とのこと。

では濡れた跡は何か?

外廊下(階段)から雨が入って来たのではないかと言う見解。

床を開けたのは3/31でその時に濡れているのが分かったので直ぐ水道屋さんに連絡。

その日の午後に来てくれて給水管ではないことが判明。

前日の3/30は東京は雪だったのでこの30日は廊下に水溜りが出来ていました。

4/1は雨の予報なのでもう一度「濡れ」があるかを確認することにしました。

確認したところ「濡れ」があり、且つ外には水溜りが。

恐らくこれが原因と思われます。

明日以降乾かしてからシールをした後水を外から流してみて濡れないからどうかを確認します。

漏水は調査に時間が掛かります。

確認するのにはあと数日必要です。

水漏れは知らないうちにやって来る

水のトラブルで台所の蛇口から噴水のように水が吹き出して慌てているコマーシャルがありますが、そんなことは滅多にないです。

水漏れはいつの間にか起きていている事の方が多く、ジワジワと襲ってきます。

音も無ければ気配もない。

水漏れだ!と気がついた時はかなりの量の水漏れが起きています。

これは天井裏の水漏れの画像です。

かなりゆっくりの漏水です。

しかし確実にその量は増えてきます。

そして天井材や壁材などの石膏ボードや間柱や横桟などが濡れ、そのうちに腐り始めます。

そうなると臭いがし始め気がつくことになります。

この時間がかかる事で被害が大きくなってしまいます。

今回の漏水は階上の台所からのものでした。

(画像は流し台のシンクの下を撮影したもの)

ただし、故意ではなくシンクの劣化によるもの。

排水口にはトラップの備え付けがありますがこれを締め込む部分が劣化してピンホールができていた。

文字通りピンの細さの穴です。

シンクはステンレスだから錆びないと思いきや、実は鉄とクロムやニッケルなど他の添加物との混合なので、ランクによっては錆びます。

それがシンクで発生したのです。

音のする水漏れではない為気が付かずそのままになり、漏れた水が階下まで伝ってしまったのです。

シンクだけを交換することは出来ないので、本体ごと交換になってしまいます。

取り急ぎ応急処置をしました。

(画像はトラップを外して応急処置をしている時)

本体交換まで水漏れが再発しなければ良いのですが。。。

鉄の水道管

給水管は古い建物だとよく鉄管を見かけます。

ただ、古いから鉄管だと言うことでもありませんが、やはりサビが出ていると気になります。

鉄だと数十年すると外側に錆が出てきます。

ご覧の画像ではグレーの色の給水管が接続部分(継手)でサビているのが分かります。

継手辺りがネジがあるので本管よりも薄いからかも知れません。

以前お伝えした排水管の鉄管もあります。

やはり継手部分に穴が空いてしまうことがあります(実際に水漏れを起こしました)。

初期段階はピンホールと言って目に見えないような小さな穴が開きます。徐々に穴が大きくなりやがて漏水事故となってしまいます。

また問題は床の下を通っている為(床を解体しない限り)錆びていることが分かりません。

もっと古い建物だと配管が下の階の天井裏にあるので階上の使う水や排水が天井を走っているのです。

万が一水漏れがあると階上の水が天井から降ってくることになります。

鉄管は本当に気をつけたい設備のひとつです。

実際に水漏れが起きると、カビが出たり、夏はハエなどの虫も出てきます。

臭いも出るので衛生状態はかなり悪くなります。

では塩ビ管にすれば良い、と思うかもしれませんが、実は耐火と言う役割もあります。

設計段階で「ここは鉄管」「これ以降は塩ビでも良い」などそれぞれの役割があります。

塩ビ管は錆びることは無いので鉄管よりも長持ちすると思います。

さらに最近はポリ管も出ていますのでより強い管になっています。

リフォームの時には配管も見た方が良いと思います。

特に鉄管はサビで漏水が始まると直しようがないので、管の交換が必要になります。

リフォームをした後で漏水が起きると折角張り替えたフローリングを開口したりしなければなりません。

是非床の工事の際には配管の見直しをお勧めします。